恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「小さな自分にこだわっている時などない」人生論

こんにちは。上村です。

『恥ということを打ち捨てて世のことはなるべし』
・・・坂本龍馬

『せいぜい自分に恥をかかせたらいいだろう。
恥をかかせたらいいだろう、私の魂よ。
自分を大事にする時など、もうないのだ』
・・・アウレリウス

という言葉があります。

要するに、「恥ずかしい気持ちに負けてはいけませんよ」という意味なのでしょう。


「恥を知る」という言葉がありますが、その「恥の本質」が大切です。

本当の恥ならともかく、「恥ずかしくないこと」まで「恥ずかしい」と思い込んでいる場合があります。

恥ずかしい気持ちに負けて、すべきことや言うべきことが、できない人も多いのです。

「恥ずかしい気持ちを乗り越える」
これは大切なことだと思います。

恥ずかしくないことを、自分で勝手に「恥ずかしい」と思い込んでいることもありますね。


例えば、好きな人を食事に誘う。(同性でも異性でも)

別に恥ずかしいことではありませんね。

純粋にそう思っているだけです。

「いっしょに食事に行きましょう・・・ああ、恥ずかしい」
とか言っていたら、誘われた方も困ります。(笑)

もちろん、「繊細」は美徳です。

ただ、そのせっかくの美徳が、後ろ向きに出ると、意味のないことにまで恥ずかしさを感じてしまうことがあります。

美徳は美徳として、前向きに発揮することが大切です。

こんな例を考えてみましょう。

「セクハラ発言」などをする人がいますね。

相手が戸惑ったり、恥ずかしがったりするのを、楽しんでいるのです。
誠に悪趣味です。

こういった人に対しては、モゾモゾと恥ずかしがっていてはいけません。
「毅然とした態度」をすべきです。

「セクハラ発言など受け付けない」という、強い気持ち。
これが大切ですね。

「恋人がいるのか」と、しつこく聞くような人もいます。

相手が恥ずかしがると、余計に頑張って聞こうとする。

そういうことを聞かれないようにするには、「恥ずかしがらないこと」が大切です。

恋人の有無など、別に恥ずかしさとは何の関係もないのです。

当たり前のことですね。

自分で勝手に、「これは恥ずかしいこと」と決め付けている場合があります。

冷静になって、それは「本当に恥ずかしいことなのか」を考えてみることです。

すると、自分で恥ずかしいと思っていることの多くは、別にそんなことはないことに気付くでしょう。

自分が想像で作り出したものも多い。

他人は何とも思っていないという事実です。


理性的になって、「恥」というものを考えてみることです。

すると、恥ずかしいと思っていることの多くは、別に何でもないことに気付くでしょう。

真に恥ずかしく思わないといけないのは、自分の良心を無視して、表面的な価値観に迎合してしまうことだと思うのです。


冒頭に書いた、アウレリウスの言葉。

『自分を大事にする時など、もうないのだ』
この言葉はガツンと心に響きますね。

大事にすべきは、小さな自分ではなく、「本当の自分」です。

妙なプライドにこだわって、すべきことができなくなっている人がいます。

「小さな自分」にこだわっている時などありません。

「本当の自分」を発揮していけば、今いる人、これから出会う人を幸せにしていくことができるでしょう。

「あなたを待っている人」がいるのですから。


・今回のまとめ

小さなプライドを捨てれば、「本当の自分」が手に入ります。

本当の自分を発揮していけば、今いる人、これから出会う人を幸せにしていくことができるでしょう。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

 

「自分を変えて愛される」本当の方法

こんにちは。上村です。

「自分を変えたい」と思っている人は、たくさんいるでしょう。

「上司に怒られている自分は、本当の自分じゃない」
「好きな人の心がつかめない自分は、本当の自分じゃない」

などと、今の自分を否定する。

しかし、これではいけないのです。

「別人」になることはできませんし、その必要もありません。


前回のブログで書きましたね。

『「自分を変える」とは、別人になることではなく、「自分を最大限に生かす」こと』

むしろ今の自分を肯定するところから、本当の変化が生まれてくると思います。

「今の自分の長所を、最大限に生かすこと」
なのです。

それが本当の意味で「変わる」ということですね。

別人になることが、変わることではありません。

ここがポイントですね。


例えば、「誰からも愛されない」と悩んでいる人がいるとしましょう。

そこで、「愛される人になろう」と思う。

愛されない自分を否定して、愛される自分になろうとするのです。

しかし、なかなか思ったようにはいきません。
なぜなら、自分を否定しているから。

自分の中には、必ず「愛し愛される要素」があります。

それを見つけていくことなのです。
否定ではなく、「肯定」です。

今の状況を受け止め、自分の可能性を追求していく。

そうすれば、愛し愛される自分を発見していくでしょう。


誰でも「自分を変えたい」「変化したい」と思う時があるでしょう。

その答えは、「今の自分を生かす」ということに尽きます。

他人に憧れるより、自分の可能性を発見していくことです。

憧れが本当に手に入るとしたら、「自分の中にそれを見出した時」です。

憧れというのは、遠い場所にあるのではなく、「今ここにある」のですね。

それを自覚すれば、いろんなことが前に進んでいくでしょう。


・今回のまとめ

別人になることではなく、「自分自身を発見していくこと」です。

それが、「自分を変える」本当の意味です。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

 

「自分を変える」とは、変身することではなく、自分を生かすこと

こんにちは。上村です。

昔、テレビ番組で、『女装が趣味の男性』を見たことがあります。

仕事が終わって、コスプレ店に行く。
そこで女装して、楽しむのです。

もちろん、職場では、普通です。

普通の社員として、同僚に接しています。

周りにしてみれば、まさか自分の同僚が退社後に女装しているなんて、想像もつかないでしょう。 

では、どうして彼は、そんなことをするのでしょうか?

もちろん好きだからですが、「ストレス解消」ですね。
一瞬でも、日常を忘れることができます。

ストレス解消法は人によって様々です。

女装は、一風変わっていますが、決しておかしなことと決め付けることはできません。

その格好で出勤したらおかしいですが、そういうことではないので。


突き詰めて考えてみると、「変身願望」は、誰の心情にもあるかもしれませんね。

かつて僕は予備校で働いていました。

そこで、少し「変わった先生」に出会ったことがあります。

何かの時に、「コスプレ衣装」を身にまとって、授業をしたのです。

アニメの「天才バカボン」に出てくる、「バカボンのパパ」のような格好。

そんな格好で説得力のある授業ができるかどうか疑問ですが(笑)、生徒にはウケていました。

あくまで企画で行なっただけですが、これも「変身願望」かもしれない。

天才バカボンになりたいわけではないでしょうが、「別人になってみたい」という願望はあるかもしれません。


小説にも、「ジキル博士とハイド氏」のような、別人に変わる物語もありますね。

僕自身、朝起きて、「ジョニーディップの顔」になっていたらどんなに素晴らしいだろうと思うことがあります。(笑)

しかし現実は、朝起きても、自分は自分のまま。

顔を洗って鏡を見たら、ジョニーディップどころか、アンパンマンがそこにいるのです。

しかし、アンパンマンはアンパンマンの使命があります。

ジョニーディップにそれはできません。

同じように、自分自身は自分自身として、「自分のすべきこと」があります。

それをすべきなのですね。
ここに、「自分を変える」という本質があります。

「自分を変える」とは別人になることではありません。

「今の自分を、もっと生かすこと」です。

自分を最大限生かすことです。
自分の長所を周囲のために役立てることです。

それが本当の意味で、「変わる」ということです。

本当の意味で変わることのできる人は、自分の環境を好転させていくことができるでしょう。


今回のまとめ

「自分を変える」とは別人になることではありません。

「自分を最大限に生かす」ことです。

そんな人は、環境を好転させていくことができるでしょう。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。