読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

昭和初期に起きた「センセーショナルな事件」から、大切なことを学ぶ

こんにちは。上村です。

その昔、『カフェー丸玉事件』というのがありました。

これは、法律の教科書にも載っている有名な事件ですね。

時代は、昭和8年。

大阪の道頓堀に、「カフェー丸玉」という店があった。

ちなみに当時の「カフェー」とは、コーヒー屋さんではありません。
今で言うところの「キャバレー」ですね。

ホステスさんがいて、お酒を飲ましてくれるところです。

そこに、あるホステスさんがいたのです。

彼女に対して好意を抱いた、一人の男性客がいました。

男性客   「僕と付き合ってくれたら、独立資金をあげるよ」
ホステス  「本当?」
男性客   「ああ、400円を援助しよう」
と約束したのです。

「400円? それじゃ、ラーメン食べて終わりじゃないか」
と思うなかれ。

当時と今とでは、貨幣価値が違いますね。

当時の400円は、今では「300万円」くらいでしょうか。
いずれにしても多額のお金です。

ホステスさんは喜びました。
ところがです。

約束してしばらくしても、一向に履行されない。

ホステスさんは、自分が騙されたことに気付きます。

怒った彼女は、ついに「裁判」を起こしたのです。
「債務不履行」で訴えたのですね。

一審と二審は、ホステス側の勝訴。
「お金を払わないのはけしからん」と判断されたのです。

ところが、大審院(今の「最高裁」)は、原判決をしりぞけました。
一転、「男性側の勝訴」としたのです。

「支払い義務なし」という、180度違う結論になったわけです。

男性側はホッとしたでしょう。

身から出たサビとはいえ、調子に乗った一言で、大変なことになったのです。

しかし、裁判に勝ったからまだいい。

それに比べて、ホステスさんは、裁判まで起こして、一審二審も勝ったのに、最後でどんでん返しをくらったのです。

その悔しさは半端ではなかったでしょう。

では、どうして最終的にこういう判決になったのでしょうか?

つまり、カフェー(キャバレー)という遊興の場所で、勢いで言った言葉だからですね。

「その言葉には信頼性がない」と判断されたのです。

言葉だけ信じたら、「何て素晴らしい人だ。自分の前に現れた白馬の王子だ」と思うかもしれません。

しかし、大切なのは、その人が何を言ったではなく、その人が何をしたかです。

言葉では何でも言えますが、実際の行動に、その人の真実が現れます。

といっても、もちろん高価なものを渡すという意味ではありません。

援助する気もないのに、気を引こうとして適当なことを言った、その人の行為が問題なのです。

さっきの男性は、騙すつもりがあったのかどうかはわかりませんが、大切なことは、その人が何をしているかです。

浮気はいけないと言いながら、浮気ばかりしている人がいたら、それはその人が何を言おうが「浮気性」です。

100回「愛してる」を言うよりも、1回の「愛ある行為(思いやりある行為)」の方が上です。

なぜなら、そこには真実の心がこもっているからです。


・今回のまとめ

大切なのは、何を言ったではなく、何をしたか。

なぜなら、そこには真実の心がこもっているからです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

 

過敏を思いやりに変えていけば、きっと愛はうまくいく

こんにちは。上村です。

例えば、恋愛でよくあることですが、好きな人の行動に、「何か意味」を感じてしまうことがあります。

「自分に対するメッセージ」のような気がする。

もちろんそういう場合もあるでしょう。
でも、思い過ごしの場合も多い。

相手のささいな行動にいちいち過敏になっていたら、前向きな関係は築けないですね。

もっと気持ちを大きく持つ必要があります。

そうすれば、過敏ではなく、思いやりが発揮できるでしょう。

いくら恋愛に悩んでも、そもそも恋愛は、人生のわずかな一部分に過ぎません。

悩んでいる人にとっては一部分とは思えないかもしれませんが、でも実際そうなのです。

人生には「すべきこと」がたくさんあります。

恋愛や人間関係ばかりに悩まされているわけにはいかないのです。

過去にどんなことがあっても、それはもう過去のこと。
無駄な経験はありません。

その経験を活かして、もっとしっかりした「本当の自信」を得ていく。

自信がつかないと嘆かなくていいのですよ。

本当に大切なものだからこそ、身につくのに時間がかかります。

一歩一歩、時間をかけて、少しずつわかっていくものです。

「自分は今何をすべきか」
そう問いかけると、自然に答えは返ってきますね。

仕事の時は仕事。
家事の時は家事。
趣味の時は趣味。
余暇の時は余暇。

その都度、すべきことを明るくしていくことです。

いつまでも沈んでいたり、落ち込んでいてはいけない。

自分の思いにはお構いなく、毎日淡々と流れていくように感じます。

でも、変わらない日々だと思っていたら、気付いたら、大きく環境が変わっていたりするのです。

変わらないように見えて、時期が来れば必ず変わっている。

平凡な一日一日に、大きな意味があるのですね。

いい結果を呼ぶためには、いい原因が必要。

では、いい原因とは、どうやって作ればいいのでしょうか?

いい原因とは、自分から「いいこと、善意、前向きなもの」を広げていくことです。

求める方向は「未来」でも、広げるのは「今」です。


・今回のまとめ

いい結果を得たいなら、いい原因を「今」作っていくこと。

いい原因とは、「いいこと、善意、前向きなもの」を広げていくことです。

平凡な一日一日にこそ、大きな意味があります。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

 

未来の心配がないから、今をしっかりできるのではなく、「今をしっかりする」から、未来の心配がなくなる話

こんにちは。上村です。

僕が学生時代のお話です。

受験に失敗して、浪人することになりました。

ある予備校の「入学試験」を受けることになったのです。

着席していると、前に座っていた女性が、突然振り向いたのです。

僕は、何かを聞かれたのですね。
(何を聞かれたのかは覚えていません)

僕はドキッとしました。

いきなり知らない女性に声をかけられるとは、思っていなかったからです。

当時は純情です。(今もそうです)

一瞬顔を見ただけですが、その女性は笑顔が素敵。

試験にドキドキするより、その女性に声をかけられた方にドキドキしてしまった。

しかし、その後、すぐに試験です。

(試験終了後、仲良くなったりして・・・)
と妙な期待が湧いてきた。

いや、こんなことではダメですね。

今は試験問題を解かねばなりません。

慌てて気持ちを切り替え、問題に取り組みました。

でも、あまり解けなかったのです。

もちろんこれは、話しかけられたことが原因ではなく、勉強不足が原因です。(笑)

結局、試験が終わって、その女性と話す機会もなく、会場を後にしました。

テレビドラマならこの後展開がありますが、現実はそうもいかない。


ところで、こういうことって、日常でよくあるかもしれませんね。

勉強しようと思っても、別のことが気になったりとか。

勉強の時に遊びを考え、遊びの時に勉強を考える。
仕事の時に恋愛を考え、恋愛の時に仕事を考える。
仕事中にぼんやりして、夜寝る時に仕事を考える。

心がフラフラしていると、チグハグになることがあります。

さっきの僕で言えば、「試験などイヤだ」という思いが、「妄想」に拍車をかけたのです。

もちろん、先のことをあれこれ考えることもあるでしょう。

「希望を胸に」ならいいのです。

でも、今を否定して未来にひたるなら、それは違います。

心をしっかりさせれば、その都度、「すべきことをする」という意識になるはずです。

気持ちが不安定だと、前向きな考え方ができなくなってしまうもの。

未来への心配がないから、今をしっかりできるのではありません。

今をしっかりするから、未来への心配がなくなるのです。

原因と結果を正しくしていけば、きっと未来がいい方向に向かっていくでしょう。


・今回のまとめ

いい原因を、「今」作っていこう。

そうすれば、未来のどこかで、自分に返ってくるでしょう。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。