恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

選ぶより、「手助けする人」になる話

こんにちは。上村です。

僕は、「運をよくする方法」を、こう考えているのです。

「‘審査員‘より、‘手助けをする人‘になろう」
と。

これは象徴的な言い方です。

審査員が悪いと言っているのではありません。

実際、いい悪いは別にして、世の中には至るところに「審査」があります。

審査員だって、人を審査する厳しさを感じているでしょう。

就職活動でも、「全員採用」ならみんなハッピーでしょうが、そういうわけにもいかない。

ただ、審査というのは、合格した人を喜ばせますが、不合格になった人を失望させるものです。

一種、権力的な立場ですし、どんな採用基準をとるにしても、そこには「真剣さと誠実さ」が求められます。

「願いが叶わなかった人」に対する礼儀も大切です。

オーデションとか、コンテストとか、そういったものが横行していますが、その裏には、多くの失望があることも知るべきなのです。

もちろん、「審査は悪だ」と言っているのではありません。

審査が必要な時もあるでしょう。

でも、別にしなくていいものもたくさんあります。

様々な審査の裏には、失望した人もいることを自覚し、審査する人は、よほどの謙虚さが必要です。

「傲慢な審査意識」では、真に人のためになることはできないものです。

本当に大切なのは、「誰かの役に立とうとする意識」です。

そこには、謙虚な気持ちがあります。

冒頭に書いた「手助けする人」ということですね。

これなら、立場に関係なく、今すぐ誰にでも実践できることです。

そして、普遍的な価値があります。

相手によくなってほしいという気持ちがあるし、またそのためには、自分自身も高めていく必要があります。

他人をよくするためには、自分もよくならないといけないのは当然です。

「相手が自分と出会ったことで、相手の運の役に立つ」
それこそが、まさに、自分の運を高める方法ですね。

「自分と知り合ったことは、相手にとって幸運なことなのだろうか?」
と自問してみる。

おそらく、「100%そうだ」とうなずける人は、なかなかいないはずです。

それは当然ですね。

なぜなら、幸運になるかどうかは、「今後」にかかっているからです。


例えば、恋愛で、「この人を恋人にしたい」と思うことがあるでしょう。

しかし、大切なのはそこではありません。

「もし恋人になったら、相手にどういう影響があるか」を考えることです。

またその結果、自分にはどんな影響があるかを考えてみる。

お互いが、「いい影響」を及ぼすことが、大切です。

もちろん、恋愛だけではなく、人間関係そのものがそうです。

単に願いが叶っただけでは意味がないのです。

ストーリーはずっと続いていくし、それをよくするのも悪くするのも、自分自身の考え方にかかっています。

相手が困っていたら、精神的な支えになってあげることも大切です。
相手が心の平穏を求めていたら、それに応えてあげればいい。
助言すべきことがあったら、そうすることも必要でしょう。

また同時に、相手からも、いろいろ吸収していくことが大切です。

自分の気持ちを押し付けるのではなく、支え合っていくという姿勢が大切。

そうすれば、どんな関係もうまくいくでしょう。


・今回のまとめ

「運」とは相互作用です。

他人に役立つことで、「自分の運」も向上していきます。

「手助けする人」になっていくことです。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」を知ることができます。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

 

「運」とは、得るものではなく、与えるもの

こんにちは。上村です。

前回のブログで、「運の話」をしました。

hideburo.hatenablog.com


では、どうすれば、「運のいい人」になれるのでしょうか。

それは、「運を与える人になる」ということです。


例えば、素敵な人に出会ったら、「自分は運がいい」と思うかもしれない。

あくまで「自分の運」を考えますね。
でも、大切なのはそこではないと思うのです。

「相手にとっての運」はどうなのでしょうか?
自分と知り合ったことが、「相手にとって運のいいこと」なのか?

それをよくしていくことが、「運を与える」という意味ですね。

それはいずれ返ってきますから、自分の「運の質」も向上していくでしょう。


そう考えると、運というのは、「通常の運の意味」とは違うことがわかります。

「運」とは、決して偶然ではないのです。
「運」とは、「自分が作っていくもの」です。

一時的なことで、運の善し悪しを決めることはできません。

運とは自分が作っていくのですから、その善し悪しはもっと「長期的なもの」です。

短期的なものばかり見て、「自分が運がない」と嘆いている人がいます。

しかし、人生とは、長期的なもの。

今日の「運の悪いこと」が、明日の「運のいいこと」につながっているかもしれません。

幸せとは、一時的なことではなく、もっと長期的なものだと考えます。

すぐに結果が出ないと気が済まない人は、人生で大切なことを見失いがちになります。

大切なのは、「粘り」です。

今の自分は、何があっても、粘り強く人生を歩んでいたからこそ、ここにいます。

嫉妬や焦りはいらない。

自分の人生を信じて、粘り強く歩んでいく。

幸せとは、今決めるものではありません。
それは未来になって気付くもの。

今こそ、いい種を撒いていくことです。

そのいい原因が、未来のどこかで花開くでしょう。


・今回のまとめ

「運」とは、自分自身が作っていくものです。

今こそ、いい種を撒いていくことです。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」を知ることができます。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

 

「運のいい人になる」本当の方法

こんにちは。上村です。

今回は、「運」について考えてみましょう。

いったい「運」とは、何でしょうか?

何か、予期せぬ「いいこと」が起こることが、運なのでしょうか?

僕は、そうではないと思うのですね。

一時的にいいことがあっても、それが本当に自分にとって「いいこと」かどうかはわかりません。

本当の運とは、そんな短期的なものではないからです。

運とは、もっと「長期的なもの」です。

長期的に見て、運のいい人こそが、本当に「運のいい人」ではないでしょうか。


例えば、こんなことを考えてみてください。

ある人が、失恋したとしましょう。

その時は、運が悪いと思うでしょう。

でも、それがきっかけで、「真実の愛とは何か」に目覚めたら、長期的には「運のいいこと」になります。


就職活動で、希望の会社に入れなかった。

その時は不本意でしょう。

でも、次に入った会社が、自分に合っている職場だったら、長期的には「得」になります。

過去を振り返ってみれば、きっとそんなことがあったはずです。

その時は失望しても、実は未来にとって、それが必要だったということが。

本当の意味で運のいい人とは、「長い目で見て運のいい人」です。

一時的な良し悪しではありません。

一時的なことで、自分を決め付けることがあってはならないのです。

今の「都合の悪いこと」が、未来の「都合のいいこと」につながっている場合がたくさんあります。

自分自身の過去を振り返ってみても、試練の時が、実は「次へのステップ」になっていることを発見すると思います。


では、次回も、この「運の話」を続けていきましょう。


・今回のまとめ

運とは、「今いいことがある」ということではありません。

運とは、短期的な状況ではありません。

運とは、「長期的なもの」です。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」を知ることができます。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。