恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

愛情は自然に伝わるから安心していい話

こんにちは。上村です。前回のブログで、「不完全を恐れなくていい」という話をしました。 hideburo.hatenablog.com 例えば、恋愛で考えてみましょう。恋人と、食事の約束をします。でも急に、「今日は仕事で無理」と言われます。「仕事と私と、どちらが大事…

完璧でなかったら愛されないのなら、誰も愛されなくなる話

こんにちは。上村です。ある漫画家の方が、こんなことを言っていました。『昔は「正確な円」が描けたのに、今は描けなくなった・・・』「技術が衰えた」らしいのです。謙遜で言ったのかもしれませんが、確かに手先の技術ですから、微妙なものがあるのかもし…

「憧れる対象」は、他人ではなく、「自分の中にあるもの」

こんにちは。上村です。あなたは、他人のことを、「羨ましい」と思ったりすることがあるでしょうか?羨む程度ならともかく、時には嫉妬などもあるかもしれません。今の時代は、他人の情報がやたらに入ってきますね。その情報量たるや、昔の比ではないでしょ…

生まれ変わっても、やはり「自分」でいたい話

こんにちは。上村です。あなたが、数日間だけ、「誰かに生まれ変われる」とします。いったい誰になりたいでしょうか? どんな人になりたいでしょうか?まことにベタな質問で恐縮です。(笑) もちろん、人によって様々ですね。ある人は、「身近な人」を挙げ…

選ぶより、「手助けする人」になる話

こんにちは。上村です。僕は、「運をよくする方法」を、こう考えているのです。「‘審査員‘より、‘手助けをする人‘になろう」と。これは象徴的な言い方です。審査員が悪いと言っているのではありません。実際、いい悪いは別にして、世の中には至るところに「…

「運」とは、得るものではなく、与えるもの

こんにちは。上村です。前回のブログで、「運の話」をしました。 hideburo.hatenablog.com では、どうすれば、「運のいい人」になれるのでしょうか。それは、「運を与える人になる」ということです。 例えば、素敵な人に出会ったら、「自分は運がいい」と思…

「運のいい人になる」本当の方法

こんにちは。上村です。今回は、「運」について考えてみましょう。いったい「運」とは、何でしょうか?何か、予期せぬ「いいこと」が起こることが、運なのでしょうか?僕は、そうではないと思うのですね。一時的にいいことがあっても、それが本当に自分にと…

思い通りにいかない時こそ、あなたが望むものよりも「はるかにいいもの」が近づいている

こんにちは。上村です。「整理」で、「捨てる技術」というのがあるそうですね。「いらないモノは、思い切って捨てる」ということ。「いつか使うかもしれない」と思ったら、何も捨てることができません。結局、片付かないのです。確かに整理の苦手な人は、「…

お返しなど求めなくても、誰かを支えるものは、自分もまた誰かに支えられるもの

こんにちは。上村です。あなたには、こんな経験はないでしょうか。道を歩いていると、自分に向かって手を振って挨拶する人がいる。でも、顔がよくわかりません。(知り合いかな?)と思って、こっちも手を上げて挨拶します。しかし、その人が挨拶したのは、…

理不尽な目に合った時、怒りをどうしたらいいか?

こんにちは。上村です。かつて僕は、こんなシーンを目撃したことがあります。僕が働いていた職場では、夏になると、「花火大会」が近くで開催されます。その大会は、かなりの規模。開始時刻になると、人の波で駅が混雑します。なので、その日だけは早く帰宅…

追いかけても、逃げてもダメで、「そのままで」愛される話

こんにちは。上村です。こんな和歌があります。『袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらん』平安時代歌人、「紀貫之」作。意味はこんな感じです。「去年の夏に、袖を濡らしながら両手にすくった水が冬の寒さで凍っていたのを、立春の今日の…

「あなたなしではいられない」と思うことが思いやりではなく、「支えてあげよう」と思うことが思いやり

こんにちは。上村です。 好きな人がいたら、その人と「絶対に別れたくない」と思うでしょう。それは当然の心境です。しかし、「もし別れることになったらどうしよう」とビクビクしていたら、いつも不安の中で付き合うことになります。そんな関係では、お互い…

好きな人の機嫌が悪いからといって、その日を「よくない日」にしてはいけないよ

こんにちは。上村です。あなたは、「他人の態度」に、一喜一憂することはないでしょうか?恋愛などに多いかもしれませんね。 「あの人は機嫌がよかった。嬉しい」「あの人は機嫌が悪かった。最悪」 みたいな。相手の態度を、過度に気にしてしまうのです。そ…

失った後に、得るものがあり、なくした後に、発見するものがある話

こんにちは。上村です。過去を振り返ってみましょう。「挫折」や「失敗した時」に、多くのことを学んでいるのではないでしょうか。自分に起こるすべてのことに、意味があります。今の失敗が、未来にとって都合のいい場合があるのです。 一時的な成功失敗にこ…

「終わりは、新しい始まり」という話

こんにちは。上村です。僕は昔、予備校で「進路指導の仕事」をしていたことがあります。その時、こんなことがありました。一人の女子生徒が、勉強の相談に来ました。「頑張っているのに、成績が伸びない」彼女はすっかりやる気をなくしていたのです。「受験…

今日の不機嫌が、ずっと続くわけではないから、気にしなくていい話

こんにちは。上村です。昔の話ですが、こんなことがありました。僕は、その時、仕事上のことで悩んでいました。自宅に戻っても、何もする気がしない。食欲もないし、シャワーを浴びる気力もなかったのです。しかし、ずっと風呂に入らないわけにもいきません…

他人の意志を認められるようになった時、心の束縛がとれて「自由」になる

こんにちは。上村です。「相手が思い通りに動いてくれない」と悩む人がいます。でも、他人が何でも、自分の思い通りに動いてくれることなどあるでしょうか?人には、それぞれ「意志」があります。誰かを思い通りに動かすことなど、できるわけもありません。…

考え過ぎないで、素直に「大切なことを大切にしていこう」という話

こんにちは。上村です。こんな話を考えてみましょう。「A君」という人がいます。 A君には、好きな女性がいます。 彼女と、食事をする約束をしました。心配性のA君は、初めて行く店なので、入念な「下調べ」をします。どんなメニューがあるか、何がおいし…

「解決の鍵」は、探さなくても自分の中にあるよ

こんにちは。上村です。以前のことです。家の鍵を探していたら、「手に持っていた」ということがありました。きっと誰にでもあることですね。(ない?)その時、思ったことがありました。家の鍵なら、手に持っていればわかりますね。でも、「人生の鍵」は、…

「追い求める愛」と「提供する愛」の違いがわかれば、きっと心が明るくなる話

こんにちは。上村です。昔、こんな「夢」を見たことがあります。夢ですのであやふやですが、だいたいこんな感じでした。 僕は学生です。夢の中の僕は、なぜかクラスメートに嫌われています。何とか仲良くしようとするのですが、ますます浮いていきます。氷の…

必要なのはドラマチックな出来事ではなく、「何の変哲もない一日を自分が活かす」生き方

こんにちは。上村です。前回のブログで、「平凡な日、普通の日、何も変わらない日が、最も大切な日だ」というお話をしました。 hideburo.hatenablog.com 例えば、こんなことを考えてみましょう。職場で働いている人は、「朝起きて、会社に行って、仕事をして…

「最も大切なこと」は、劇的に訪れるものではなく、普通の日に、少しずつ訪れてくるという話

こんにちは。上村です。僕が、小学校の頃のお話です。クラスで、こんな「行事」がありました。月曜日の朝の時間。生徒それぞれ、クラスメート全員の前で「スピーチ」をするのです。 「昨日(日曜日)、何をしたか」「昨日あった出来事」 について語ります。…

「他人がしたからそうする」ではなく、「自分がすべきだからそうする」でありたい話

こんにちは。上村です。誰しも、行き詰まる時があると思います。そんな時は、「過去の困難」を振り返ってみることです。「困難な時」こそが、「重要な時期」であったことに気付くと思うのですね。よくない状況が、自分の「心の目」が開くきっかけになってい…

「不運の顔をしてやってくる幸運もあるよ」という話

こんにちは。上村です。「恋愛に悩んでいる人」がいるとしましょう。 確かに辛いです。もし失恋などしたら、深く落ち込むことでしょう。 気持ちを伝えたくても、怖くてできないこともあるでしょう。気持ちを伝えようとしても、相手が逃げていく場合もあるで…

あなたに「不都合なこと」が起こるのは、人生があなたに「化学変化」を起こさせようとしているから

こんにちは。上村です。学生時代の話です。 ある「理科教師」がいました。その先生がこんな話をしてくれたのです。先生が子供時代のこと。その頃から、「化学」に関心があったそうです。自分で、いろいろな薬品?を購入して、それを混ぜ合わせて喜んでいたそ…

出会いがなくても、別に困ったことにならないから、もっと落ち着いて人生を歩んでいこうという話

こんにちは。上村です。人間は、一人一人特徴がありますね。「個性」があります。他人の性格を受け継いでも、それが幸せにつながるわけではありません。自分の性格を活かすこと。自分は自分であり、それ以外の何にもなれません。「変わる」というのは、人格…

別人になることが強くなることではなく、「自分のいい部分を発揮すること」が強くなるということ

こんにちは。上村です。「傷つきやすい性格」の人がいます。そのせいで、他人との関係がうまくいかないと思っています。傷つきやすい性格を毛嫌いし、それを取り除こうと必死になる。ところが皮肉なものです。傷つくまいとすると、余計に傷つくことが多くな…

「強い心を身につける」真実の方法

こんにちは。上村です。僕は若い頃、いつもこんなことを考えていました。「鋼(はがね)の心がほしい」と。「何事にも傷つかない、強い心を持ちたい」と思っていたのです。傷つきやすいと、辛いことが多くなりますね。「鉄壁の心を、折れない心を、萎えない…

どんな大作ドラマも、「自分の本当の人生」にはかなわない話

こんにちは。上村です。以前、ある「警察官」から、話を聞いたことがあります。刑事ドラマで、「○○署の○○です」と、颯爽と捜査している警官を思い浮かべたりしますね。しかし、実際はもっと地味です。地道な根気のいる、ストレスの多い仕事。刑事ドラマでは…

幸福は後からついてくるものではなく、先に作るもの

こんにちは。上村です。前回のブログで、「イヤなことばかり言われる人」の話をしましたね。 hideburo.hatenablog.com いつも、一部の同僚から、傷つくことを言われるのです。飲み会や宴会などは、恐怖そのものです。イヤなことを言われるから、付き合いが楽…

何かあって幸福になると思うのではなく、先に幸福になっていけば、傷つくことがなくなっていくよ

こんにちは。上村です。恋愛や人間関係や仕事や家庭で、悩んでいる方がいらっしゃると思います。何とか解決したい。 ある人は、好きな人の心をつかもうとします。プレゼントを渡してみたり、ホメてみたり、逆にそっけなくしてみたり、いろいろします。 また…

「奇跡」とは、できないことをすることではなく、できることを広げていくこと

こんにちは。上村です。「失敗は許されない」と思うと、「失敗したらどうしよう」と、恐怖心が湧いてくることがありますね。その結果、ぎこちなくなって、ますます失敗を引き寄せてしまうことがあります。きっと、あなたにもご経験があると思うのです。相手…

あなたに「気持ちの強さ」を授ける話

こんにちは。上村です。突然ですが、あなたは「走ること」が得意でしょうか?僕は、大の苦手。短距離もそうですが、特に「持久走」ですね。 学生時代の体育の時間。教師から、「今日は長距離走」と言われたら、ガーンと衝撃を受けたものです。逃亡したくなっ…

「押し付け合い」を、「支え合い」に変えたら、絆が強くなる話

こんにちは。上村です。少し季節外れで恐縮ですが、あなたは「お花見」が好きでしょうか?僕はあまりしないのですが、好きな人は、毎年楽しみにされているでしょう。 ところで、こんなことを考えてみてください。「お花見」が好きな人がいるとします。「お花…

心の底から前向きな人を傷つけることは、誰にもできない話

こんにちは。上村です。物事を、必要以上に複雑に考えてしまう場合がありますね。複雑な社会ですし、そういう人が増えても、不思議ではありません。社会はともかく、自分自身は気をつけたい。あまりに複雑になると、かえって「大切なこと」を忘れてしまうこ…

恋愛がややこしいのではなく、自分がややこしくなっている話

こんにちは。上村です。江戸時代は、「和算(数学)」が、庶民の娯楽だったそうですね。今みたいに、テレビや雑誌があるわけではない。娯楽など、限られた時代です。だから数学は、庶民にとって楽しみの一つだったのですね。「何して遊ぶ?」「三角形の面積…

失望は挫折ではなく、より素晴らしい希望の発見

こんにちは。上村です。恋愛などで、よくありますね。相手に構ってもらえなくて不安だから、どんどん追いかける。相手が反応してくれたら嬉しい。一時的に、気分は高揚します。しかし、また同じような状況に戻る。相手は構ってくれないのです。すると、前よ…

孤独は、真の喜びに気付くための時間

こんにちは。上村です。誰しも、「孤独」は嫌なものでしょう。「孤独=寂しい」と思いがちですが、本当にそうでしょうか。見方を変えてみましょう。孤独を味わうからこそ、人との交わりに喜びを感じるのではないでしょうか。人と交わっている時に、いろいろ…

「今日のうまくいかないこと」は、明日の自分にとって必要なもの

こんにちは。上村です。学生時代のことです。僕には、どうしても「できないこと」がありました。たいしたことではないのに、なぜかできない。それは・・・ 「学食で一人で食事をすること」です。(笑) 寂しがり屋というわけでもない。むしろ、一人で食事す…

自分で勝手に疑心暗鬼になっていると、相手には「付き合いにくい人」になるという話

こんにちは。上村です。前回のブログで、「心のコリ」の話をしましたね。 hideburo.hatenablog.com 感謝が、心のコリをほぐしていく。なぜなら、感謝する時は、「素直な気持ち」になっているからですね。 これは、恋愛や人間関係にも当てはまります。「素直…

「感謝」で救われた話

こんにちは。上村です。僕は昔、「肩コリ」に悩まされていた時期がありました。肩コリというのは軽く見られがちですが、本人にとっては相当辛い。ところで、僕は、肩コリ解消法として「ある方法」を思いついた。それは何でしょうか?一見、肩コリとは関係な…

繊細は、傷つくためではなく、前向きをいっそう強くするためにある

こんにちは。上村です。今は、高度情報化社会ですね。もちろん情報をたくさん得れるのはいいことですが、注意しないと副作用もありますね。いろいろな情報が氾濫しています。聞きたくなくても、耳に入ったり、目に入ったりしてきます。他人の生活を、垣間見…

傷つきやすくて困っている人に捧げる話

こんにちは。上村です。突然ですが、世の中は「便利」になったものですね。昔は、読みたい本があっても、書店に行ってなかったら、困ったものです。他の書店にもない。店員さんに頼んで、取り寄せてもらうしかありません。でも、そこまでするのも面倒なので…

ひねくれてしまった気持ちをまっすぐに戻すと、きっと物事はよくなっていくよ

こんにちは。上村です。前回のブログで、「駆け引きはいらない」という話をしました。 hideburo.hatenablog.com 特に、恋愛で多いかもしれません。うまくいかないと、「駆け引き」をあれこれ考えてしまうことが。振り向いてくれないので、わざと冷たくする人…

「駆け引きしない」ススメ

こんにちは。上村です。「毒舌家」という人がいますね。必要以上に「憎まれ口」を叩くのです。どうして、そんな憎まれ口を叩くのでしょうか?尊大だからでしょうか?そういう場合もあるかもしれませんが、実はもっと深い理由があります。その理由とは?つま…

好かれているか、好かれていないかを、気にしなくなったら、きっと好かれるよ

こんにちは。上村です。一見正しいようなことでも、実は正しくないことってありますよね。「彼は倹約家だからお金がある」という文章があるとします。これは正しいようですが、実はそうでもない。もちろん、倹約自体が悪いと言っているのではありません。文…

自分だけがいい思いをして、他人がそうでなかったら、嫌な気分になるのは、「本当の自分」がつぶやいたから

こんにちは。上村です。多くの人は、「何かいいことがあってほしい」と願っていると思います。でも、こんなことを考えてみてくださいね。もし自分だけがいい思いをして、他の人がそうでなかったら、何か「嫌な気分」になるのではないでしょうか。そう思わな…

「信じる」とは、頭の中ではなく、行動から生まれるという話

こんにちは。上村です。前回のブログで、「小さな欲を捨てたら、見えてくるものがある」という話をしました。 hideburo.hatenablog.com 例えば、こんなことを考えてみましょう。親しい人と、ケンカをしたとしましょう。どちらが先に話しかけるとか、どちらが…

格好をつけるのをやめて、自然になったら、きっとあなたの個性が輝いてくる

こんにちは。上村です。あなたは、「格好をつけたくなる瞬間」はないでしょうか?たぶん、誰にでもあると思うのです。恋愛でもあるでしょう。好きな異性の前だと、格好をつけたくなる。僕自身にもありました。若い頃、好きな女性の前で、「おもしろい人」を…

人間関係に悩んでいる人は、「人間関係は、いつか変化していく」という事実を、もう一度知ること

こんにちは。上村です。よく、「経験から学ぼう」と言われますね。この、「学ぶ」の意味が重要です。「経験から学ぶ」とは、学校の勉強とは違います。参考書片手に問題を解くこととは、違うのです。 例えば、こんなことを考えてみてください。我々は普段、何…