恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

付き合い方

去るものは追わなくていいから、今あなたができる「いいこと」をしていく

こんにちは。上村です。こんなことを考えてみてください。好きな人が、機嫌が悪かったとしましょう。その都度、動揺するかもしれませんね。「どうして機嫌が悪いのだろう。ひょっとして自分が原因か」などと考える。焦ります。必要以上に相手の機嫌をとった…

「人は失敗するもの」ということを知れば、もっと寛容になっていくという話

こんにちは。上村です。かつて僕は、「大学受験予備校」に勤務していました。ある日のことです。僕は「模擬試験の監督」をしました。教室に、問題冊子を持っていきます。すると、問題冊子が足りなかったのです。数え間違えたのでしょうか。当時は生徒数も多…

好きな者同士が、いっしょにいるのが幸せなら、いっしょにいない時も幸せ

こんにちは。上村です。誰もが、「幸せになりたい」と思っていることでしょう。ところで、「幸せ」とは、いったい何か?例えば、好きな者同士がいっしょにいることは、幸せでしょう。だからといって、「四六時中いっしょ」というわけにもいきません。それぞ…

完璧でなかったら愛されないのなら、誰も愛されなくなる話

こんにちは。上村です。ある漫画家の方が、こんなことを言っていました。『昔は「正確な円」が描けたのに、今は描けなくなった・・・』「技術が衰えた」らしいのです。謙遜で言ったのかもしれませんが、確かに手先の技術ですから、微妙なものがあるのかもし…

お返しなど求めなくても、誰かを支えるものは、自分もまた誰かに支えられるもの

こんにちは。上村です。あなたには、こんな経験はないでしょうか。道を歩いていると、自分に向かって手を振って挨拶する人がいる。でも、顔がよくわかりません。(知り合いかな?)と思って、こっちも手を上げて挨拶します。しかし、その人が挨拶したのは、…

追いかけても、逃げてもダメで、「そのままで」愛される話

こんにちは。上村です。こんな和歌があります。『袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらん』平安時代歌人、「紀貫之」作。意味はこんな感じです。「去年の夏に、袖を濡らしながら両手にすくった水が冬の寒さで凍っていたのを、立春の今日の…

「あなたなしではいられない」と思うことが思いやりではなく、「支えてあげよう」と思うことが思いやり

こんにちは。上村です。 好きな人がいたら、その人と「絶対に別れたくない」と思うでしょう。それは当然の心境です。しかし、「もし別れることになったらどうしよう」とビクビクしていたら、いつも不安の中で付き合うことになります。そんな関係では、お互い…

他人の意志を認められるようになった時、心の束縛がとれて「自由」になる

こんにちは。上村です。「相手が思い通りに動いてくれない」と悩む人がいます。でも、他人が何でも、自分の思い通りに動いてくれることなどあるでしょうか?人には、それぞれ「意志」があります。誰かを思い通りに動かすことなど、できるわけもありません。…

「追い求める愛」と「提供する愛」の違いがわかれば、きっと心が明るくなる話

こんにちは。上村です。昔、こんな「夢」を見たことがあります。夢ですのであやふやですが、だいたいこんな感じでした。 僕は学生です。夢の中の僕は、なぜかクラスメートに嫌われています。何とか仲良くしようとするのですが、ますます浮いていきます。氷の…

幸福は後からついてくるものではなく、先に作るもの

こんにちは。上村です。前回のブログで、「イヤなことばかり言われる人」の話をしましたね。 hideburo.hatenablog.com いつも、一部の同僚から、傷つくことを言われるのです。飲み会や宴会などは、恐怖そのものです。イヤなことを言われるから、付き合いが楽…

何かあって幸福になると思うのではなく、先に幸福になっていけば、傷つくことがなくなっていくよ

こんにちは。上村です。恋愛や人間関係や仕事や家庭で、悩んでいる方がいらっしゃると思います。何とか解決したい。 ある人は、好きな人の心をつかもうとします。プレゼントを渡してみたり、ホメてみたり、逆にそっけなくしてみたり、いろいろします。 また…

「押し付け合い」を、「支え合い」に変えたら、絆が強くなる話

こんにちは。上村です。少し季節外れで恐縮ですが、あなたは「お花見」が好きでしょうか?僕はあまりしないのですが、好きな人は、毎年楽しみにされているでしょう。 ところで、こんなことを考えてみてください。「お花見」が好きな人がいるとします。「お花…

自分で勝手に疑心暗鬼になっていると、相手には「付き合いにくい人」になるという話

こんにちは。上村です。前回のブログで、「心のコリ」の話をしましたね。 hideburo.hatenablog.com 感謝が、心のコリをほぐしていく。なぜなら、感謝する時は、「素直な気持ち」になっているからですね。 これは、恋愛や人間関係にも当てはまります。「素直…

ひねくれてしまった気持ちをまっすぐに戻すと、きっと物事はよくなっていくよ

こんにちは。上村です。前回のブログで、「駆け引きはいらない」という話をしました。 hideburo.hatenablog.com 特に、恋愛で多いかもしれません。うまくいかないと、「駆け引き」をあれこれ考えてしまうことが。振り向いてくれないので、わざと冷たくする人…

「駆け引きしない」ススメ

こんにちは。上村です。「毒舌家」という人がいますね。必要以上に「憎まれ口」を叩くのです。どうして、そんな憎まれ口を叩くのでしょうか?尊大だからでしょうか?そういう場合もあるかもしれませんが、実はもっと深い理由があります。その理由とは?つま…

恋愛で、「好き」と「落ち着き」を両立させる話

こんにちは。上村です。あなたは、相手が、自分に好意を持ってくれているかどうか、過剰に気にすることはないでしょうか?特に恋愛で、多いかもしれませんね。自分を本当に愛してくれているのか、確かめたい。安心感を得ようします。それ自体はいいのですが…

駆け引きは、うまくいっていない証拠という話

こんにちは。上村です。あなたは、「駆け引き」を考えることがあるでしょうか?特に、恋愛では多いかもしれません。駆け引きを使って、何とか相手を振り向かせようとする。しかし、うまくいかないものです。誠実さが失われた状態で、本当の愛情が芽生えるわ…

「あいまいな関係」こそ、自分を磨くチャンスという話

こんにちは。上村です。今回は、「あいまいさに強くなろう」という話をしたいと思います。「あいまいなことが許せない」という人もいるでしょう。「すぐに結果を出したい」「たとえ無理でも、今すぐ何とかしたい」と思うこともあるでしょう。自分で努力でき…

「こうあるべき」恋愛で心が重くなり、「こうしていこう」恋愛で心が軽くなる話

こんにちは。上村です。僕が昔、勤務していた職場で、ある「決め事」がありました。「印刷物の保存」についてです。必ず、「5部保存」なのです。それは決められていました。でも、「なぜ5部なのか」わからない。「1部や2部や3部なら、少な過ぎるからか…

追いかけるのが愛情ではなく、「素朴な思いやりの発揮」が愛情だという話

こんにちは。上村です。相手の気持ちを考え過ぎて、「疲れ切っている人」がいます。特に、恋愛で多いですね。「詮索疲れ」になっているのです。「純粋な思いやり」なら、そんなに疲れたりはしません。詮索とは、自分の不安を解消したい気持ちが強いのです。…

「作戦」を考えれば考えるほど、うまくいかなくなる恋愛の話

こんにちは。上村です。昔、何かの本で、こんな一文を読んだことがあります。『異性が、失恋直後の時こそチャンス』と。何の話かと思ったら、「恋愛術」でした。失恋した人にアプローチすると、成功確率が高いという話。失恋して寂しがっているから、うまく…

「無邪気」になって愛し愛される話

こんにちは。上村です。「ジェットコースター恋愛術」なるものが、あるらしい。(名称は適当です)男女がいっしょにスリルを味わう。ジェットコースターのドキドキ感が、恋愛のドキドキ感に変わって、関係が進展する。みたいなことらしい。しかし、そんな馬…

あなたも私もあの人も、みんな「対等な関係」という話

こんにちは。上村です。昔、僕が働いていた職場に、こんな同僚がいました。例えば、誰かが「退職」しようとします。すると、必ず強引に引き止めるのです。引き止めることが義務であるかのように、その人は考えていました。もちろん、辞めてしまうのを残念に…

「人前で怒鳴られて嬉しい人はいない」という当たり前のことを思い出す話

こんにちは。上村です。今回は、「人間の気持ち」について考えてみたいのです。と言っても、難しい話ではありません。(僕に難しい話はできません) 例えば、「恥をかくのはイヤ」「怒鳴られるのはイヤ」というのは、誰でもそうですね。当然ですね。怒鳴られ…

完璧を求めなくなれば、かえっていろいろなことができるようになる話

こんにちは。上村です。何かに一生懸命になるのは、いいことですね。ところが、それが高じて「完璧主義」に陥る人がいます。「完璧でなければならない」と思う。ところが、完璧主義にとらわれると、だんだん何も手がつかなくなっていくことがあります。「何…

話の輪に加われず浮いてしまうのが怖い人に捧げる話

こんにちは。上村です。よく、「話に加われない」と嘆く人がいます。会話に入るきっかけが、うまくつかめないのです。周囲は、自分のことなど意に介さず、楽しい会話を続けているように見えます。もしその中に、好きな異性でもいたら、いっそう気持ちが萎え…

好きな人と話をしたいのに、思えば思うほど、話す機会が遠ざかっていく理由

こんにちは。上村です。あなたは、好きな相手との「すれ違い」に、悩んだことはないでしょうか?「今がそう」という方もおられるかもしれません。もちろん、恋愛だけではなく、友人関係にもありますね。人間関係にもあります。家族間でもあるでしょう。今ま…

いくら好きな相手でも「違いがあって当然」という話

こんにちは。上村です。以前、こんなテレビ番組を見たことがあります。あるタレントが、「自慢料理」を作ります。「自慢料理」といっても、別にたいしたものではありません。簡単にできて、材料費もかからない。しかも、「高カロリー」です。 この料理は、そ…

気持ちは自然に通じ合うという話

こんにちは。上村です。昔、こんなことがありました。職場の同僚が、「僕は今度、結婚するんだ」と言ったのです。もう「結婚準備万端」だそう。挙式の日取りも決めたらしい。「でも一つだけ、まだ決まっていないことがあるんだ」と同僚は言う。「それは何?…

笑うのは、顔ではなく「心」という話

こんにちは。上村です。人間関係を円滑に進める上で、「笑顔」は大切だと言われています。あなたは、どう思われますか?確かに、そうでしょう。営業マンが、不機嫌な顔をしていたら、絶対物は売れないですね。もちろん、仕事の話だけではありません。個人的…