恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる方は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

心が強くなる方法

信じようとしても気持ちが続かない人が、確信を持つことができる方法

こんにちは。上村です。突然ですが、あなたには、何か「理想」があるでしょうか?もちろん理想を持つのはいいことですね。理想があるからこそ、毎日希望を持って過ごせる。でも人によっては、その理想が自分をがんじがらめにしている場合もあります。恋愛で…

無視されることは、あなたが思っているほど、たいしたことではない話

こんにちは。上村です。「無視されるは嫌だ」とあなたは思われるでしょうか。もちろん、誰でも気分のいいものではないでしょうが、でも程度があると思うのです。無視されることもあって当然ですね。 例えば、こんなことを考えてみてください。朝、出勤するた…

いくら環境が変わっても、いくつになっても、真実の価値は変わらない

こんにちは。上村です。昔の話です。職場でのこと。同僚の奥さんから、電話がかかってきました。「主人は、もう退社しましたか?」同僚はとっくに帰っています。「ずいぶん前に帰りましたよ」と言えばいいのですが、ここでふと、僕は思いました。奥さんが電…

「別れを経験したあなた」を励ます話

こんにちは。上村です。「別れ」というのは、誰の人生にもあります。あなたも、いろいろな別れがあったでしょう。「自分は出会いしか知らない」という人はいませんね。誰もが人生途上で、「出会い」と「別れ」を経験します。「出会いだけあれば幸せ」と思う…

自分の中から「困った」という言葉をなくせば、実際に困ったことの多くは消えていくもの

こんにちは。上村です。「田中光顕」(たなかみつあき)という人がいます。幕末から明治にかけての政治家です。彼は幕末の頃、「坂本龍馬」「中岡慎太郎」「高杉晋作」というような人物と活動を共にしました。田中光顕は、明治以降も活動し続け、長命を保ち…

関係が混乱しているのではなく、自分が混乱しているだけだと考えた時、新しい視野が広がる話

こんにちは。上村です。愛情というのは、元来「喜び」です。愛し愛されるというのは、嬉しいものです。にもかかわらず、愛情問題に悩む人がたくさんいます。「好きな人が振り向いてくれない」と悩んでいる人がいます。「気持ちが通じない」と嘆いている人が…

「できない洗脳」を解けば、実にたくさんの「できること」が発見できる話

こんにちは。上村です。昔、こんな経験をしました。「ある研修会」がありました。不特定多数の「様々な職種の人」が参加。僕の職場からも、僕自身を含めて、何名かが参加しました。三日間程度行われ、最後に「発表会」があります。参加者一人一人が、今まで…

困った時は、小さなプライドを捨ててしまえば、またうまくいくもの

こんにちは。上村です。昔、勤めていた職場で、「異常にプライドの高い人」に出会ったことがあります。その時は苦労しました。同じような経験をされた方がいらっしゃるかもしれません。周囲に高慢な人がいたら、疲れますよね。その人もそうでした。ささいな…

笑いが必要なのは、うまくいっている時ではなく、うまくいかない時

こんにちは。上村です。あなたは、人間関係にとって、何が一番大切だと思われるでしょうか?僕はこう考えるのです。「心の強さ」と。でもこれは表面的なことではありません。押しが強いとか、そんな意味では全然ないのです。もっと「内面的な話」ですね。 で…

「先が見えない」という素晴らしい話

こんにちは。上村です。『ウサギとカメの物語』は、とても有名ですね。イソップ寓話に出てくるお話。むかしむかし、あるところに、「ウサギとカメ」がいたのです。ウサギ 「君は足が遅いそうだね」カメ 「失礼な」ウサギ 「君はのび太くんより足が遅いそうじ…

今のあなたで「たくましく」なる方法

こんにちは。上村です。以前、こんなテレビ番組のシーンを見たことがあります。「ある本に対する討論」を、数人がしていました。討論するくらいなので、当然、全員その本を読んでいるはず。と思ったら、読んでる人は、ごく少数のよう。その中の多くは、読ん…

あなたの毎日は、一見何も変わらないように見えて、実は未来から見れば確実に変わっている話

こんにちは。上村です。世の中には、「結果主義」がはびこっている部分がありますね。職場でもそうです。例えば、営業先で、自分と性格が合わない人がいます。だからといって、上司に、「相手と性格が合わないので、売り上げが伸びません」という言い訳はし…

相手が不機嫌でも、それは別にあなたの責任ではないよ

こんにちは。上村です。「周囲が変わった」と感じることはないでしょうか。普通にしているのに、何となく周囲が冷たような気がする。「自分はいつもと同じなのに、通りすがりに笑われた」みたいな。 学生時代にあったかもしれません。何人かの人が、集団でし…

感じやすさは、心配するためにあるのではなく、希望を感じるためにある

こんにちは。上村です。突然ですが、あなたには、何か「心配事」があるでしょうか?例えば、恋愛で、いつも心配ばかりしている人がいます。(好きな人にフラれたらどうしよう)と考えてしまう。また、職場では、仕事の成り行きが気になります。(この仕事は…

「これから先どうなるのだろう?」と不安になった時に、読んでほしい話

こんにちは。上村です。突然ですが、僕は「車の運転」が苦手なのです。運転自体が苦手。それに加えて「方向音痴」です。道がなかなか覚えられません。以前の職場で、車を運転する必要があったのですが、その時は困りました。職場の車には、「カーナビ」はつ…

今から、辛い嫉妬をやめる話

こんにちは。上村です。「嫉妬心」は、人間関係を壊す元になることがあります。軽い嫉妬くらいならともかく、「重い嫉妬」は次第に状況を悪くするものですね。これについては、昔の人も言及しています。かの聖徳太子がそう。聖徳太子は、「十七条憲法」とい…

理不尽な目に合った時、怒りをどうしたらいいか?

こんにちは。上村です。かつて僕は、こんなシーンを目撃したことがあります。僕が働いていた職場では、夏になると、「花火大会」が近くで開催されます。その大会は、かなりの規模。開始時刻になると、人の波で駅が混雑します。なので、その日だけは早く帰宅…

別人になることが強くなることではなく、「自分のいい部分を発揮すること」が強くなるということ

こんにちは。上村です。「傷つきやすい性格」の人がいます。そのせいで、他人との関係がうまくいかないと思っています。傷つきやすい性格を毛嫌いし、それを取り除こうと必死になる。ところが皮肉なものです。傷つくまいとすると、余計に傷つくことが多くな…

「強い心を身につける」真実の方法

こんにちは。上村です。僕は若い頃、いつもこんなことを考えていました。「鋼(はがね)の心がほしい」と。「何事にも傷つかない、強い心を持ちたい」と思っていたのです。傷つきやすいと、辛いことが多くなりますね。「鉄壁の心を、折れない心を、萎えない…

心の底から前向きな人を傷つけることは、誰にもできない話

こんにちは。上村です。物事を、必要以上に複雑に考えてしまう場合がありますね。複雑な社会ですし、そういう人が増えても、不思議ではありません。社会はともかく、自分自身は気をつけたい。あまりに複雑になると、かえって「大切なこと」を忘れてしまうこ…

すべてにおいて気にしやすい人が、自分の特徴を生かして、強く生きる方法

こんにちは。上村です。「強い気持ちを持とう」と言われますね。では、「強い気持ち」って、何でしょうか?「感じないこと」と思っている人がいます。でも、それは大きな間違いです。感じるからこそ、喜びがあるし、人間らしさが生まれるのです。感受性とは…

飲めないお酒を飲まないのは当たり前のことで、「お付き合い」とは関係ない話

こんにちは。上村です。あなたは宴会で、お酒を強要されたご経験はないでしょうか?愛想程度なら問題ありませんが、中には強要してくるような場合もあるかもしれませんね。そうなると困ります。「飲めません」と拒否したら、「おもしろくないぞ」と言われた…

「嫌われる恐怖」をハネのけて愛される話

こんにちは。上村です。前回のブログで、「反面教師を生かそう」という話をしました。 hideburo.hatenablog.com 自分にとってイヤなことを、「反面教師」としてとらえるわけです。 こういうのは、恋愛にも言えることです。好きな人の心をつかもうと、躍起に…

終わったことはもういいから、今を生き、未来を作っていく話

こんにちは。上村です。こんなことを考えてみてくださいね。あなたに、「好きな人」がいるとします。その人は、輝いて見えるでしょう。もちろん、その人が、「電球」をつけているわけではありません。(寒いジョークは気にしないでください)大きく輝くのは…

人間関係に疲れ、愛情問題に疲れた人が、再び元気を取り戻す話

こんにちは。上村です。「意外なものが、意外なものとつながっている」というのは、結構ありますよね。仲間だと思っていた同僚が、対立する上司と結託していた・・・なんて意味ではありません。(笑)そういう俗的なものではなく、もっと精神的なこと。例え…

人間関係でトラブルばかりあるのは、恐れながら付き合っているから

こんにちは。上村です。人間ですから、時に落ち込んだりすることもあるかもしれません。上司に怒られて、気分のいい人はいません。友人とケンカして、機嫌のいい人はいません。好きな人とうまくいかなくて、楽しい人もいないでしょう。一時的には、誰でも気…

「負けず嫌いな人」に苦しめられているあなたに捧げる話

こんにちは。上村です。「負けず嫌いの人」って、いますよね。あなたの周りにも、きっといると思います。「負けず嫌い」って、美徳なのでしょうか?それともやっかいか?あなたはどう思われるでしょうか? 例えば、こんな例を考えてみてください。友人同士で…

「日常の矛盾」に心折れてしまう人が、たくましく生きる方法

こんにちは。上村です。あなたは、こんなご経験はないでしょうか。例えば、「スーパー」で買い物をします。レジに並ぶ。前のお客さんが、会計をしています。そのお客さんは、会計が終わっているのに、店員さんと話をしようとする。「消費税が上がって、店も…

心の目を開くためには、「心配しないことが大切」という話

こんにちは。上村です。突然ですが、天気予報で、「雨予報」が出ているとします。その時、あなたは、カサを持って出かけますか?「当然持っていくよ」という方がほとんどでしょう。でも僕は、そんな時でも、(まあ大丈夫だろう)とカサを持たずに出かけるこ…

実は「できないこと」があるから前向きになれる話

こんにちは。上村です。あなたは、「イベント的」なことが、お好きでしょうか?例えば、職場でも、「社員旅行」とか「レクリエーション」とか、そういうものがあるかもしれません。僕がかつて働いていた職場にも、「レクリエーション」がありました。交流を…