恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる方は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

生き方

忘れられることなどないから、心配しなくていい話

こんにちは。上村です。突然ですが、こんなことを考えてみてください。あなたが誰かのことを好きで、それを伝えるとします。まあ、「告白」と考えてください。いつ、それをするでしょうか?朝一番!という人は、あまりいないでしょう。もちろん、朝でもいい…

「大きなことを言って」認められるわけではなく、「小さな行動をして」認められる話

こんにちは。上村です。あなたの周りに、「大きなことを言う人」はいないでしょうか?「オレが業界を変えてみせる」的なことを言う人ですね。もちろん、それはいいのです。しかし、現実には、あまりに大きなことを言い過ぎて、日常とのギャップを感じている…

あなたの価値は、あなたが「何を持っているか」で決まるのではなく、あなたが「何を目指しているか」で決まる

こんにちは。上村です。「ストーリーを考えること」は、誰にでもあると思います。小説の意味ではなく、自分の未来を思い描くことですね。 例えば、恋愛でもありますね。(好きな人とこういう恋愛がしたいなあ)と考えます。「そのストーリー」に近づくため、…

好きな人といがみ合ったり、物事がうまくいかなくて悩んでいる人を励ます話

こんにちは。上村です。こんなことを考えてみてくださいね。あるカップルが、何かで「いさかい」を起こしたとします。その後、仲直りしてから、相手に対する理解が深まるケースがあります。そのまま別れてしまうこともあるでしょうが、二人が結びつく運命に…

無駄な抵抗をやめて正直になれば、きっとうまくいくという話

こんにちは。上村です。昔、一時期話題になった「陰謀論?」がありましたね。『アポロの月面着陸はウソだった』という話。「アポロ」というのは、「月探査ロケット」ですね。1969年に、その乗組員は人類史上初めて、月面を歩いたのです。当時の人にとっ…

「過去の痛手を乗り越える」方法

こんにちは。上村です。突然ですが、こんなことを考えてみてください。あなたが「手痛い失恋」をしたとしましょう。非常に辛い経験です。すると、次に新たな恋をした時、(前と同じようなことになるんじゃないか)と不安になる。案の定、相手との仲がうまく…

取り越し苦労をしなくなれば、嫌なことが実際に遠ざかっていくという話

こんにちは。上村です。4月に入ると、入学入社のシーズンになりますね。「新入社員歓迎会」みたいなものが多くなっていきます。職場では「宴会」のようなものもあるかもしれません。僕は昔から、こういったものが苦手。「宴会芸」を無理にさせられている社…

どうして教室に入ったら、自分の席がなかったのか?

こんにちは。上村です。昔、こんな「夢」を見たことがあります。僕は学生です。朝、登校して教室に入る。ところが、なぜか「自分の座席がない」のです。当然、他のクラスメートにはあります。しかし僕にはない。教室で立ち往生します。この夢には発展性はな…

「自分を見つめる」とは、今の自分に安住するのではなく、「今の自分に挑戦する決意を固める」こと

こんにちは。上村です。行き詰った時、「自分自身を見つめ直す」のは大切でしょう。それは力を得るためです。もう一度、素朴な気持ちになって、気持ちを立て直すことです。また動き出すための「きっかけ」ですね。 ところが、いつまでもカラに閉じこもって、…

誰かを羨ましがるのではなく、自分の歩みを大切に

こんにちは。上村です。突然ですが、「強引」と「たくましさ」を勘違いしているような場合があるかもしれませんね。真にたくましい人は、無理に他人に強制したりはしないもの。あくまで、その人の「自覚」を重んじます。日常では、押しの強い人が、得をして…

捨て去る勇気を持つ「あなたの廃刀令」の話

こんにちは。上村です。突然ですが、『廃刀令(はいとうれい)』というのを、ご存知でしょうか。「日本史の教科書」に出てきますね。文字通り「刀を廃す」こと。昔は武士がいて、刀を身につけていました。「武士の身分証」のようなものです。ところが明治維…

100の願望より、地道な1歩の方が勝るという話

こんにちは。上村です。前回のブログで、「ウサギとカメの新解釈」の話をしました。 hideburo.hatenablog.com 「ウサギとカメの物語」は誰でもご存知ですね。「能力を過信して、努力を怠れば、失敗するよ」という戒めを説いたもの。それに加えて、僕なりの「…

走るしかない時は走ればいいよ

こんにちは。上村です。僕は「走る」のが苦手です。学生時代のこと。体育教師から「今日は長距離走だ」と言われたら、どれだけショックだったことか。まさに走る気が失せますね。(笑) でもどうして、長距離走みたいなものがあるのでしょうか。走らせている…

閉まったドアは「開いたドア」を意識するチャンスだから、今日の行き詰まりはきっと明日の希望

こんにちは。上村です。「大きな幸運」はともかく、「小さな幸運」というのは忘れがちかもしれませんね。僕が若い頃、こんなことがありました。職場で、「残業」をしていました。気付いたら、全員が帰宅して、僕一人。すると電話が鳴りました。出てみると、…

今のあなたで「たくましく」なる方法

こんにちは。上村です。以前、こんなテレビ番組のシーンを見たことがあります。「ある本に対する討論」を、数人がしていました。討論するくらいなので、当然、全員その本を読んでいるはず。と思ったら、読んでる人は、ごく少数のよう。その中の多くは、読ん…

「他人に何を言われるか」ではなく、「自分が何をするか」を大切にすれば、ビクビクしなくなる話

こんにちは。上村です。以前の話です。僕は、車を走らせていました。そこは国道。珍しく、あまり車が走っていなかったのです。僕は、調子よくスイスイ運転していました。すると、しばらくして、突然「気配」を感じた。バックミラーをチラっと見ると、白バイ…

「嫌な関係、辛い状況は、自分を奮い立たせようとする人生の深い配慮」という話

こんにちは。上村です。こんなことを考えてみてください。仕事や人間関係が順調なら、職場は楽しいでしょう。でも、うまくいかなくなると、「苦痛の場」と化します。仕事内容は変わらなくても、自分の置かれた状況で、気持ちが上下します。 例えば、学生時代…

幸せなことがあって幸せになるのではなく、幸せを受け取る力を養って、初めて幸せになる話

こんにちは。上村です。昔、こんなことがありました。ある知り合いがいました。彼は、高校を卒業したばかりです。そんな彼がふと、「プロスポーツ選手になりたい」と言い出したのです。僕は驚きました。なぜなら彼は、その競技の経験が全くないからです。ス…

人生が、あなたを愛してくれているから、「行き詰り」を用意している

こんにちは。上村です。前回のブログで、「心配」について書きました。 hideburo.hatenablog.com 「感受性は、マイナスではなく、プラスに使っていくべき」というお話をしました。心配ではなく、「気遣い」です。「建設的な方向」が大切です。そもそも感受性…

同じような毎日と思っていても、何年か経って過去を振り返ったら、実は大きく変化している「不思議な人生の力」の話

こんにちは。上村です。多くの人は、「今の自分の立場」を気にしているかもしれません。どんな環境にいるとか、どんな仕事だとか、どんな生活だとか、どんな人間関係だとか、どんな恋愛だとか。しかし、大切なのは、そこではないと思うのです。立場や肩書き…

「すべての道はローマに通じて」いるから、心配しなくていい話

こんにちは。上村です。過去を思い出してください。「回り道」をしたご経験はないでしょうか?実際の道ではなく、「人生の道」のことです。大なり小なり、誰しもあると思うのです。では、回り道が無駄かというと、そんなことはありません。回り道に逸れたこ…

探し求めていたものが見つからず、よく見たら「近く」にあった幸せの話

こんにちは。上村です。こんな言葉があります。『医術は患者を慰めることにあり、自然は病気を治す』・・・ヴォルテール「病気を治すのは医者ではない」というのです。もちろん、治療が無駄とか、そんな意味ではありません。自分の「不調和」から、様々な病…

いつだって、終わりではなく、始まり

プレミアムメールマガジン「サンプル号(1回分)」を、特別公開しています。 興味ある方は継続購読してくださいね。 こんにちは。上村です。「結果」だと思っていることが、実は「始まり」に過ぎないことをご存知でしょうか。「就職活動」をしている人がい…

相手に合わせて自分を変えるのではなく、「自分に合わせて自分を変えていく」話

こんにちは。上村です。「ラスク」という食べ物がありますね。パンを二度焼きしたものですね。表面に砂糖などをまぶしています。カリッとした食感があって、おやつに最適。今回は、この「ラスク」と、「人間の魅力」について語りたいのです。(笑)いったい…

幸せとは、いつも「現在進行形」という話

こんにちは。上村です。今回は、「夏らしい話」をしてみたいです。そう、花火大会。意外性がないですね。(笑)それはともかく、もちろん、単に花火の話をするわけではありません。「花火の哀愁」という人生論。あなたは花火に「哀愁」を感じたことはないで…

「運」とは、得るものではなく、与えるもの

こんにちは。上村です。前回のブログで、「運の話」をしました。 hideburo.hatenablog.com では、どうすれば、「運のいい人」になれるのでしょうか。それは、「運を与える人になる」ということです。 例えば、素敵な人に出会ったら、「自分は運がいい」と思…

「運のいい人になる」本当の方法

こんにちは。上村です。今回は、「運」について考えてみましょう。いったい「運」とは、何でしょうか?何か、予期せぬ「いいこと」が起こることが、運なのでしょうか?僕は、そうではないと思うのですね。一時的にいいことがあっても、それが本当に自分にと…

「終わりは、新しい始まり」という話

こんにちは。上村です。僕は昔、予備校で「進路指導の仕事」をしていたことがあります。その時、こんなことがありました。一人の女子生徒が、勉強の相談に来ました。「頑張っているのに、成績が伸びない」彼女はすっかりやる気をなくしていたのです。「受験…

すれ違いにも意味があるのだから、何も心配しなくていい話

こんにちは。上村です。僕の自宅の近所には、歩いていける距離に、「スーパーが4つ」もあります。気の向くまま、4つのスーパーを、適当に回ったりします。一つで十分ですが、何となく気分転換。これぞまさに、「スーパーマン」このジョークが言いたくて、…

自分を苦しめる人は、自分が成長すれば、いなくなっていく話

こんにちは。上村です。突然ですが、僕の「秘密の教育論」を聞いていただけますでしょうか?(笑)といっても、硬い話ではなく、むしろ「柔らかい話」です。「柔軟性」のお話なのです。 例えば、よくこういうことが言われます。「教師の質を上げよう」と。確…