読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

ビクビクしないで相手と付き合う方法の話

付き合い方

 

こんにちは。上村です。

 

昔のことですが、僕は、こんな出来事に遭遇しました。


職場で、「言い争い」があったのです。


原因はわかりません。


当事者の一人は、興奮したのか、

相手にこんなことを言ったのです。


「君は、いつも偉そうなんだよ」

と。

 

確かに、「上から目線」でモノを言われたら、

気分はよくないかもしれない。


彼ら二人は同期で、同じ年です。

偉そうに言っていた彼も、

別に悪気はなかったのかもしれませんが、

性格的に合う合わないもあります。

 

そして、「上から目線」があるなら、「下から目線」というのもありますね。

 

下から目線」とは、先輩に対してへりくだるというような意味ではありません。

(それは礼儀の話です)

 

「相手を恐れるがあまり、心が萎えて、卑屈な気持ちになってしまう」

ということです。

 

心の話ですね。

 

恋愛でもありますよ。

 

振られることを恐れて、

ビクビクしながら付き合っている。

 

ビクビクして付き合っても、楽しいはずがありません。


また、「下から目線」を悟られまいと、「上から目線」になる人もいます。

 

 

好きな異性にアプローチしていた男性がいました。


しかし一向にうまくいかなかったのです。


すると彼は、今度は、

相手の女性に横柄な態度をとるようになったのです。


その結果、ますます避けられてしまったのですが、

なぜそんなことになったのか?

 

「押してもダメなら引いてみな」みたいな感じかもしれませんが、

こんな作為的なことがうまくいくはずもありません。

 

彼は作為的なことに気を取られて、

相手との間にますます壁を作ってしまったのです。



上から目線も、下から目線も、いりません。

 

必要なのは、「同じ目線」です。



相手に求めてばかりいれば、

上から目線になったり、下から目線になります。


横柄になったり、卑屈になったりすることがあります。


でも、支え合って、寄り添い合っていたら、同じ目線になります。



そんな関係は、きっとうまくいくでしょう。



・今回のまとめ

必要なのは、「同じ目線」です。

支え合い、寄り添い合えば、同じ目線になります。

そんな関係は、きっとうまくいくでしょう。

 

興味を持たれた方は、メールマガジンをぜひご購読ください。

さらに濃密な内容でお届けしています。

1万人を虜にする魅惑のトーク術