読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「落ち着いて」愛される話

 

こんにちは。上村です。 

 

「何をやっても、相手との距離が縮まらない」

と嘆く人がいます。

 

「縮まるどころか、離れていく」

と焦っている人もいます。

 

その悩みは、もちろんわかるのです。

 

でも、そもそも「人間関係とは何か」を考えてみることが大切ではないでしょうか。

 

好意とは、「交互作用」です。

 

特に恋愛でよくあることですが、

感情が高ぶって、相手をひたすら追いかけまくっている人がいます。

 

「好き」という思いはいいのです。

 

それを、焦りやら不安やら心配やら恐れやらで、

複雑な感情にしてしまっているのです。

 

そんなネガティブに、相手がついてこれるわけもありません。

 

何か突飛な行動をして、

相手の注目を引こうとするのも同じです。

 

わざと滑稽なことをしてみたり、

自分が考えてもいないようなことを言ってみたり。

 

卑屈になったり尊大になったり。

 

相手がそれに反応してくれたら喜びます。

 

でもそれは、

本当の意味で関心をもたれているわけではありません。

 

道で大声を出している人がいたら、誰でも注目しますね。

 

別にその人が好きだからではなく、

好奇心で見ているだけです。

 

間違った考え方ではうまくいきません。

 

激情で、「極端な考え方」になっています。

 

自分が相手の立場だったら絶対に嫌がるようなことを、

自分がしていることがあります。

 

恋愛も人間関係も、「相性」があります。

 

相性が合えば仲良くなるし、

それは自然に任せるべきです。

 

そのように割り切った気持ちになれば、もっと堂々としていられます。

 

自分には自分の思いがあります。

 

でも、相手には相手の思いがあるのです。

 

自分にもペースがあれば、相手にもペースがある。

 

感情に振り回されず、もっと理性的になって相手を思いやることです。

 

「これだけ思っているのに、相手は振り向いてくれない」

と悩んでいる人がいます。

 

でもそれは、相手のことを思っているというよりも、

「相手から自分はどう思われているか」を気にしているのではないでしょうか。

 

思いやりとは落ち着いたもの。

愛情とは喜び合うもの。


暗い気持ちで愛していると言われても、困ってしまうでしょう。


もっと明るい気持ちになっていこう。


悩みのない恋愛、悩みのない人間関係などありません。


そう覚悟を決めたら、もっと堂々として、

相手を支えていく自分になっていくでしょう。



・今回のまとめ

悩みのない恋愛、悩みのない人間関係などありません。

そう覚悟を決めることです。

そうすれば、もっと明るい気持ちになっていくでしょう。

 

興味を持たれた方は、メールマガジンをぜひご購読ください。

さらに濃密な内容でお届けしています。

1万人を虜にする魅惑のトーク術