恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる方は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

浮いてしまう人が、「本当の意味で」なじんで愛される話

 

こんにちは。上村です。

 

かなり昔の話ですが、こんなことがありました。

 

職場で、宴会があったのです。

 

その二次会で、

同僚数人と「カラオケ」に行きました。

 

カラオケは通常、時間が経てば経つほど、

盛り上がっていくものですね。


お酒も入って、

周りはどんどんハイテンション。


僕は歌は苦手だし、お酒も飲めません。

なので、おとなしくしていました。


すると、「ある曲」がかかったのです。


当時流行っていた、郷ひろみさんの

ゴールドフィンガー'99』という曲です。

 

盛り上がる曲で、全員が声をそろえて歌い出したのです。


この曲は、振り付けも流行りました。

 

♪ア・チチ・アチ・燃えているんだろうか~

というところで、両手を使って、パフォーマンスをする。

 

歌詞に合わせて、みんな一斉にその振りをしました。

 

なかなかの一体感です。

職場では決して見せない一体感。(笑)

 

しかしながら、そこに一人だけ、

振り付けについていけない人間がいました。


僕です。


恥ずかしかったのです。

 

僕はこのようなパフォーマンスじみたことが苦手です。

 

「みんなやってるのに、恥ずかしがることはないだろう」

と思われるかもしれません。


でも、恥ずかしいのに理屈はありません。

 

宴会芸なども、上司に促されても決してしません。(できません)

 

ところが、そうやって一人違うことをしていると、

必ずツッコンでくる人がいますね。


「どうした上村。君もやれ」と、

同調を求めてくる同僚がいました。

 

こう言われると、余計できなくなるから不思議です。(笑)

 

このように、ささいなことなら、

「場になじめなかったこと」はたくさんあると思います。


遊びの範疇ですから、別にたいした問題ではありません。

 

でも、日常で周囲になじめないと、重い悩みになるかもしれない。

 

ところで、「なじむ」とは何でしょうか?

 

カラオケで一緒にパフォーマンスをすることが

「なじむ」ということなのか?

 

上司のダジャレに笑うことなのか?

 

飲み会で打ち解けることなのか?

 

いずれも、ノーだと僕は思います。

 

もちろん、打ち解けないよりは、打ち解けた方が楽しいでしょう。

 

上司のジョークも、笑ってあげた方が相手も喜ぶでしょう。

 

しかし、大切なのは、なじむというのは、

本質的には「自分自身になじむこと」だと僕は思うのです。

 

「自分自身との折り合い」が大切です。

 

周囲に何とか合わせようとするのに、

心がついていかないことがあります。

 

深刻になると、心を病んだりする。

 

病む前に、もっと「正しい考え方」をすべきなのです。

 

周囲との折り合いに悩むよりも、自分自身と折り合うべきです。

 

自分自身が、心配や焦りや不信や恐怖心に支配されていたら、

何をしても周囲との溝は埋まらないものです。

 

 

例えば、恋愛でもそうですね。

 

「フラれる恐怖」で付き合ってもうまくいきません。

 

心配事はあるかもしれませんが、

それを乗り越える心の明るさ、前向きさが必要です。

 

心配ばかりしている人と付き合っても、楽しいはずがありません。

 

結局、自分のことにこだわりすぎて、

相手のことを考えられなくなってしまったのです。

 

原点に戻ってみましょう。

 

フラれたらどうしようという

「心配」で付き合っているわけではないですね。

 

好きだからという

「愛情」で付き合っているはずなのです。

 

 

「自分自身と調和すること」です。

 

何でもネガティブに考える癖をやめて、

もっと建設的、生産的、前向きな考えをしていくべきなのです。

 

人生は、まさに前向きなものです。

 

それが「調和」ということです。

 

 

・今回のまとめ

なじむとは、「自分自身となじむ」こと。

自分自身と調和していこう。

建設的、生産的、前向きな考え方をしていくことです。

 

 

何をしても愛されないと悩んでいるなら、愛される方法があります。

 

それは、プレミアムメールマガジンに書いてあることを実行することです。