読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「都合の悪いこと」を「都合のいいこと」に変えるたくましい人になる方法

 

こんにちは。上村です。

 

あなたには、こんな経験はないでしょうか。

楽しい気分で、気合が入っている。

そんな時に、誰かが小言を言う。

 

一気にやる気が失せますよね。(笑)

 

楽しい気分の時に、

決まって皮肉なことを言う人がいます。

 

触れてほしくないことを、触れられる時がある。

 

恋愛でもあるでしょう。

 

こちらが機嫌よくしているのに、

相手はなぜか不機嫌とか。

相手の愛想がよかったので喜んでいたら、

翌日は愛想が悪かったり。

いい間柄になったのに、

なぜかその関係を進ませないような出来事が起こることもあります。

なぜでしょうか?

これは、邪魔をされているのではないと思うのです。

 

むしろ、愛情に磨きをかけるきっかけだと思います。

 

好きな人を追いかけて相手が逃げていくなら、

それは自分では愛情のつもりでも、

単に押し付けようとしているだけかもしれない。

 

そこに気付けば、愛情のレベルが上がって、

本当の思いやりが発揮できます。

 

もちろん人間ですから、完璧というわけにはいかないでしょう。

 

相手に、必要以上に求めてしまうこともあります。

 

そんな時は、

「本当に自分は、相手を幸せにしたいと思っているのか」

という心の問いかけに耳を傾ける。


それに答えを出していくことですね。

「YES」と思うなら、

小さなことにはこだわらないことです。


恋愛や人間関係に悩む人は、

相手の態度に振り回されているところがあります。

「今日は機嫌がよかった」「今日は悪かった」などと、

相手のことを考える。

でも、これは相手を思っているのではなく、

自分の気持ちが不安になることを恐れているのです。

大切なことは、相手の機嫌ではありません。

「自分がどうか」が大切です。

迷わず、明るいものを見るべきです。

「暗いものから目を背けろ」

というわけではありません。

 

都合の悪いことがあって、

気分のいい人はいないでしょう。

 

それはそれでいいのです。

 

でも、都合の悪い時こそ、

明るさ、前向きさを発揮するチャンスなのです。

 

それがいっそう試されているのです。

 

もちろん人間関係や恋愛だけではなく、

すべてのことについてそうですね。

 

都合のいいことがあって前向きになるのは、当たり前です。

 

壁がある時こそ、

しっかり「明るいもの」を見ていくことです。

 

暗闇の中を歩いていったら、壁にゴツンとぶつかります。

 

でも、明かりを灯していけば、

そういうことはなくなります。

やがて、「出口」も見つかっていくでしょう。

 

すなわち自分が、「明かりになる」わけです。

 

そうすれば、迷わなくなります。

 

やがて、明るいものが、

たくさん自分の元にやってくるでしょう。

 

 

・今回のまとめ

「壁」は、あなたを鍛えるために必要なもの。

「不都合」こそ、喜ぶべきことです。

 

 

興味を持たれた方は、メールマガジンをぜひご購読ください。

さらに濃密な内容でお届けしています。

1万人を虜にする魅惑のトーク術