読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「自分が輝く場所」を見つける方法

本当の自分を発揮する

 

こんにちは。上村です。

 

前回のブログで、「止揚」という話をしました。

 

「止揚」とは何か?

 

「一つの考えと、それと反対の立場にある考えとを、

新しく一段と高い考え方に調和統一すること」

です。


別に難しい話ではありません。


例えば、失恋後に、新しい人と出会う。

失業後に、より自分に合った仕事につく。


そんなことも、止揚の一種です。


だからといって、

「失恋しよう」「失業しよう」と言っているのではありません。


できればそれはしたくないでしょう。


でも、

「マイナスなことがあっても、それが次につながっている」

ということが大切なのです。


むしろ、都合の悪いことこそ、様々な学びを自分に与えてくれます。


人間関係がギクシャクする。

 

しかしそれは、落ち込むことではありません。

 

時間を置けば、

またタイミングが合う時もあるでしょう。

そう考えれば、焦る必要も、心配する必要もないのです。

 

例えば、会話が苦手な人は、話が途切れることを恐れます。

 

「相手がつまらないと思っているのではないか」

と思う。

 

でも、そんなことはありません。

 

むしろ沈黙を楽しむくらいでないと、

うまくいかないものです。

 

こんなことを考えてみてください。

 

営業マンがいます。

 

営業先でうまく話ができない。

 

「もう営業はしたくない」

と思うかもしれません。

 

でも、話が弾まないくらいでいちいち落ち込んでいたら、

営業どころか何もできなくなってしまいます。

 

僕は、「止揚」の意味をこう考えます。

 

「都合の悪いことは都合のいいことにつながっているんだ」

ということです。

 

そんな人は、決して行き詰ったりはしません。


前向きな人生とは、

いいことばかりある人生と考えてはいけない。


人生ですから、いろいろなことがあります。

暗闇で光が消えたように思う時期もあるでしょう。

でも、「明かり」は必ずあるのです。

自分自身が「明かり」になればいいのです。


そうすれば、「出口」が自然に見つかっていきます。

 

暗闇から出れば、本当に輝く場所です。

 

むしろ暗闇があったからこそ、輝く場所が見つかったのです。

 

あなたの輝く場所を発見する、「必須の方法」です。

 

今回のまとめ

・暗闇があるから、「輝く場所」も見つかる。

・自分自身が明かりになっていこう。

・そうすれば、本当に環境が輝いていくはずです。