読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「時空を超えた」愛される話

真の愛情

 

こんにちは。上村です。

 

 今回は、あなたを「SFの世界」にご招待しましょう。

 

そこで、こんな想像をしてみてくださいね。


今は、「縄文時代」です。

あなたは縄文人として、日夜、

「縄文式土器の製作」に追われています。

すいません。

縄文人が日常で何をしていたのか、イメージが浮かばないので、

適当なことを言いました。(笑)


それはともかく、

あなたは縄文時代に生を受けたのです。

原始的な生活を送っています。

「時計」なんてありません。

日が昇れば活動するし、

日が沈めば眠りにつく。

今が何月何日かもわかりません。

ちなみに、縄文時代は1万年以上も続いたそうですね。

草創期と晩期では、文化に違いがあったでしょう。

それをコマゴマと書いたら、わけがわからなくなるので、

あくまで「原始的社会」とお考えくださいね。


「原始的生活」を送っていたあなた。

そんなあなたに、突如「異変」が起こりました。

何か知らないが、

日本の江戸時代に来てしまった。

あなたは「信じられない光景」にボーゼンとします。

人々は、何やら「わけのわからない絵」(つまり文字)

を使っています。

それで相手と意思疎通をしているのです。

文字がギッシリつまった紙(つまり手紙)を、

「飛脚」という人が、遠くまで運んでいます。

ここにいない人とでも、お互い顔を合わすことなく、

気持ちを伝えることができるのです。

その事実にあなたは驚愕します。

驚愕した瞬間、あなたはまたまたタイムスリップ。

(展開が早いことをお許しください)

 

次に、「平成」(つまり現代)にやってきます。

 

現代は、いっそう恐るべきことが起こっていました。

 

文字がギッシリつまった紙が、

一瞬にして遠くまで行ってしまうのです。(つまりFAX)

それどころではありません。
相手から一瞬で返事がくる。

飛脚なら、送るのに何日もかかります。
返事が返ってくるのに、また何日もかかるのです。

そのやり取りが、すぐにできるのです。

まさに奇跡です。

と思ったら、それどころではなかった。

箱のような物体(つまりスマートフォン)をいじって文字を送ると、

どんなに遠い相手にも、一瞬で文字が送り届けられるのです。(つまりメール)

 

相手からの返事も一瞬。

苦もなく、その繰り返しができる。

しかも、その箱型の物体は、

相手と声のやり取りも自由自在。(要するに通話)

これぞ奇跡と呼ばずして、何と呼ぶのでしょうか?

 

しかしよく考えてみると、現代に生きる我々だって、

メールの原理がわかって使っているわけではありませんね。

どうして文字が、あっという間に届くのか?

考えてみたら不思議です。

インターネットもそうです。

 

検索なんて当たり前にやっていますが、

どうして検索ができるのかよくわからない。

 

原理がよくわからないのです。

 

もちろん原理まで理解している人もいるでしょうが、

大多数はわからないまま使っていますね。

 

不思議なことを、不思議なまま使っている。

しかし何が不思議といっても、もっと不思議なものがあります。

「人間の心」です。


昨日機嫌の良かった恋人が、

どうして今日は不機嫌なのか、よくわからないでしょう。

それは、メールやパソコンより、複雑怪奇です。

「心にも何か原理があるはずだ」と考え、

心理学などをかじってみます。

しかし、それでもさっぱり恋人の気持ちはわからないのです。

「心」というものが一体何か、それもわからない。

 

しかし、「わからない」では、気持ちが落ち着きません。

そこで、わからないものをわかろうとして、悪戦苦闘するわけです。

 

しかし僕は思うのですね。

メールやパソコンの原理がわからなくても、

我々は日常でそれを使っています。

もし、「原理がわかってからパソコンを使おう」と考えたら、一生使えなくなってしまう。


心も同じことですね。

「相手の気持ちがわかってから付き合おう」としたら、

誰とも仲良くなることができません。


「心の奥底でのつながり」こそ、

愛情と呼べるものでしょう。

 

もちろん、恋愛に限らず、その他様々な愛情です。

 

そこには「原理」というものはありません。

理屈で付き合っているわけではないのです。

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

わからないことはわからないなままで、

相手と接すればいいのです。

好きな人の心理を、あれこれ詮索しなくていい。

 

「詮索」と「思いやり」は違います。

 

詮索は、単に相手の気持ちを探っているだけです。

 

相手のことを気にしているというよりも、

その人にどう見られているか、自分のことを気にしているのです。

 

でも、思いやりは、もっと前向きなものです。

 

純粋に相手を思う心情です。

 

純粋な時というのは、人間にとって一番自然な時です。

 

肩の力を抜いたところから、

本当の意味で相手の気持ちを思う自分が生まれるのです。



・今回のまとめ

人を詮索するのはやめて、思いやりを大切にすることです。

肩の力を抜いて接すれば、きっと自然に、相手の気持ちもつかめていくでしょう。

 

 

何をしても愛されないと悩んでいるなら、解決方法があります。

それは、「プレミアムメールマガジン」に書いていることを実行することです。

たった一回でもこれを読めば、あなたの日常が大きく変わっていくでしょう。