恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる方は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

深く悲しんでしまう人が、それを喜びに変えるための話

 

こんにちは。上村です。

 

「人間関係がわずらわしくなる時」

があるかもしれませんね。

 

例えば、苦手な上司から、

「飲みに行こう」と誘われる。

 

これは、かなりわずらわしいかもしれない。(笑)

 

社員旅行も、わずらわしく思う人にとってはそう。

「自宅でテレビでも見ている方がいい」

と思う人もいるはず。

 

だからといって、

「行きたくないので、欠席します」

とも言えないもの。

 

そこで、人間関係をスイスイこなしている人を、

うらやましく感じたりするかもしれません。


人間関係が得意な人と、自分を比べる。

(あの人に比べて、どうして自分はダメなんだ?)

と悩みます。


その前提は、

「自分は人間関係が苦手」

と思っているからですね。


だから他人と比較してしまうのです。


では、なぜ人間関係が苦手と思うようになったのでしょうか?

その「きっかけ」ですね。

実は、「これが理由だ」というものが、

あまりピントこないのです。

 

「いや、そんなことはない。

自分は前に人間関係に失敗した。それがきっかけだ」

と言う方もおられるかもしれない。


でも、日常では、人間関係に失敗することだってあります。

 

「失恋したから恋愛が苦手」

というのもおかしいのです。

 

失恋くらい、誰でもしているものです。

 

決して人間関係の失敗や失恋を

軽く言っているのではありません。

 

本人にとっては大きな問題でしょう。

 

でも、人生は、その種の問題があって当然なのです。

 

もし何の困難も苦労もなく、いつでもどこでもうまくいくとしたら、

そっちの方が変ですし、また本人のためにもなりません。

 

困難が、大きな「学び」を与えてくれるのです。

 

それに、自分で「最悪の状況」と思っても、

他人から見たら「まだマシ」ということもあります。


失恋したから、「恋愛が苦手」ということではありません。

 

人間関係に失敗したから、

「人間関係が苦手」ということではありません。

 

むしろ、自分にとって大きな学びがあることなのです。

 

 

例えば、職場で考えてみましょう。

 

周囲とうまくやっていけない。

(やっぱり自分は、人付き合いが苦手だ)

と思う。


しかしです。

よく考えてみれば、意外な事実がわかるのです。

職場の人間関係が悪くなる以前から、

(自分は人間関係が苦手だ)と思っていた事実です。

 

原因は、もっと昔にあったのです。

では、いつの昔なのでしょうか?

思い出せないですよね。

「子供の時」と言っても、具体的にいつかわかりません。

 

何か具体的なことがあって、

人間関係が苦手になったのではありません。

 

人間関係が苦手だと思うから、

それに合わせたことが記憶に残るのです。

 

「自分は人間関係が苦手だ」という思い込みですね。

それが、具体的な出来事を印象づけてしまう。

 

実際はうまくいったこともたくさんあるのに、

その部分はあまり意識しないのです。

 

悪いことばかり思い出して、自分をそれに規定してしまう。

 

思い込みです。

 

では、どうしてそんな思い込みが生まれるのでしょうか?

 

それは、「ありがちな失敗」を、

「自分だけの失敗」と思い込んだからです。

 

普通の人なら、それほど気にしないようなことを、

「凄い失敗」と勘違いしたから。

 

元来長所である「感受性」が、この場合、裏目に出たのです。

 

感受性とは長所なのですから、

正しい方向にそれを使うべきなのです。

 

もっと、理性的になって、視野を広げることが大切です。

 

「自分だけが辛い」と思い込んではいけない。

 

恋愛でも、相手を必要以上に束縛しようとする人は、

自分のことしか見えていないものです。

 

でも、相手の気持ちになれば、嫌なことをしていることに気づきます。

 

頭に血が上ったら、下げることです。

「理性的」というのは、そういうことです。


・今回のまとめ

誰でも失敗はしているのです。

大切なのは、そこから何を学ぶかです。

理性的になって、視野を広げることが大切です。

 

 

何をしても愛されないと悩んでいるなら、解決方法があります。

それは、「プレミアムメールマガジン」に書いていることを実行することです。

たった一回でもこれを読めば、あなたの日常が大きく変わっていくでしょう。