恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

他人と比べるのをやめたら、自分の個性がわかってくる話

 

こんにちは。上村です。


あなたは、こんなことを考えたことはないでしょうか?

「個性って何だろう?」と。

「自分の個性とは何か?」と、

疑問を持つことがあるかもしれません。

いったい「個性」とは何でしょうか?

誤解があるのは、個性を、

「何か変わったことをする」というように考えていることです。

「人と違うことをすればそれが個性だ」

などと考える。

でも、そういう意味ではありません。

もちろん、「人と同じことをするのが個性」ということでもありません。

 

要するに、他人と比べている時点で個性でも何でもないのです。

個性は「比較を越えるもの」です。

 

何か特殊な技能とか、

それも個性と関係がありません。

本当の意味での「個性的」とは、

そんな表面的な技能のことではないのです。


もっと深い部分のことです。

個性とは、「本当の自分」であると考えます。

偽の自分ではなく、本当の自分。

 

では、本当の自分とは何でしょうか?

 

職場で、上司に注意されている自分は、本当の自分なのか?

学校で、教師に叱られている自分は、本当の自分なのか?

好きな異性を追いかけている自分は、果たして本当の自分なのか?


もちろんそれも自分には違いありませんが、

本当の自分は、もっと深いところにあります。

本当の自分とは、そんな上司や教師に怒られたくらいで、

クヨクヨしている自分ではないのです。

異性にすがりつこうとする自分も、本当の自分ではありません。

本当の自分とは、もっと堂々としています。

自分の心にとってプラスになることは、

すべて「本当の自分の属性」です。


前向き、勇気、思いやり、愛情、落ち着き、親切、優しさ、明るさ、希望、誠実、素直、調和・・・

これらはすべて、本当の自分です。

したがって、これらと「逆のこと」は、本当の自分ではありません。


後ろ向き、臆病、利己主義、憎しみ、焦り、冷酷、暗さ、絶望、無責任、ひねくれ、歪み・・・

これらは偽の自分です。

偽の自分が表面に出れば、自分自身が困ることになります。

心が荒んで、日々が辛くなります。

中には、それさえも気付かなくなって、

偽の自分が本当の自分だと思い込んでいる人もいます。


そんな人はどんどん暗闇に自分を追い込んでいます。


人生論というのは、いたって単純です。


「本当の自分を取り戻そう」

ということです。


そうなのです。


本当の自分が根幹にあるので、それを取り戻すことです。


ところが、複雑な環境に飲み込まれて、素朴さを忘れ、

偽の自分が顔を出します。


でも、逆に言えば、偽の自分が顔を出した時こそ、

「本当の自分に気付くチャンス」なのです。


素朴な自分こそが、個性です。


心にとってプラスのことが、本当の自分であり、本当の個性です。


世間で言われているような「個性的」とは、意味が違います。


小さな自分へのこだわりを離れたところに、

本当の自分、本当の個性が光っているのです。


小さな欲を捨てたところに、

本当の自分の願望が見えてきます。


それが、自分の心を軽くして、

「隠れた潜在力」を発揮できるようになります。

 

本当の個性とは、何があってもくじけず、

明るく前を向いて歩む自分自身の姿とも言えるでしょう。


・今回のまとめ

小さな自分へのこだわりを離れれば、本当の自分、本当の個性が光ります。

心にとってプラスのことが、本当の自分であり、本当の個性です。

 

 

何をしても愛されないと悩んでいるなら、解決方法があります。

それは、「プレミアムメールマガジン」に書いていることを実行することです。

たった一回でもこれを読めば、あなたの日常が大きく変わっていくでしょう。