読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

仲良くなりたいなら、「待つこと」を知るべき

付き合い方

 

こんにちは。上村です。


「立ち直りのプロセス」というものがあります。


何かショックなことがあった時、

「ショックから立ち直るプロセス」を知れば、

心を和らげていくことができます。

 

例えば、信じていた人に裏切られたとしましょう。

 

もちろん、ショックなことでしょう。

 

しかしそれは、時間が経つにつれ、

徐々にですが、事態を受け入れる気持ちに変化していきます。


忘れることができなくても、

少しずつ明るい気持ちを取り戻していくのです。


大切なことは、今辛くても、それは

「時間が少しずつ癒してくれる」

という真理を知ること。


正しい知識は、正しい人生を歩ませてくれます。

 

もちろん受けたショックの度合いに応じて、

癒され方も違ってくるでしょう。

 

比較的短期に立ち直る人もいれば、

長い時間がかかる場合もあります。

 

上がったり下がったりもあるでしょう。

 

ただ、心には、ダメージを回復する力があります。

 

それは、上がったり下がったりしながら、

徐々にダメージを和らげていきます。

 

その力に素直に従っていけば、

だんだん明るいものを見ていくことができます。

 

恋愛でもあるでしょう。

 

好きな人との会話がギクシャクする。

相手がそっけないのです。

 

あなたは、会話を継続しようと焦る。

しかし相手はますますそっけなくなっていきます。


こういう場合、無理して話をしようとしても、

うまくいかないものです。

 

相手にだって機嫌があるし、

「いつも機嫌よく」というわけにもいかないかもしれない。

 

時間が経てば、また雰囲気も変わるでしょう。


相手がその気になるまで

「時間を置けばいい」のです。

 

無理に絡む必要などありません。

 

ところが、その「待つ」ということができない人がいます。

 

相手の心を無理にこじ開けようとするのです。

 

しかしそれは、

相手の心をますます閉じさせていくことになります。

 

例えば、相手の歓心を買おうと、

誰かの悪口を言ったりすることがあるかもしれない。

 

共通の上司の悪口とか。

 

それで、お互いの距離を縮めようとするのです。


こういうのも、

「相手の心を無理にこじ開けようとする行為」です。

 

若い頃に読んだ恋愛本の中に、

「共通の上司の悪口を言って、お互いの一体感を芽生えさせよう」

みたいな話があった。(笑)


考えてみれば、むちゃくちゃな話です。

他人の悪口で結びつくような関係が、

本当に長続きするはずもありません。


「悪口で仲良くなろう」というのは違います。


一時しのぎを考えると、

こういう行為に走ったりすることがあります。

 

一時的な歓心より、長期的な信頼です。

 

人間関係とは、もっと長期的なものですね。

 

焦らず、落ち着いていきましょう。

堂々として、明るい態度を維持すること。

視野を広げていくことです。

 

そうすれば、きっと物事は、

ちゃんとしたところに落ち着いていくでしょう。

 

 

・今回のまとめ

一時的な歓心ではなく、「長期的な信頼」を得よう。

そのためには、もっと落ち着いて、堂々として、前向きになることです。

 

 

プレミアムメールマガジンに書いていることを、

即実行してみてください。


愛されない悩みは、ウソのように消え、

あなたの日常に、画期的な変化が生じることでしょう。