読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

いい結果を引き起こす「いい原因」の法則

逆境こそが順調の道

 

こんにちは。上村です。

 

突然ですが、「推理小説」には、

大きく分けて、2つのパターンがあるそうですね。

 

一つ目は、いろいろな推理を重ねて犯人にたどり着くパターン。

これは普通ですね。

 

シャーロック・ホームズも明智小五郎も金田一耕助も、

人間離れした観察眼で犯人を特定していきます。

 

架空の人物ですから、人間離れしているのは当然です。(笑)

 

小説の最終局面で、刑事(探偵)が、

「○○さん、あなたが犯人です」

と指摘する。


それで読者は、(この人が犯人だったのか)とわかるのです。

 

では、もう一つのパターンとは、何でしょうか?

 

それは、

「最初から犯人がわかっている場合」

ですね。


犯人側から、ストーリーが始まります。

 

読者は、すでに結果を知っています。

 

その犯人を、どうやって特定していくのか・・・

そのプロセスに、興味の力点が置かれます。

 

二つ目のパターンは、書く方にとっては相当難しいはず。

読者は、「結果」がわかってるのですから。

 

犯人に行き着く過程で、少しでも矛盾があったら、読者はわかる。

 

結果がわかっているということは、

読者の目線もシビアになります。


結論を知っているのと知らないのとでは、

ずいぶん「眼力」が違ってきますね。

結果から逆算すれば、物事はよく見えます。

 

「あの時、ああいうことをしたから、ダメだったんだ」

「あの時、ああすればよかった」

 などです。

 

もちろん、振り返ったらはっきりわかっても、

「その時はわからなかった」のです。


人間は、未来を見通すことなどできません。

では、どうしたらいいのでしょうか?
失敗するのもやむをえないことなのでしょうか?

この、「失敗」というのがポイントですね。

誰しも失敗は嫌でしょう。

しかし、今失敗だと思っていても、

未来になってそうだとは限らないのです。

むしろ、手痛い失敗が、

未来には実は「成功」だったとわかることがあります。


例えば、「辛い別れ」を経験した人の中で、

奉仕精神に目覚める人がいます。

その辛い経験が、自分の心の中にある

「本当の愛」に気付くきっかけになったのです。

愛とは、こだわりではなく、

もっと自由なものであることを知ったのです。

束縛ではなく、支え合いであることを知ったのです。

もっと言えば、人生で苦労した人は、

人生を「表面的な幸せ」で判断しなくなるでしょう。

もっと大切な、もっと本質的な、

「内面的な部分」に比重を置くようになるはずです。


挫折の辛さを、「本当に大切なこと」に気付くきっかけにするのです。

悪い結果というのは、それなりの「原因」があります。

気持ちを入れ替えて、いい原因を作っていくなら、

それはどこかでいい結果になって現れるでしょう。

自分にとって何か悪いことがあったなら、

「自分の態度や考え方を見直す一つのチャンス」です。

 

それが、いい原因を作っていくことになります。

 

・今回のまとめ

「都合の悪いこと」は、自分の態度や考え方を見直す一つのチャンス。

いい原因を作っていけば、いつか「いい結果」になって現れるでしょう。

 

 

何をしても愛されないと悩んでいるなら、解決方法があります。

それは、「プレミアムメールマガジン」に書いていることを実行することです。

たった一回でもこれを読めば、あなたの日常が大きく変わっていくでしょう。