恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「自意識」は、ビクビクするためにあるのではなく、「自分を役立てていこう」とするためにある

 

こんにちは。上村です。

 

僕は若い頃、「不思議な経験」をしたことがあります。

 

不思議といっても、日常の話です。

人間関係のこと。

 

若い頃の僕は、

「謎の出来事」が多発していたのです。

 

例えば、職場の同僚と話をする。

 

すると、なぜか相手が不機嫌になることがあった。

 

気に障ることを言ったわけでもないのです。


日常会話なのに、

なぜか相手がイライラしてくるのです。


(自分のいったい何が、相手を怒らせるのか?)

と悩みました。


怖い顔をしていたわけではありません。

「微笑みの貴公子」と言われていたくらいなので。

(ジョークが冴えません)

冗談はともかく、今となってその理由はよくわかる。

頻繁にそういうことがあったので、相手の原因ではないでしょう。


じゃあ、僕の責任か?
自分の何がいけなかったのでしょうか?

 

よく考えてみて、わかったことがありました。

 

僕は、相手に対して、

「過度の恐怖心」を抱いていたのですね。

若い頃の僕は、何かにつけてビクビクしていたのです。

 

「こんなことをしたら怒られるのではないか」

「笑われるのではないか」

「フラれるのではないか」

 と怯えていた。

 

昔の僕が、相手をすぐに怒らせてしまったのは、

自分の中に「恐怖心」があったから。

 

それが相手に伝染して、

相手をイライラさせてしまったのでしょう。

 

もちろん僕の恐怖心は、何の根拠もないものです。

自意識過剰になっていただけです。

 

当たり前ですが、別に相手は自分を迫害しようなどと思ってはいない。

 

自分で勝手に、

他人に馬鹿にされてはいけない」と思って、

力んでしまっていたのです。

 

自意識過剰から、「過剰防衛」になっていたのですね。

 

では、僕はどうしたらよかったのでしょうか?

 

「普通」でよかったのです。

 

肩肘を張らず、

ありのままの自分を見てもらえばそれでよかったのです。

 

すべての人に好かれようとか、尊敬されようとか思っていたら、

自分が疲れてしまいます。

 

かえって、自分のよさが発揮できなくなってしまう。

 

もっと普通でいいのです。

 

自分をよく見てもらおうとか、

実際以上にできる人間に思ってもらおうとか、

すべて余計なことです。

 

自分は自分以外の何者でもありません。

 

自分には、自分の長所があります。

それを深く掘って、役立てていけばいいのですね。

 

他人からどう見られようと、それはいいのです。

「自意識」をもっと正しい方向に使っていくべきです。

 

そうすれば、きっと、今の状況がもっとよくなっていくでしょう。

 

 

・今回のまとめ

「自意識」は、怯えるためにあるのではありません。

「自意識」は、自分を役立てていこうとするためにあります。

 

 

恋愛や人間関係の悩みを本気で解決したい方は、読んでみてください。

『「1万人を虜にする魅惑のトーク術プレミアム」~あなたの愛を実現する方法~』

たった一回のメールマガジンを読んだだけで、「本一冊」を読んだくらいの価値ある内容になっています。

 

今なら、プレミアムメールマガジンを購読申し込みした方に、

『以心伝心を実現する目からウロコのBOOK』

をプレゼントしています。

 

※E-BOOKは期間限定配布ですので、期間内にお申込みくださいね。