読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

自分の周囲に「穏やかさ」を集める方法

 

こんにちは。上村です。


前回のブログで、僕の若い頃の「不思議な経験談」をしました。

 

僕が話すと、相手が怒るという。(笑)

そういうことが、実に度々あったのです。

 

いったい、その時の僕に、何があったのか?

 

つまりこういうことですね。

 

僕は、周囲に対して、

過剰な恐怖心を抱いていたのです。

その恐怖心は、たぶんに「怒りの要素」を持っていました。

「僕をこんなにビクビクさせて、あなたたちはケシカラン」

と思っていたわけです。


それが相手に伝わって、相手を怒らせてしまった。

 

これが真相と思われます。


では、僕はどうすればよかったのでしょうか?

簡単です。

「普通」にしていればよかったのです。

 

恐怖心は、被害妄想といっていい。

 

集団の横を通り過ぎる。

するとその集団がクスクス笑い出す。


(自分のことを笑っているのか)と思うのは、被害妄想ですね。

 

もし万が一、本当に笑われていたとしても、

別にたいしたことではありません。

 

自分だって、ひょっとしたら他人のことを笑うこともあるかもしれないし、

お互い様なのです。

 

過剰防衛になっている人ほど、

自分が攻撃をしていることには気がつかないものです。

 

例えば、こんなことを考えてみてください。

 

海外旅行へ行ったとしましょう。


現地でタクシーに乗りました。

ところが、「運転手の態度が悪い」のです。

気分を害します。

帰国して、後で思い出し、「あの国の人間は不親切」と思う。

これは明らかに、「偏見の一種」ですね。

たまたま不親切な人に遭遇しただけです。

不親切な人など、どこの国にでもいます。

 

態度の悪い運転手も、どんな国にもいるでしょう。

 

一人の態度が悪いからといって、その国全体が悪いと考えるのは、

明らかに感情の飛躍です。


恐怖心にしても怒りにしても、この「飛躍」があるのです。

一つの感情を、実態より大きくしてしまうのです。

 

感情は周囲に伝わっていくものです。

 

歪んだ思いは、他人の歪んだ部分を刺激するもの。

 

ここで、大切なことがわかります。

相手の態度は、「自分の鏡」のような側面があります。

相手を怒らせたければ、こちらも怒ればいいわけです。

怒りは伝染しますから、

自分の態度が相手の態度に反映する。


同じように、相手を穏やかにするには、自分がまず穏やかになればいい。

 

調和を愛する人の周りには、「調和を愛する人」が集まります。

「いいもの」をお互いが共有していくことです。

 

考えてみれば、簡単なことですね。

 

でも、簡単だからこそ、かえってそれを忘れてしまうことも多いのです。

 

 

・今回のまとめ

いいものを発信し、受信していく。

それが「いい関係」です。

 

 

恋愛や人間関係の悩みを本気で解決したい方は、読んでみてください。

『「1万人を虜にする魅惑のトーク術プレミアム」~あなたの愛を実現する方法~』

たった一回のメールマガジンを読んだだけで、「本一冊」を読んだくらいの価値ある内容になっています。

 

今なら、プレミアムメールマガジンを購読申し込みした方に、

『以心伝心を実現する目からウロコのBOOK』

をプレゼントしています。

 

※E-BOOKは期間限定配布ですので、期間内にお申込みくださいね。