恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

あなたの願望がいいことを引き寄せるのではなく、あなたの波長がいいことを引き寄せる

 

こんにちは。上村です。


今回は、「季節外れの話」をしたいと思います。

(でも、最後まで読んでいただければ、

「季節外れではない」ことがおわかりいただけると思います)

僕は幼い頃、「サンタクロースは本当にいる」と思っていました。

クリスマスには、プレゼントを持って、

各家庭を訪問していると思っていたのです。

でも、僕の家には、ついぞ来ない。

家族からのプレゼントはありました。

どうしてわかったかというと、寝ている時に薄目をあけて、

プレゼントを置いてくれるところを見たからです。(笑)


ところが、サンタからは一向に何もありません。

そこで僕は、幼いながらこう考えた。

(サンタクロースは一人しかいないから、

世界中の家庭を、隅々まで回ることはできないんだ)

いわゆる人手不足ですね。(笑)

そう考えれば、僕の家にやってこないのも、納得できます。

おかしな空想ですが、その時は結構真面目だった。

サンタクロースというロマンチックな話を、

「人出不足だから来れない」という現実的な事情で考えたところに、

この話の趣があります。

 

それはともかく、僕はあなたに質問がしたいのです。


本当にサンタクロースはいないのでしょうか?

「いい年して、何言ってんの」と思わないでくださいね。

これは真面目な質問。


「いるわけない」とおっしゃるでしょう。


確かにそうですね。


サンタクロースを「物体」で考えたら、そんな人はいませんね。


コスプレのサンタクロースはいます。

でも、それは、本物のサンタではありません。

物体で考えたらその通り。


でも、物体ではなく、「精神」で考えたらどうでしょうか?

 

例えば、自分に思いがけない幸運が訪れたとします。


小さいことでもいいのです。

好きな人が、自分に微笑みかけてくれた。

小さいことですが、

当人にとっては、「夢心地」かもしれない。

まさに、「小さなサンタがやってきた」みたいな感じ。

もちろん、仕事でも、家庭でも、人間関係でも、

何でも、そういうことがあります。

「小さなサンタ」くらいなら、いつでもどこでも、

頻繁に自分の下を訪れているのです。

クリスマスを待つ必要はありません。

四六時中、サンタは待機して、あなたの下を訪れようとしている。

ところが、

「どうしてサンタは来てくれないんだ」と文句ばかり言っている人を見たら、

たぶん「行く気」が失せるに違いないのです。

やはり「歓迎してくれる人のところに行きたい」と思うでしょう。

 

受け入れ態勢ができていないと、相手は来てくれないのです。

サンタに問題があるのではなく、

「自分の受け入れ態勢」に問題があるというわけです。

何でもそうですが、「波長に合う人のところ」行きたいものです。

サンタが好きなのは、きっと自分に似た人。

波長が合うからですね。

「早くプレゼントをもってこい」という波長を流している人の下には、引きつけられない。


考えてみれば、当然ですね。

粗暴な人に周囲には、粗暴な人がいるのと同じです。

「粗暴」という波長が合うから。

そういうものに感染した人が、引き寄せられているのです。

自分の態度がそうしてしまっている。

当然ですが、それでは幸せになれません。

幸せになりたいと言いながら、

「幸せにならないもの」に感染している人が多いのです。

★もっといいものに感染していこう

「いいもの」とは、言うまでもなく、

自分の気持ちが落ち着いて、希望が湧いてくるようなものですね。

探せば、いくらでもありますよ。

そうすれば、やがて「愛を引き付ける体質」になっていくはずです。

ここでの「愛を引き付ける」とは、

表面的な意味ではなく、もっと深いものです。

キャーキャー言われて、あっという間に忘れ去られていくような、

そんなものではありません。

もっと深い、「本当の愛情」のことです。

サンタに来てほしいなら、自分自身が「サンタ体質」になればいい。

もちろん、モノをあげるという意味ではありません。

精神的に心地いいものを「プレゼント」できるような、そんな体質です。


・今回のまとめ

「精神的なサンタ」は、いつでも、ふさわしい人の下へやってくる。

「いいもの」に感染していく姿勢こそ、「サンタ体質」です。

 

 

恋愛や人間関係、人生の悩みを本気で解決したい方は、読んでみてください。

『「1万人を虜にする魅惑のトーク術プレミアム」~あなたの愛を実現する方法~』

たった一回のメールマガジンを読んだだけで、「本一冊」を読んだくらいの価値ある内容になっています。

 

8月号も、実に重要なことを書いていきますよ。