読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

愛情を発揮するのに、しつこく追いかけ回す必要など、まるでない話

 

こんにちは。上村です。


あなたに好きな人がいるとします。

その人と仲良くなりたいと思っています。

 

様々なアプローチをするけど、

相手との関係が一向に進展しないとしましょう。

理由は何か?

 

「アプローチの意味」を間違えているわけですね。

 

真のアプローチ(それをアプローチと表現していいかどうかわかりませんが)とは、

他人に手を差し伸べることです。

 

しつこさとは無縁なのです。

 

本質的なものを見失うと、

どんどんしつこくなっていく。


そうしないと不安だから。

関係が進展しないことは明白なのに、やめられないのです。


「やめられない、とまらない」状態になってしまう。

そこで、心機一転。

しつこさから離れます。


今までは、「相手にからんでいくこと」で、相手の気持ちをつかもうとした。


その考えを捨てるのです。

自分自身を見直すのです。

視点を、「自分」に変えてみる。

自分の価値が高まれば、自然に状況も変わっていくでしょう。

 

「自分の価値を高める」といっても、高慢になることではありません。

見栄を張ることでも、自慢することでもありません。

 

もちろん、わがままという意味でもありません。

 

その「逆」です。

 

ここでの価値とは、「真に価値あること」です。

 

思いやりであり、愛情です。

 

相手を思う気持ちと、自分のアピールを勘違いしてはいけません。

 

それはアピールのためにあるのではなく、

「自然に発揮するため」にあります。

 

人から見えていようが、見えていまいが、別に関係はありません。


あなたから見て、「価値ある人」とは、どんな人かを考えればいいのです。


ひたすら誰かを追い掛け回しているような人に、

あなたは価値を覚えるでしょうか?

答えは、NOですね。

 

それよりも、人を支えようとする人に価値を見出すのではないでしょうか。

 

例えば、あなたに、好きな人、信頼している人、尊敬している人がいるとしましょう。

 

なぜ好きなのか?

相手の何が信頼できるのか?

それを考えてみる。

そこで、答えが見つかれば、自分自身が、同じような特徴を身につけるよう、意識してみるのです。

相手は、追いかける対象ではなく、「自分自身を映し出す鏡」です。

 

相手を鏡にして、それを自分に応用するのです。

 

他人の魅力に振り回される自分は、終わりにしましょう。

 

その魅力(「本当の意味の魅力」です)を、

あなたが身につける番です。

 

思いがけない愛情が、自分の周りにたくさんあることに、きっと気付くはずです。

 

 

・今回のまとめ

相手を鏡にして、自分自身を高めていこう。

アプローチの対象は「自分自身」です。

自分の中にある、価値あるものに気付くことです。

 

 

恋愛や人間関係、人生の悩みを本気で解決したい方は、読んでみてください。

『「1万人を虜にする魅惑のトーク術プレミアム」~あなたの愛を実現する方法~』

たった一回のメールマガジンを読んだだけで、「本一冊」を読んだくらいの価値ある内容になっています。