読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「忘れ去られることはない」話

 

こんにちは。上村です。


あなたは、「若く見られたい」と思うことはないでしょうか?

 

「自分が何歳くらいに見えるのか」

気になるかもしれません。

 

そういえば、僕は中学生の時、ある先生に、

「お前は大人になったらフケるぞ」と言われたことがあります。

 

デリカシーに欠ける人は、いつの時代にもいるものです。(笑)

 

ところで、どうして、我々は、そんなに若く見られたいのでしょうか?

 

「若い方がモテるから」「魅力的に感じてもらえるから」

だから「若くありたい」と思うのかもしれません。


ではもし、「年をとればとるほどモテる」そんな世の中だったら、

どうなるでしょうか?


「10歳フケて見られたぞ。やった」

となるかも。


それはともかく、「年齢感覚」というのは、時代によってずいぶん違うものなのです。

江戸時代だったら、20歳が、

今でいうところの30~35歳くらいの感覚だったそうです。

それでいくと、はるか未来には、会社の定年が、80歳くらいなったりとか。


60歳くらいでも、まだ会社で、「青二才が」と上司に注意されているかもしれない。(笑)

 

まあ、そこまではともかく、

昔に比べれば、年齢感覚もずいぶん違ってきています。

 

にもかかわらず、現代人は、なぜかますます時間に敏感です。

「ムダな時間」を恐れるのですね。

 

「カップラーメンの3分」を、待てない人がいます。(僕です)

1分30秒くらいで食べようとして、硬くて食べれなかったりします。

 

自分より年下の人が結婚したら、急にあわててしまう。

 

ちょっとしたことで、自分を必要以上にせきたててしまうのです。

 

我々の感覚は、ますます忙しくなっているのですね。

 

ところが、「ムダな時間を恐れる人」が、

結構時間をムダにしている場合もあるので、ややこしい。

 

信号待ちがイヤで、裏道ばかり走っているドライバーが、

結果的に、3分くらいしか節約できていないことだってあります。

昔の同僚にもいましたね。

営業先に、1分でも早く着こうと、裏道の開拓に熱心なのです。

でもその割には、

昼休みに「漫画喫茶」で2時間くらい時間を潰している。

漫画喫茶にいる時間を短縮したら、もっと余裕で営業回りができます。

 

恋愛にもありますね。

「無駄な時間」を恐れる心理です。

 

好きな人に会っていないと、不安になる。

「とりあえず絡もう」と思ってしまう。

 

しつこい絡み方をして、相手に敬遠されたりするのです。


もっと堂々としていればいいのに、それができないのです。


結局、「焦り」が原因です。

焦れば焦るほど、自分が空回りして、独り相撲になる。


もっと落ち着くことです。


何も逃げやしないし、損をすることもありません。

短時間で成し遂げたからいいわけでもないのです。

むしろ本当に大切なことは、時間がかかるものです。

一気よりも、「少しずつ」でいいのです。

 

「少しずつ」の価値を知れば、もっと心に余裕が持てるでしょう。

 

その方が、心の縛りがなくなり、思うように動くことができるでしょう。

 

 

今回のまとめ

忙しい時ほど、落ち着くこと。

大切なことは、「少しずつ」到達していくものです。

 

 

大好評のプレミアムメールマガジンです。

このメルマガを読み逃したら、きっと後悔すると思います。

なぜなら、愛を実現するために、「本当に重要なこと」が書いてあるからです。

foomii.com

 

※ご好評につき、配布期間を延長しました。

プレミアムメールマガジンを購読申し込みした方に、

『以心伝心を実現する目からウロコのBOOK』

をプレゼントしています。