読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

愛している人と「長続きする関係」を作っていく話

付き合い方

 

こんにちは。上村です。


前回のブログで、

「素直な生徒を求めていた教師」の話をしましたね。

しかし、欲すれば欲するほど、そんな生徒は見つからなくなります。

素直さは、外にはありません。「自分の中」にあります。

求めるのではなく、自分が発揮していくべきなのです。

教師なら、日々自分が、素直に努力して、生徒との信頼関係を作る。

その結果、初めて「耳を傾けてくれる生徒」が現れます。

(ここでの「耳を傾ける」とは、上辺ではなく、「心から」という意味です)

「言うことを聞かせよう」としても、そんな風にはならない。

押し付けでは、結局挫折します。

「生徒は、先生の言うことを聞くべき」というのは、あくまで自分がそう思っているだけです。


これでは行き詰って当然。

「理想」と「現実」を混同してはいけない。


自分の理想に他人が合わせてくれないと、他人を批判し出す人がいます。

こうなると、ますます誰からも信頼されなくなっていく。

悪循環ですね。


僕自身、昔、予備校で進路指導をしていて、そのことに気が付きました。

反省して、自分の理想を生徒に押し付けるのをやめたのです。

僕は、遅刻や欠席が多いことで、「あの担任、何をやってるんだ」と非難されることが怖かったのですね。

自分中心になっていたのです。

そんなことで、生徒から信頼されるわけがなかったのです。


ところで、これは恋愛や人間関係でも同じですよ。

相手のことを考えているようで、実は「自分の理想」を押し付けようとしているだけの場合もあります。

そこを改めて、相手の意思を尊重できるようになれば、もっと関係はよくなっていくはずです。

好きな人と、一心同体になろうとしても、それはできません。

相手には相手の意思があり、自分には自分の意思があります。


「自分がこう考えているのだから、あなたもこう考えるべきだ」というのは、違うのです。


また、「あなたがこう考えているから、自分も同じように考える」というのもおかしいのです。


そんな押し付け合いでは、結局うまくいきません。

押し付けではなく、寄り添いです。

押し付けではなく、支えることです。

もし相手が間違った考えを持っていても、聞く耳持たずでハナから否定すれば、ますます相手は頑なになるでしょう。

でも、意思を大切にしながら、その上でお互いが「よりいいもの」に向かっていこうとするなら、その関係はかけがえのないものです。

何事も「自覚」が大事。

お互いが自覚を大切にしながら寄り添い合っていくのが、長続きする関係なのです。

そんな関係は、お互いが刺激し合って進歩していくことができます。

当たり前ですが、主従関係のようになってはダメです。

そこで、お互いの成長はストップします。

「上意下達」「先輩の言うことは絶対」「黙ってついて来い」といった関係を、個人に持ち込めば、その結果は決していいものにはならないでしょう。

自分の個性も、相手の個性も認めることです。


・今回のまとめ

お互いが「自覚」を大切にしながら寄り添い合っていく。

それが長続きする関係です。

そんな関係は、お互いに進歩していくことができます。

 

 

僕の「プレミアムメールマガジン」です。

 

「今まで何をしても、愛の悩みが解決しなかった」

そんな人のために書きました。

 

「愛とはシンプルなもの」

この言葉にピンときた方は、もうほとんど解決したようなものです。

 

このプレミアムメールマガジンを読めば、その意味がわかります。
実践方法がわかります。

 

今まで、1万人以上の愛情問題を解決してきた、

「究極の解決方法」です。

 

愛に悩む人は、一時的な間に合わせではなく、

「究極の方法」を実践してほしいのです。

 

誰にでも、今すぐ、それだできます。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、たった1回でもいいので、

このプレミアムメールマガジンを読んでみてください。

 

今がチャンスです。