読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

嫉妬を乗り越えて、本当に愛し愛される話

付き合い方

 

こんにちは。上村です。


あなたは、好きな人を「試した経験」はないでしょうか?

『愛情を確認したくて、相手の気持ちを試す』

みたいなことですね。

「一度もそんなことをしたことがない」

という人は、いないのではないでしょうか?

相手の心の中まではわからないので、何とか愛情を確認したい。

そこで、相手を嫉妬させようとします。

わざと遠ざかってみたり、別の異性と仲良くしてみたり、とか。

それで嫉妬してくれたら嬉しい。

自分への愛情を確認できて満足します。


そういえば、かつてこんなことがありました。

僕の家では、犬を飼っていたのです。

隣の家も、犬を飼っていました。

たまたま、隣の犬が、柵に近付いてきたので、手を伸ばして頭を撫でてあげました。

しばらくそうしていたら、

我が家の愛犬が、血相を変えてワンワン吠えたのです。

驚きましたが、妙に嬉しかった。

だって、愛犬が嫉妬してくれたのですから。(笑)

犬の嫉妬ならかわいいものですが、

人間同士の嫉妬となると、そうとばかりも言ってられません。

相手を嫉妬させようとする。

でももし、思ったように嫉妬してくれなかったら、どうなるでしょうか?

落ち込むかもしれない。

「やっぱり自分は愛されていない」と思うかもしれない。


でも、よく考えてみてください。

首尾よく相手が嫉妬してくれたとして、それがいったい何だというのでしょうか。

嫉妬にもいろいろあるのであって、愛情から起こる場合もあれば、その他の要因の場合もあるのです。


嫉妬で愛を測るのは、測り方を間違えていますね。

それに、しばらくしたら、また愛情を確認したくなってくる。

そこでまたまた嫉妬させようとする。

でも、そう都合よく嫉妬してくれません。

結局、「嫉妬をさせる」などという姑息な行為をしていたら、ますます状況が悪くなるのです。

そもそも、「嫉妬してくれたから自分を愛している」というのは、必ずしも正しくないのです。

嫉妬もいろんなパターンがあるので、それを愛を測るバロメーターにしたら、しっぺ返しを受けることがあります。


「嫉妬する」「嫉妬させる」みたいなことを考えていると、ますますその関係に自信がなくなっていきます。

また逆に、「嫉妬させるようなことをしたら嫌われるのではないか」と、過度に気にする人もいます。

これもまた、嫉妬を過大評価(変な言い方ですが)しています。

嫉妬で愛情を測るのではありません。

思いやりを発揮し合っていくことが大切です。

当然のことですが、えてして感情が先走ると、歪んだアプローチ、歪んだ愛情確認をしようとします。

軽い嫉妬くらいならともかく、重くなったら関係もおかしくなります。

相手との間に壁を作ってしまいます。

複雑になってはいけないのです。

「もっと素朴に、もっと素直に、もっと明るく、もっと落ち着いて、もっと前向きに」

それが愛情の本質なのですから。


・今回のまとめ

嫉妬で愛情確認はできません。

真の愛情とは、素朴で、素直で、明るく、落ち着いて、前向きなものだから。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」です。