読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

過去はこだわるものではなく、生かすもの

逆境こそが順調の道

 

こんにちは。上村です。


突然ですが、あなたや僕には、「予知能力」があるのをご存知でしょうか?

あなたや僕だけではなく、全ての人にそれはあるのです。
今から、それを証明してみましょう。

例えば、僕は、今あなたが何をしているのか、言い当てることができますよ。

それは、

 

 

「このブログを読んでいる」

 

 

いやいやこれはジョークです。(笑)



でも、正解は正解ですね。


あなた自身も、普段から、予知能力を働かせています。

意識していなくても、それは働いているのです。

例えば、ランチを食べに、外に出かける。

(あの店は混んでいるかもしれないので、やめておこう)
と思います。

これも、一種の予知。

実際に行かなくても、混んでいることがわかったのですから。

昼食に、「ごはんおかわり自由」の店に行きます。

おかわり自由だから、もう一杯食べたい。

しかし待てよ。

これ以上食べたら、お腹一杯で、午後の活動にさしつかえるのではないか。

そう思い、踏みとどまります。

これも予知能力ですね。

何を予知したのでしょうか?

午後から、満腹で「能率さっぱりの自分」を予知したのです。

だから、必要以上に食べるのやめたのです。


こんな例はどうでしょうか。

好きな異性を食事に誘います。

しかし、相手の顔を見たら、明らかに乗り気でなさそう。
でも、強引に誘ってしまった。

待ち合わせ場所に向かいながら、不安がよぎります。

(彼女は本当に来てくれるだろうか?)

予想通り、いつになっても彼女はやって来ないのです。
一人、せつなさを噛みしめる。

これは実体験を語っているのではありません。(笑)

こういうのも予知かもしれません。

彼女が来ないことを予知したのです。

と言いますか、そんな強引に人を誘うものではありませんね。

いずれにしても、予知能力は、実際にあることがおわかりいただけたと思います。

しかし、賢明なあなたは、「それは予知とは違うんじゃないの」と思われたかもしれません。

確かにそうですね。

予知というのは、未来の「予見できないこと」をするものですね。

宝くじに当たることが事前にわかったら、それは紛れもない予知です。

でも、「そのうち雨が降るだろう」というのは、予知ではありません。
雨は、いつか必ず降るからです。

いつ降るかは、天気予報ですが、それは予知ではなく、予報です。
客観的データに基づいて、判断しているのです。

「雨はいつか降る」というのは、予知でも予報でもなく、「経験則」です。

「来年は、世界で大きな事件が起こる」などと予想する人がいます。

しかしこれも予知ではありません。

毎年、世界で「大事件」は起こっているからです。

これも経験則ですね。

そんな大きな話ではなく、その人「個人」によっても、経験則はありますね。

人は人生で様々な経験をします。
そこから、いろいろ学んでいきます。

ところが、自分の経験を「つまらないもの」と思い、軽視する人がいます。

そして、何やら他人の経験を有難がるのです。

しかし、自分の経験は、自分だけのものであり、大変貴重なものです。

 

辛い経験をした人は、人の痛みがよくわかり、「思いやりの気持ち」が強くなったりするものです。

 

ひねくれてしまう人もいるかもしれませんが、長い目で見れば、思いやりの心を高めていく人が大多数です。

 

辛い別れを経験して、奉仕精神に目覚める人がいます。

 

自分の経験は、都合のいいことも悪いことも、すべて「財産」なのです。

今のあなたを作り、これからのあなたを作っていきます。

もっと、自分の経験に自信を持つことです。


同じ失敗を繰り返してばかりの人は、経験から本当の意味で学べていません。


同じような行動をして、同じような考え方をして、同じような結果を出してしまっているはずです。

そこから学ばなければならないのです。

自分の経験は、どんな経験も貴重なのです。

どんな経験も、いい経験も悪い経験も、次への学びになっていきます。

その経験を、未来のために、自分のために、人のために、生かしていくことなのです。


・今回のまとめ

経験を生かしていこう。

あなたの経験は、財産であり、貴重なものです。

それを、未来のため、自分のため、人のために、活用していくことです。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」です。