恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

追いかけなくていい愛の話

 

こんにちは。上村です。


「以心伝心」のようなことがありますね。

特に、付き合いの長い関係になると、相手を見ただけで、何となく言いたいことがわかったすることもあります。

「心と心が通じ合う瞬間」といっていいかもしれません。

お互いの信頼関係が、そういったことを生むのです。

普通の人間関係にも、家族間にも、友情にも、恋愛にも、それはあります。

ただ、恋愛になると、少し複雑になることがあります。

「相手の気持ちを推し量って悩む」

ということがあるでしょう。

相手のささいな態度や言動に、過剰反応するのです。

ちょっと優しくされると、自分に気があると思ってしまう。

ちょっと冷たくされると、嫌われたと思う。

「極端な思考」になってしまうこともあります。

実は、相手はそれほど考えていなかったりします。

でも、自分がいろいろと勝手に解釈して、勝手に悩んでしまう。

これは、相手のことを考えているというよりは、自分の感情に振り回されています。

思いやりではなく、「詮索」になってしまっているのです。

そのままの状態が続けば、関係はあまりうまくいかなくなるでしょう。

要するに、「考えすぎ」なのです。

ややこしくないことをややこしく考えて、本当にややこしくしてしまっているのです。

「詮索」は必要ありません。

「思いやり」さえあればそれでいい。


恋愛といっても、人間関係の一種です。

そう考えて、もっと落ち着くべきです。

落ち着けば、真の思いやりが発揮できます。

同性とならうまくいくのに、異性となると途端にうまくいかなくなるのは、肩に力が入りすぎているから。

複雑思考をやめて、「シンプル」に考えていけばいいのですよ。

友達同士とは、いったいどんな付き合い方をしているでしょうか?

それと同じことなのです。

もちろん、「恋愛と友情は違う」とおっしゃるでしょう。

確かに質は違います。

でも、大きな枠で考えて、「愛情」という点では同じです。


その質が違うだけで、どちらも愛情には変わりありません。

好きだから付き合っているのです。

だったらそれでいいではありませんか。


「迷路」に入ってしまうのは、誰かに入れられたわけではありません。

「自分から入っていく場合」がほとんどです。

迷路を避ければいいのです。

もし入ってしまったら、「上空」から見たら、自分がどうなっているかわかります。

「上空から見る=落ち着いて見る」

ということですね。


客観視してみるのです。

そうすれば、誤解に基づいて動いていたことがわかります。

実際にこんがらがっているというよりは、「自分で勝手にこんがらがっている」場合が多い。

糸をできるだけほどいて、まっすぐにしてみること。

それがうまくいく秘訣です。

ところが、たいていはこの逆をします。

ただでさえ複雑になっているのに、さらに姑息なことをして、もっと複雑にしてしまう。

この場合の処方箋はただ一つです。

「素朴を思い出そう」

です。


相手に対して愛情がある。

「素朴な愛情」があるだけです。


愛情がありながら、なぜかしつこく追いかけ回して、相手の嫌がることばかりしている人がいますが、これは矛盾です。

その矛盾に早く気がつくべきなのです。

もっとさわやかに、もっと気楽に、もっと健全に。

ライバルの存在を気にして、いてもたってもいられないような、そんなことからおさらばすべきです。

自分に落ち着いた愛情があるなら、何も恐れることはないのですから。


・今回のまとめ

あなたが相手のことが好きなら、それでいいのです。

複雑にならず、「素朴さ」を大切にしていこう。

  

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」です。

 

凄まじく重要な話を書いています。