読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「本当の自分」を見つめていけば、いつだって「本当の自信」が身につくという話

本当の自分を発揮する

 

こんにちは。上村です。


前回のブログで、「自分だけの履歴書」の話をしましたね。

「自分だけの履歴書(隠れた自分)」を意識することで、自信を持つことができるのです。

「自分だけの履歴書」は、他人からは見えません。


例えば、通常の履歴書には、「○○中学入学とか、○○高校卒業」とか、書きますね。

「○○高校の受験も考えたが、いろいろあって○○高校にした」
なんてことは書きません。

その時、悩んだこととか、葛藤したこともあったでしょう。

しかし、その事実は誰にもわからない。
面接にも使えません。


実際に書くことのない「心の履歴書」なのです。

しかし僕は、こう思います。

「紙上の履歴書」よりも、「心の履歴書」の方が、はるかに価値があると。


それは、誰にも知られず、誰からも評価されない履歴書。
しかし、「最も重要なもの」なのです。

紙切れ1枚に、自分の人生が凝縮しているわけがありません。
紙に書いた「自分自身」は、あくまで表面的なものです。


例えば、もし「日記」を書いている人がいたら、そっちの方が「本当の履歴書」に近いでしょう。

会社面接で、履歴書の替わりに「日記」を提出したら、相手方は仰天するでしょうが。

でも、無味乾燥な履歴書よりは、はるかに「本当の自分自身」です。

しかし、それがすべてではありません。

たとえ日記を詳細に書いても、「書き切れないもの」がたくさんあります。

それくらい「人生を書き切る」のは難しいのです。

たとえ年若い方であっても、やはり「本当の履歴書」は膨大になります。
他人のうかがい知れない、「その人個人の物語」があります。

小説家などは、そのようなことを物語として書くのが得意でしょうが、何もそれは小説家だけの専売特許ではありません。

小説や文章にできなくても、誰でも「物語の中」を生きているのです。

〇〇学校卒業とか、〇〇入社とか、そういうのは、あくまで表面的なもの。

ドラマで言えば、「舞台設定」に過ぎません。

舞台設定だけでは、ドラマは成立しない。
人間模様、人生模様があって、初めて「ドラマ」になります。

「隠れた履歴」の方が重要です。

「本当の自信とは、隠れた履歴書を見つめた時に生まれる」
と僕は考えます。

表面上の経歴をいくらたどっても、本当の自信はつきません。

そのようなもので人と競争しても、意味がないのです。

「本当の履歴書(心の履歴書)」を大切にすべきです。

それは、他人と比べるものでもなければ、勝ち負けでもありません。

ただ自分の中に残る、「本当の意味の宝物」です。

どっちでもいい「宝物」ではなく、「本当の意味の宝物」に価値を見出すべきです。

そうすれば、それが「本当の自信」になっていくでしょう。

 

「プレミアムメールマガジン」は、「すさまじく重要なこと」を書いていますよ。

 

 

・今回のまとめ

「心の履歴書」こそ、大切にすべき。

その意識があれば、誰でも「本当の自信」を持つことができます。

 

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。