読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

傷ついたら、その分「思いがけない得」をしているかもしれない話

 

こんにちは。上村です。


突然ですが、「汚い言葉」って、ありますよね。

「バカヤロー」とか「コノヤロー」 とか、そんな言葉です。(ボキャブラリーが貧弱なのをお許しください)

議会のヤジが問題になりましたが、議会のみならず、それはどこにでもあるでしょう。


学校にもあるかもしれません。

教師が生徒に、「汚い言葉を使うな、バカヤロー」と注意したとします。

この場合、教師も汚い言葉を使っているので、事態は混沌とします。(笑)


それはともかく、肝心なのは、「どうして汚い言葉があるのか?」ということです。

あなたは、そんなことを考えたことはないでしょうか?

「悪い言葉」「汚い言葉」は、誰が聞いても不愉快です。
聞きたくもないですね。

でもそれが、実際に言葉としてあります。
耳に触れる機会もある。


今は、言葉を例にしましたが、どんなことでもそうですね。

それを突き詰めていくと、

「どうして苦しい出来事があるのか?」
「どうして辛いことがあるのか?」
「どうして人間関係の問題があるのか?」
「どうして恋愛の問題があるのか?」
「どうして夏はいつも暑いのか?」

みたいな話になるかもしれない。

つまり、「結論がない」わけです。

汚い言葉はみんなイヤなのに、それを使う人がいます。
他人の口にフタをするわけにはいきません。

懲りない人が、どんな言葉を使っても、本人がそれでいいと思っているなら、どうしようもありません。


なので、僕は少し見方を変えて、「都合の悪い言葉の効用」を考えてみたいと思います。

もちろん、悪い言葉がいいということではありません。よくないことです。

でも、否応なく耳に入ることがあります。


そこから何か「教訓」を引き出せないか、ということです。


「負の部分」を積極的に消化して、「いいもの」につなげる。


これは人生論としても重要ですね。

 

例えば、人生には、教師的存在が必要です。

「学校」の意味ではありません。
自分の人間性を磨いてくれる「いい存在」の意味です。

それは必ずしも人だけとは限りません。

いい出来事との出会い、いい本との出会い、いい音楽との出会い、いい趣味との出会いなど、幅広いものです。

それはもちろん自分にとって、いいものを提供してくれます。

でも、人生には、「反面教師」も必要な時があります。

『人の振り見て我が振り直せ』という格言がありますが、まさにそう。

傷ついた経験のある人は、人が傷つくことがいかに辛いかを痛感します。
なので、自分はそんなことをしないと決心ができます。

中には、せっかくの体験をいい方向に生かせず、ひねくれてしまう人もいます。

何を選択するかは、その人の意思ですね。

都合の悪いことを通じて、「都合のいいこと」をもっと知ることです。
劣等感をバネにして、「本当に大切なこと」を見つけていくことです。

汚い言葉に嫌な思いをした人は、きっと「いい言葉」を求めていくはずです。
周囲がどんな言葉を使っても、それはその人の責任です。

あなたは「あなたの言葉」を正しくしていけばいいのです。
もちろん、「態度、行動」もそうです。


それこそが、まさに「幸せを見つけていく」ということになります。

この「極意」が身につけば、どんなことが起こっても、それを肥やしにすることができるでしょう。

萎えがちな気持ちを克服できる。
負の出来事をプラスに転化する。

考えてみれば、逆境の時ほど、自分にとって大きな教訓を学んでいるものです。

たとえ今意識できなくても、未来になって気付くことがあります。

あなたがもし、今逆境にあるなら、それは辛いことではなく、未来を作っていくために必要なことです。

やがて、それに気付く時がくるでしょう。

それに気付いた時は、前とは逆に、「自分の人生がうまくいっていること」を実感することができるでしょう。


・今回のまとめ

負の出来事をプラスに転化していく。

その姿勢があれば、何も恐れるものはありません。

やがて、「うまくいっている人生」に気付く時がくるでしょう。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」です。

 

凄まじく重要な話を書いています。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。