読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「できない」と言っても、誰も期待外れだと思わないから、安心していい話

こんにちは。上村です。

明らかにできないことを、「できます」と言ってしまうことがあるかもしれません。

明らかにできないことまで、「できます」と答えてしまう心理は、どういうものでしょうか?

やる気が空回りして、思わず言ってしまうこともあります。

「期待外れ」と思われたくない気持ちも、あるかもしれません。

「できない」と言うのが、相手に対して悪いような気がするという、優しさの裏返しである場合もあります。

また、「できないと言ったら怒られる」みたいな、「スポ根的恐怖心」を持つ人もいます。

しかし相手にすれば、できないことはできないと言ってもらった方がいいのです。

「何ができないだ」と怒る、職場の上司とかもいるかもしれません。

でもそれは、「できない」と言ったことに怒っているというよりも、ハナから断ったことに腹を立てているのかもしれない。

「できないかもしれませんが、それでもいいでしょうか?」
とでも言えば、上司も考えるでしょう。

それでも怒る上司がいたら、ほっとけばいい。(笑)

できないことでも、「できる」と言えば、期待感を持たれそうですが、実は逆ですね。

なぜなら、その場はいいにしても、後々期待を裏切ることになるから。

できないこと、わからないことは、素直に「できません」「わかりません」と言っていいのです。

もちろん、できることは「できます」と言ってください。
わかることはわかると言ってください。(当然ですね)

僕が言いたいのは、「背伸びをやめて、もっと気を楽にした方がいい」ということです。

見栄は、やがて自分を苦しめます。

見栄など張らなくても、今の自分で十分周りの役に立っています。

思い込みではなく、実際そうなのです。

自分の評価は、いつも「下」に考えてしまうものです。

しかし、自分が考えている以上に、自分は周囲の役に立っています。

知らないところでも、人のために何かしているものです。
また、存在そのものが、安心感を与えている場合もあります。

「見栄」も「背伸び」も、向上心が裏目に出ているだけですね。
向上心は、素直に「向上心のまま」発揮すべきです。

自分の心の中にある、素朴な向上心。

それは誰かに認められるためではなく、自分の成長のためにあるのですから。

 

・今回のまとめ

十分あなたは必要な存在です。

だから心配いりません。

 

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」です。

 

凄まじく重要な話を書いています。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。