読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

自分の言葉を変えるだけでも、環境が変わっていく話

こんにちは。上村です。

テレビのお笑い番組などで、「流行語」が生まれることがありますね。

それを学校で子供がマネをし、先生が怒ることもあるでしょう。
確かに、授業の妨げになる場合もあります。

でも、だからといって、生徒に責任があるわけでもありません。

特に、まだ幼い頃は、テレビ等の影響を受けることも多いですね。
テレビでしょちゅうしていたら、マネをしたくなるもの。

子供は屈託なく、「おもしろい」と思ったら、どんどんマネをすることがあります。

さすがに大人になると、テレビのマネをしたりすることはなくなります。

会社の営業会議で、「そんなの関係ねえ」とは言えません。(流行語が古い)


でも、子供にしてみたら、「テレビで放送しているのに、どうして学校でしたらいけないんだ」と思うかもしれない。

「先生にフザけたこと言ったら、怒られるのは当たり前」

と思うでしょう。

しかしです。

お笑い番組で流れているフレーズをそのまま言っただけです。

「先生は、生徒に注意する前に、お笑い番組に注意すべきではないか」

それこそ真の教育。(笑)

まあ、もちろんそういうわけにはいきませんね。

別に流行語を使うのが悪いわけではなく、「授業の妨げ」になるようならよくないのです。


それはともかく、ここで書きたいのは、教育の話ではありません。

テレビの話でもない。

『言葉の影響』

ですね。

我々は、知らないうちに「言葉の影響」を受けています。

「流行語の影響」ということではありません。

流行語などは、すぐに消えていく言葉ですから、別にたいしたことはないのです。

日常で何気なく使われている言葉に、影響を受けています。


例えば、カップルが、知らず知らずのうちに「同じような言葉遣い」になったりするのも、言葉の影響ですね。

お互いが影響し合う関係だからこそ、話すことも似てくるわけです。

当然ですが、いい影響を与え合いたいものですね。

ところが、なぜか、言葉によっていさかいになったり、傷ついたり、傷つけたり、怒ったり、怒らせたりしてしまうこともあります。

自分が話す言葉を、どのようにしていったらいいか?
他人の言葉に傷つかないためには、どうしたらいいか?
自分の言葉を正しくしていくために、必要な心がけとは?

そういったことを知っていると、とても自分や周囲にいい影響が出ると思います。

では次回も、この話を続けて書いていきますね。

 

・今回のまとめ

言葉をいいものにしていく。

それだけでも、自分の置かれている環境がよくなっていくでしょう。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、僕のプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「必ず知るべき究極の解決方法」です。

毎回、「凄まじく重要な話」をみっちり書いています。

 

僕が書いたロングセラーのE-BOOKです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。