読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「いつも最高」はないから、もっと気楽になっていこうという話

こんにちは。上村です。

突然ですが、いきなり「変な質問」をさせてくださいね。

あなたに質問です。
「ドラマの俳優は、いつも最高の状態でしょうか?」

あなたはどう思いますか?

役柄がどうかではなく、その俳優「個人がどうか」です。

人に見られる職業ですから、
「いつも一番いい状態の自分を見てほしい」と思っているでしょう。

しかし、人間ですから、そういうわけにもいきません。

体調が優れない時もあるでしょう。
見た目が決まらないかもしれない。
役作りに悩んでいるかもしれない。
セリフが覚えられないかもしれない。
他の共演者と、関係がうまくいっていないかもしれない。

いろいろあるかもしれません。

では、(今は最高じゃないから、出演するのはやめよう)と思ったら、どうなるか?

そのうち仕事ができなくなるでしょう。

なぜなら、「いつも最高」などありえないからです。

調子の悪い時もあって当然です。

いろいろな問題もあって当然です。

完璧主義に陥ると、身動きができなくなることがあります。


恋愛や人間関係も、これと同じことですね。

「好きな人に会う時は、いつもベストの状態でなければならない」
と思っていたら、交際自体が面倒になります。

相手もそんなことは気にしていません。
好きなら、遠慮なく会えばいいのです。


仕事や家事や勉強などにもあるでしょう。

「完璧に準備してから行動する」と思っていたら、ずっと行動が先延ばしになります。

「完璧な準備」などないからです。

ある程度準備したら、しっかり行動すべきでしょう。
行動しながら、準備していくこともできます。

ところが、そういった臨機応変さに欠けると、物事が進まなくなっていきます。

完璧主義の人が、えてして物事に行き詰るのは、こんなところに原因があるのでしょう。

真面目さはもっと「前向きな考え方」に使っていくべきです。

真面目は長所です。
せっかくの長所を、自分を苦しめることに使ってはいけない。

70点もあれば十分合格なのですから、もっと肩の力を抜くべきです。
60点でも十分です。


例えば、恋愛でもそうでしょう。

だだでさえ、「いい自分を見せよう」と思い過ぎているのですから。

それ以上、自分を急き立てる必要はありません。

いい自分を見せようとし過ぎて、かえって周りが見えなくなることがあります。

肝心の「相手に対する思いやり」に意識がいかなくなったら、本末転倒です。

心の縛りを解いていけば、もっと自分を発揮していくことができます。

気負わなくなるので、かえって素直に自分を発揮していけるでしょう。

前代未聞の「愛される力」を身につける方法

 

 

・今回のまとめ

ベストの状態などありません。

もっと肩の力を抜いていいのです。

そうすれば、かえって自分を発揮していけるでしょう。