読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「ないものねだり」ではなく、「あるもの発揮」にしていこう

本当の自分を発揮する

こんにちは。上村です。

あなたは、「自分のイメージ」が気になることはないでしょうか?

誰でも、「人からどう見られているか」は気になることかもしれません。

自分のイメージに自信がないと、どうしても「背伸び」をしてしまうこともあるかもしれませんね。


例えば、好きな人がいるとします。

その人から、「素敵な人だ」と思われたい気持ちは、当然あるでしょう。

「自分のいいイメージ」を与えようとします。

適度ならいいのですが、エスカレートすると、やっかいなことになります。

絶えず「背伸び」をせねばならず、自分が疲れてしまいます。

それに、自分を良く見せようとすればするほど、「不安」がいっそう高まることもありますね。

「相手は自分のことをどう思っているのだろう」という気持ちに、振り回されてしまうのです。


例えば、自分を「仕事のできる人」と思わせたい。

そこで、できもしないことを「できます」と言って、後で困ったことになる場合もあります。

知らないことを、「知りません」と言えず、知ったかぶりをして、後でかえって恥をかくこともあるかもしれない。


あるいは、好きな異性と食事に行く。

店に詳しくないのに、「自分はここの常連だ」みたいな顔をします。

しかし、ボロは必ず出るもの。
やはり困ったことになりますね。

「いいイメージ」を与えようと思うことが、悪いわけではありません。

誰でも、そういう時はあるでしょう。

しかし、「程度の問題」があります。

過剰にそういうことをすれば、「本当の自分」を見失ってしまうもの。

その結果、いいイメージを与えようとして、逆に「悪いイメージ」になってしまうこともあります。

さっきの、「できる人」と思わせようとして、逆効果になるようなものです。

見栄を張る必要など、全然ないです。

長く付き合えば、自ずから「その人の本質」は出るもの。

今の自分を、そのまま正当に見てもらうのが一番です。
「自分らしく」でいい。人真似しなくていい。

他人が、グルメに詳しいからといって、自分がそうなる必要もありません。

「あの人はいろいろな店を知っている、自分も負けてはいられない」
などと気張らなくていいのです。

そんなことと人間性は、何の関係もないからです。

「知らなかったら軽く見られるのではないか」
と思うことも余計です。

そんなことはないからです。

「自分をよく見せたい」と思うことはあるでしょう。

でも、「よく見せる」のは、「自分の持っているものだけ」で十分です。
ないものを無理に作る必要はありません。

自分が持っているものなら、特に背伸びしなくても、自然に発揮できますね。

そして誰にでも、「自分が思っている以上の長所」があります。

ないものねだりをしなくても、自分は十分「持っている」のです。

それを発掘して、周囲のために役立てることが、まさに「自分の本当の姿」です。

いいイメージを出そうと思うなら、「いいイメージを作ろうとしないこと」。

逆説的ですが、そういうことなのですね。

もっと素直に、肩の力を抜いていい。

あなたが持つ長所を、周囲のために発揮していけば、それで十分です。


・今回のまとめ

「自分の持っているもの」を大切に。

あなたが持つ長所を、周囲のために発揮していけば、それで十分です。

 

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、僕のプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「必ず知るべき究極の解決方法」です。

今月も、「凄まじく重要な話」をみっちり書いていきます。

 

僕が書いたロングセラーのE-BOOKです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。