恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

完璧を求めなくなれば、かえっていろいろなことができるようになる話

こんにちは。上村です。

何かに一生懸命になるのは、いいことですね。

ところが、それが高じて「完璧主義」に陥る人がいます。
「完璧でなければならない」と思う。

ところが、完璧主義にとらわれると、だんだん何も手がつかなくなっていくことがあります。

「何事も完璧にせねば」
という思いが、かえって行動を妨げてしまうのです。

あなたには、そんなことはないでしょうか?


例えば、恋愛にもあるでしょう。

恋愛感情が高じて、「完璧主義」になる。
「完璧な付き合いをすべき」と思ってしまう。

肩に力が入って、気楽に接することができなくなるのです。

完璧な自分を見せようとして、かえって誰にも自分を見せることができなくなる。
完璧な会話をしようとして、誰とも話ができなくなる。

これはある意味当然かもしれません。

なぜなら、「完璧」など、どこにもないからです。

自分も相手も、完璧ではありません。

自分に完璧を求めたら、気持ちが萎えてくるし、他人に完璧を求めたら、ずっと不満なままになってしまう。

相手の気持ちを完璧に理解しようとしたら、何が何だかわからなくなっていきます。

「不完全かもしれない」「思いが伝わらないかもしれない」「誤解もあるかもしれない」

それでも、「愛情」はただ一つです。

完璧主義から逃れたら、もっと自分をうまく発揮できます。


何でもそうですね。

完璧に準備してから始めようと思ったら、始めることができなくなってしまうもの。

ある程度準備したら、一歩踏み出す。
踏み出していく中で、準備が整っていきます。

自分がそういう気持ちになったら、相手に完璧を求めることもなくなっていくでしょう。

肩の力が抜けて、かえって相手とうまく接することができるはずです。

「会いたい会いたい」とばかり思っていたら、なかなか会う機会が遠ざかっていく。

もっと自然にしていれば、その機会はやってくるもの。

いろいろな思いで混乱した頭を、クールにしてみることです。

うまくいっている時のことを考えてみてください。

余計な思いから遠ざかって、「素朴」になっているはずです。

完璧でないからこそ努力をするわけですし、何かをしようとするのです。

自分自身の不完全、他人の不完全は、「進歩の余地がある」ということなのですから、何も心配する必要はありません。

 

今の自分で、十分に愛を実現する「真実の方法」を知りたい方は、こちらをお読みください。


今回のまとめ

完璧な関係などありません。

素朴な愛情があれば、それでいいのです。

 

僕が書いたロングセラーのE-BOOKです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。