読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

自己主張できなくてもいいよ

こんにちは。上村です。

突然ですが、『人の背中』に、魅力を感じることはないでしょうか?

『後姿』というのは、自分ではわかりません。

鏡で見るのは、いつも正面の自分。
顔はチェックしても、背中は見ません。(見えません)

「後姿をオシャレに」と言われても、どうしていいかわからない。

「姿勢を正す」ことくらいしか思い浮かびません。

確かに「姿勢」は大切でしょう。

例えば、スピーチなどをする時に、背中を丸めていたら、説得力が欠けるかもしれません。

姿勢は大切。

ただ、今書いたのは「物理的姿勢」です。

それより、もっと大切なものがあるのです。

『心の姿勢』です。

内面の姿勢ですね。
心の姿勢の方が、もっと重要です。

実際、心の姿勢が、体に現れることもあります。

「背中が語る」
みたいなこともあるものです。

言葉は、口だけから発せられるわけではありません。

背中からも、言葉が出ています。

もちろん、本当に背中がしゃべったらホラーです。
これは象徴的な意味。

「モノ言わぬ言葉」
ですね。

これが発せられているわけです。

「背中は語る」の真の意味は、「落ち着き」ということです。

自分のことをわかってもらうために、いろいろな話をします。

もちろん、それが必要な時もあるでしょう。

しかし、そんな自分のことばかり語られても、相手は困ってしまうかもしれません。

素朴に自分のことを語るならいいのですが、それが自己宣伝めいたことになると、相手にとってもうっとうしいでしょう。

あなたが日常を充実して過ごしているなら、心配しなくても、「背中が語っている」のです。

つまり、そういった「雰囲気」が出ています。

それに好感を覚える人もいるでしょう。

だから何も心配はいらないのです。

そういった安心感が、周囲にもいい影響を与えます。

周囲も安心してあなたと接することができます。

あくせくしなくていいのですよ。
ゆとりを思い出すことです。

自己宣伝など別にいらない。

存在感を発揮しようと思わなくていい。

それは自分の都合であって、相手には関係ありません。

自分が持つ長所を、周囲のために生かしていこうとすれば、それでいいのですね。

自分を周囲のために役立てていくことです。
それが、「本当の意味の自己主張」です。

自己主張を捨てたところに、「本当の意味の自己主張がある」といっていいでしょう。


「本当の自分」を見つけて、自分の人生が好きになる「真実の方法」はこちらに書いています。

 

今回のまとめ

自己宣伝では、本当の自分は発揮できません。

自分を周囲のために役立てていくこと。

それが「本当の意味の自己主張」です。

 

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。