読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「自分を変える」とは、別人になることではなく、「本当の自分に気付くこと」という話

本当の自分を発揮する

こんにちは。上村です。

前回のブログで、僕の昔話をしました。

「運転が苦手な話」ですね。

元来運転が下手な僕を、同僚が「なかなか上手」とホメてくれたのです。

どうしてホメてくれたのでしょうか?

僕は、自分自身で、「運転が下手」と認めていました。
周囲も、そう思っていたでしょう。

もし僕が、その事実を認めず、「自分のドライビング・テクニックはなかなかのもの」と見栄を張っていたら、どうなっていたでしょうか?

たぶん、ちゃんと運転しても、同僚はホメてくれなかったでしょう。

つまり、「等身大の自分」を、隠さず出していたからこそ、同僚から賛辞を受けたのです。

と言っても、誰からホメられようとケナされようと、別にたいしたことではありません。

大切なのは、「等身大の自分に自信を持つ」ということです。

「向上心」とは、今の自分を否定することではないですね。

自分は自分ですから、自分自身と付き合っていかねばなりません。

自分に不満な点もあるかもしれません。
でも、自分の「長所」を誰よりもわかっているのも、自分自身なのです。

それを発掘し、発揮していくことが、「自分の責任」だと考えます。


「自分をよく見せたい」という心理は、誰にでもあるでしょう。

しかし、「見栄」と「向上心」は違います。

見栄は、実態のないものを、あたかもあるように見せることです。
向上心は、「今の自分」を高めていく行為です。

「自分」という実態は、ちゃんとあります。
それを認めて、そこから歩み出す。

「変身」とは、別人になることではありません。

自分の長所をどんどん発揮していくことです。

それが真の意味の「変身」です。

他人が持っているものをやたらに羨ましがり、その割には、自分が持っているものに無関心な人がいます。

しかし大切なのは、自分自身の発掘です。

自分が持っているものを、いかに発揮していくかなのです。
(もちろん「善意の方向に」です)


嫉妬している時間はもったいない。

その労力を、自分自身の発掘に使っていくべきです。

見栄はいりませんし、卑下もいりません。

今の自分を、もっと有意義に使っていくことが大切ですね。

その決意こそが、成長です。

そうすれば、今まで見えなかったものが、きっと見えてくるはず。

より自分を生かすことができるようになっていくでしょう。

 

自分のことを愛せるようになる方法

 

・今回のまとめ

「変身」とは、別人になることではありません。

「変身」とは、自分の長所をどんどん発揮していくことです。

自分が「変身」すれば、それにつれ、環境も変わっていくでしょう。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。