恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「輝くのに歓声はいらない」人生論

こんにちは。上村です。

冬真っ盛り。
毎日、寒い日々が続きますね。

寒い日に冬の話をしても寒いだけなので、夏の話をしてみたい。(笑)

『夏の思い出』という曲がありますね。

「夏が来れば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空・・・」
(作詞・江間章子 作曲・中田喜直)

「夏の思い出」は、いろいろあるかもしれません。

「花火大会」などもそう。

今の時期に、花火の話題をする人はいません。

そう。
花火は、夏の風物詩。

夏を象徴するイベントです。

冬に打ち上げても、寒くて誰も見に行かないでしょう。

「ううっ、さぶっ、たまや~」
という掛け声はしっくりしない。

夏の花火は、確かに「華やか」です。

年代に関係なく、楽しいイベントです。

花火が打ち上がる度に歓声が上がる。
浴衣姿の人も華やか。

カップルは、お互いずっと花火を見つめています。

『愛はお互いを見つめあうことではなく、ともに同じ方向を見つめることだ』

サン・ テグジュペリの言葉があります。

まさに、そんな感じ。

確かに二人は同じ方向を見ているのです。

しかしいくら楽しくても、イベントには終わりがあります。

花火も尽きました。
打ち上げ終了です。

しばらくは余韻に浸って雑談していても、いつまでもそこにいるわけにはいきません。

帰りの電車に乗らねばなりません。

やがて、夏休みも終わります。

いつまでも夏休みでいるわけにはいきません。
ずっと花火を打ち上げているわけにはいかないのです。

花火の美しさは一時的なもの。


一方、冒頭に挙げた、「遥かな尾瀬 遠い空」の歌詞。

「尾瀬」も「遠い空」も、ずっとそこにあります。

ずっとそこにあって、人を引きつけているのです。

これは個人も同じですね。

「打ち上げている時」は、たくさんの人だかりができるかもしれない。

でもそれが終わったら、跡形もなく人は去っていく。

秋や冬になれば、花火を意識する人もいなくなります。

でも、本当に輝き続ける人は、一瞬にはこだわらないのです。

最後までゆっくり落ち着いて、自分なりに輝いていく。

真の輝きとは、一時的なきらめきではなく、「じわじわとした輝き」だと僕は思います。

「少しずつ」なのです。
「夜の外灯」のようなものです。
一時的なものではなく、長期的なものです。

そう考えれば、きっともっと落ち着くことができます。

焦ることもなくなります。

一時的な上がり下がりなど、全然たいしたことではないのです。

素朴な自分を大切にしていく。
自分自身に徹して、自分を役立てていく。

派手な輝きも、大きな歓声もいりません。

そんなものがなくても、十分「輝いて」います。

それを自覚するのは、自分自身です。

 

「人生が変わりました」という声を多数いただいています。今まで何をしても変わらなかった悩みが、これを読めばきっと解決に向かっていくでしょう。なぜなら「真実の方法」を書いているからです。

 

・今回のまとめ

「素朴な自分」を大切に。

焦らず、自分自身に徹し、自分を周囲のために役立てていく。

そのうち「本当の輝き」を発揮していくでしょう。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。