読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

人間関係でトラブルばかりあるのは、恐れながら付き合っているから

心が強くなる方法

こんにちは。上村です。

人間ですから、時に落ち込んだりすることもあるかもしれません。

上司に怒られて、気分のいい人はいません。
友人とケンカして、機嫌のいい人はいません。
好きな人とうまくいかなくて、楽しい人もいないでしょう。

一時的には、誰でも気が萎えることもあります。

しかし、たとえ落ち込んだとしても、すぐに立ち直っていくことです。

それが本当の意味の「心の強さ」だと思うのです。

例えば、恋愛で悩んでいる人は、好きな人にそっけなくされたら、いちいち落胆します。

でも、そんなことでは、とても落ち着いた関係を築いていくことなどできないでしょう。

相手の機嫌で、自分の日常を左右されていたら、誰の人生かわからなくなります。

相手は別に振り回そうとはしていないのです。
自分が勝手に振り回されているだけです。

では、どうしたら「本当の意味の心の強さ」を身に付けることができるのでしょうか?

大切なことがあります。

恐怖心というのは、自分で勝手に作り上げた「幻影」ということです。

悩んでいる人ほど、「理屈に合わない恐怖心」に支配されているもの。

「振られる恐怖で、相手にしつこくする」
そういったこともあります。

これは、相手に対する思いやりではなく、恐怖心が働いています。


「NOと言ったら嫌われる」と思っている人もいます。

嫌われたくないから、他人から理不尽なことを要求されても、断れないのです。

しかし、これも誤解です。

周囲を見てください。

NOと言って、それで人間関係が壊れている人はいないでしょう。

もし壊れている人がいたら、それはNOと言ったからではなく、その前に「信頼関係が成り立っていなかった」だけです。

可能なものは受け入れればいいし、できないものは拒否していい。

当然のことです。

例えば、自宅に「訪問販売」がやってきます。

同じ人が、しつこく何回も来る場合があります。
それはなぜか?

しっかり断らないからです。

電話で勧誘されて、いつまでも相手の話を聞くハメになるのは、ちゃんと断らないからです。

その結果、聞きたくもない話に貴重な時間を使ってしまう。
NOと言えば、それで済んだ話です。

飲みに誘われて行きたくなければ、「遠慮します」と言えばいい。

それで、「付き合いの悪い人」と言われることはありません。
もし言われても、それは一時的なこと。

いつまでも、誘いを断ったことなど、相手は覚えていないでしょう。
人間、そんなにヒマではありません。

だいたい、「付き合いが悪い」と文句を言う人が、結構平気で断ったりしますからね。(笑)


いずれにしても、たいしたことでないことを、自分で勝手に「大きなこと」にしてしまっているのです。

それが、恐怖心の実態です。

「理性的な気持ち」を取り戻せば、もっと落ち着いて対処することができます。

一時的な感情で、すべてを決めてはいけないのです。

時間が経てば、必ず理性を取り戻し、「落ち着いた考え方」ができるようになります。

それこそが、「英知」です。

その英知が、あらゆる「人付き合いのトラブル」を解決していくでしょう。

 

そんな「英知」のすべては、こちらに書いています。

 

・今回のまとめ

恐怖心は、実態のない幻影。

「理性的な気持ち」を取り戻せば、もっと落ち着いて対処ができます。

英知が湧いてくるでしょう。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。