読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

追いかけるのが愛情ではなく、「素朴な思いやりの発揮」が愛情だという話

こんにちは。上村です。

相手の気持ちを考え過ぎて、「疲れ切っている人」がいます。

特に、恋愛で多いですね。
「詮索疲れ」になっているのです。

「純粋な思いやり」なら、そんなに疲れたりはしません。

詮索とは、自分の不安を解消したい気持ちが強いのです。
しかし、詮索では、かえって不安が増すものです。

好きな人のことを、あれこれ詮索して悩んでいる人は、意外に「その他の人」に対して、無頓着になっている場合もあります。

自分を支えてくれる人がいるのに、そんな人の気持ちは考えないことがあります。

恋愛に悩み過ぎて、バランスを欠いてしまったのです。

ではいったいどうしたらいいのでしょうか?

相手の「一瞬一瞬の気持ちの変化」をとらえても、あまり意味はありません。

相手の揺れ動く感情にいちいち振り回されていたら、答えが出ず、悩んで当然です。

一時的なものではなく、「トータル」で考えるべきです。

一時的に疎遠になっても、関係が終わるわけではありません。
一時的にすれ違いがあっても、関係が壊れるわけでもないのです。

「信頼関係」があるなら、一時的なことくらいは、どうということもありません。


逆に言えば、一時的なことで壊れるくらいなら、そもそも縁がなかったと考えるべきだと思います。

徒労をやめ、もっと正しいことに力を傾けるべきですね。

「正しいこと」とは何か?

「自分の行動」「自分の態度」「自分の言葉」です。

それは、自分自身に責任があります。

好きな人を、相手の都合も考えず、しつこく追いかけ回している人がいます。

相手のことが気になるからですが、でも、「肝心のこと」を気にしていないのです。

「自分自身」です。

自分がどのように行動すべきか、どのような態度をすべきか、どのような言葉を遣うべきか。

それこそが、「大切なこと」です。

しつこく追いかけるのは、相手のことを考えているわけではありません。

自分の恋愛成就ばかりを気にしています。

自分の都合ばかりを押し付ける人からは、誰でも逃げたくなっていくものです。

なのに、「自分はこれだけ愛情を示しているのに、相手は反応してくれない」と不満になる。

でも、その不満は正しくありません。

相手がどうかではなく、「自分自身がどうか」です。
自分を見つめ直してみることが必要。

「悪いのはすべて自分だ」とか、そんな意味ではありませんよ。
「自分自身がいかにあるべきかが大切」という意味です。

愛情とは、「素朴な思いやり」ですね。

本来、損得も利害も関係ないはずです。

ただ純粋な親切こそが大切。

もちろん、うまくいかないこともあるでしょう。

特に恋愛のような、感情に振り回されやすい状況だと、なおさらです。

でも、そんな時こそ、あれこれ考えるのをやめて、「素朴な気持ち」を大切にすることです。

愛情とは、元来もっと落ち着いたものです。

相手の気持ちがわからないと嘆いている人は、いったん恋愛云々から離れて、できるだけ落ち着いてみることです。

素朴な愛情、功利とは関係ない愛情、共感や優しさ。

それは誰しも持っているものです。

狭い視野でがんじがらめになった気持ちを解き放ち、もう一度「本当の自分」に目覚めることです。

その方が、目先の恋愛成就よりも、はるかに大切なことではないでしょうか。

 

「本当の自分」に目覚める方法は、こちらに書いています。

 

・今回のまとめ

「素朴な思いやり」が大切です。

真の愛情に気付けば、自然に相手の気持ちもわかってくるものです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。