恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

存在感がないと思う人ほど、「本当の存在感」を発揮するチャンスがある話

こんにちは。上村です。

あなたは、相手の関心を引こうとして、逆に、「相手から引かれてしまった」経験はないでしょうか。

無理に関心を引こうとして、失敗することがありますね。

一つ、勘違いがあるのです。

「関心を引く行為=愛される」というではありません。

「無理に関心を引く行為」と「愛情」は、関係ありません。

それをイコールと考えてしまうことに、「大きな落とし穴」があるのです。


例えば、誰かを「褒める」とします。

心から褒めるのなら、もちろんいいのです。

でも、褒め言葉を、「相手の関心を引きたいだけの理由」で言ったら、それはもう褒め言葉ではなくなります。

単に「自分に関心を向けさせよう」としているだけなので。

「褒めたら何かいいことがあるだろう」と考えているから。

本来の褒め言葉とは、そういうものではないですね。

心からそう思って言うのが、「褒め言葉」です。

「褒め言葉のテクニック」なるものがあるそうですが、それはナンセンスだと思います。

テクニックにしている時点で、褒め言葉になっていないからです。

単に、自分の有利な状況を作り出そうとしているだけです。

そんな褒め言葉には価値がないし、相手もたとえその時は喜んでも、後々残らないでしょう。

もちろん、褒め言葉自体は、いいことです。

「動機が大切」ということです。


逆パターンもあります。

わざと相手をケナす人です。

褒めて反応がないと、ケナしたり、馬鹿にしたリして、相手の歓心を得ようとする。

もちろんこれも間違っています。

結局「自分のことだけ」になっているからです。


いずれにしても、「関心を引く」ことと「愛情」を、混同してはいけない。

もちろん、関心を引こうとすることが悪いと言っているのではありません。

「それと愛情を混同してはいけないですよ」
ということが言いたいのです。

混同すると、わざとらしく関心を引こうとして、かえって相手をシラけさせることがあります。

昨今、世の中は「関心の引き合い合戦」になっているようなところがありますね。

少しでも人々の耳目をとらえようと躍起になっている。

でも、僕は、あえて「逆」をおすすめしたいのです。

目立たなくていいので、「縁の下の力持ち」を意識するのです。

センターではなく、端っこでいい。
真ん中ではなく、隅っこでいい。

これは、姿を隠せとか、そんな意味ではもちろんありません。

「一歩下がることを恐れてはいけない」
ということなのです。

自分が自分がではなく、「調和」を心がけるのです。

自己主張に躍起になっているわりには、肝心な時に気持ちが言えない場合があります。

どっちでもいいことにこだわって、肝心なことに目が行かない場合もあります。

存在感を発揮しようという自己主張は、意味がありません。

うっとうしいと思われてしまいます。

異性関係でもそうですね。

しつこく相手を追いかけ回している人は、例外なく、「間違った自己主張」をしています。

「じっとしていたら、好きな人をとられてしまう」
と考えているのです。

だから焦って、かえって墓穴を掘ってしまう。

自分の存在を見せつけようと、必要以上に騒ぎまくってしまう。


もっと落ち着くべきなのです。
焦りはいらない。

目立たなくてもいい。
もっと落ち着いて周囲と接すればいいでしょう。

「自分は無視されている」「私はないがしろにされている」と思った時点から、奈落の底に入っていきます。

表面的な存在感などどうでもいいこと。

「本当の存在感」を目指すこと。

「本当の存在感」とは何か?

自分を後回しにする勇気です。
他人に嫉妬しない勇気です。
焦らない勇気です。
心配しない勇気です。
勝った負けたなどと、騒がない気持ちです。
思いやりです。

それこそが、「本当の存在感」だと考えます。

 

本当の存在感を出して、環境を変えていく方法は、こちらにすべて書いています。

 

・今回のまとめ

存在感とは、目立つ意味ではありません。

「本当の自分」を発揮することです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。