読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「秋のような存在感」が、きっとあなたを輝かせていく話

本当の自分を発揮する

こんにちは。上村です。

厳しい冬も、あともう少しで終わりますね。

春が待ち遠しい昨今です。

でも、その春も、あっと言う間に過ぎ去って、夏になっていきます。

「何を、気の早い話を」
と思われたでしょうか。

でも、暦の上はともかく、春って、初や冬に比べて、何となく短いような気がするのです。

 

秋もそうですね。

暦の上ではともかく、実質とても短いような気がします。

「さあ読書の秋だ」
と思っていたら、本を読む間もなく終了してしまう。(笑)

暑いなあと言っていたのが、すぐ「寒いなあ」になる。

「秋の存在感よ、いずこへ」
みたいな感じになります。

秋が「物悲しい季節」と言われるのは、これが理由かもしれない。

夏と冬という「強烈な個性」に挟まれて、存在感がややもすれば薄くなっていく。

でも、僕はそんな「秋」がとても好きなのです。

僕は、秋こそ、「素晴らしい個性」を発揮していると思う。

もし、季節がずっと夏だったり、ずっと冬だったらどうなるでしょうか?

落ち着く暇もないでしょう。

エアコンをガンガンかけ続ける日々が続きます。

「いつまで花火大会なんだ」
ということになります。

夏の最中は、フェスティバルのよう。

でも、終わってしまえば、何となく虚脱感があります。

まるで、徹夜で騒いだ後のよう。

「秋疲れ」と言いますが、それは、むしろ「夏の疲れを癒してくれている」のだと思います。

秋は、心身を優しく包んでくれます。

物悲しいどころか、「次への活力」を与えてくれるのです。

だから、「芸術の秋」であり、「読書の秋」であり、「天高く馬肥ゆる秋」です。

また、日が短くなって夜が長く感じられるようになるので、落ち着いた気分になります。

「母さんが夜なべをして手袋編んでくれた~♪」
ですね。


そういう意味では、春もまたそう。

冬の厳しさを乗り越え、過ごしやすい季節がやってきます。

「春の小川はさらさら行くよ~♪」
なのです。


僕は、人間もきっとそうだと思うのですね。

ややもすれば、夏や冬のような、「強烈な個性」に憧れるかもしれない。

でも、我々の人生は、熱狂的な祭りではありません。

人生の個性とは、もっと「落ち着いたもの」です。

ジワジワ発揮されていくもの。
焦りとは無縁です。

一時的に騒がれて、あっという間に忘れ去られていくようなものではないのです。

本物は、ジワジワ輝いていくもの。

打ち上げ花火ではありません。

時間がかかって、いろいろあって、迷い悩んで、上がったり下がったりして、やっと輝いていくのです。

目立つわけではなく、決して派手ではないけれど、周囲の人を潤す存在になっていくのです。

だから焦らなくてもいいのですよ。

「あの人に素敵な恋人がいる」「自分より収入が多い」「自分より友人が多い」「自分より恵まれている」
そんなことは、どうでもいいことです。

誰が何と言っても「自分の人生」です。

それぞれペースがあるし、それぞれ人生のスケジュールがあります。

他人を羨ましがる必要など、全くありません。
心配も恐れもいらないのです。

自分は十分、いろいろなものを得ています。
これからも必要なものを得ていくことになります。

だから自分のことは安心していいのです。


大切なのは、「思いやり」です。

自分のために何かを思い通りにしようとすると、だんだんうまくいかなくなります。

でも、純粋に「他人のため」にしようと思うと、最後は思い通りになっていくものです。

人は「自分のため」と思うとなかなか力が発揮できず、「誰かのため」と思うと持てる力が発揮できます。

「思いやり」には大きな力があるのです。

「本当の自分」がそこにあるからです。

もし、純粋な思いやりが通じないことがあったら、それは、秋のように物悲しさを感じるかもしれません。

しかしそれは誤解です。

長期的には、必ず自分のためになっていきます。

善意は、決して無駄になることはありません。

では、これを、『秋的人生論』と名付けましょう。

 

「これを読んで人生が変わりました」という声を多くいただいています。
どこにもないメルマガです。

 

・今回のまとめ

善意の行為は、必ず最後はうまくいきます。

「本当の個性」を発揮したからです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。