読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

恋愛で、思いが伝わらなくなるのは、追いかけまくっているから

真の愛情

こんにちは。上村です。

こんな例を考えてみてください。

あなたに「好きな異性」がいるとします。

相手に振り向いてもらいたい。
そこで、いろいろアプローチします。

「頻繁に声をかける」
「接触する機会を多くする」
「様々なことを手伝う」
「プレゼントを渡す」

みたいな。

でも、いろいろしても、相手の反応が芳しくないとしましょう。

あなたは焦って、もっとアプローチ回数を増やそうとする。

優しくしても、し足りないような気がするのです。
「もっともっと」と思います。


もちろん、言うまでもないことですが、人に優しくするのはいいことです。

但し、恋愛なので、どうしても「求める気持ち」が強くなる。

相手に対して、「これほど優しくしたのだから見返りを」と思う。

そうなると、好きな人と、そうでない人に差をつけようとするかもしれない。

好きな異性に優しくても、そうでない異性に対しては極端に無関心になるかもしれません。

あるいは逆に、他の異性に優しくしたのだから、好きな異性にはもっと優しくしなければいけないと思うかも。

恋愛感情が絡むと、えてしてこんなことになる人がいますが、そもそも、恋愛感情ではなく、一般的な優しさで考えることが大切です。

元来、優しさとは、誰かと比べてどうとか、そんな比較ではありません。

好きな人に特別に優しくしたいのは、当然の気持ちで。

でも、だからといって、そうでない相手に冷淡になるのはおかしいですね。

差をつけようと考えること自体が、作為的です。

嫌いな相手ならまだしも、
友人とか、親しい相手にまで、冷淡になることがあります。

そうやって、友情が失われていくこともあるのです。

結局、恋愛に夢中になり過ぎて、「バランス」を失ったわけです。

優しさとは、もっと素朴な思いです。

しつこさなどとは、無縁です。
比較などとも、無縁です。

素朴な優しさを持っていたら、それを発揮する機会はいくらでもあるでしょう。

ところが、単に相手を求めている気持ちだけだったら、「優しさ」を発揮する機会は、どんどん失われていくものです。


話を恋愛に戻すと、
例えば、職場で、好きな異性の仕事を手伝ってあげるとします。

これは、もちろんいいのです。

でも、その仕事を奪って、すべてしてあげるわけにはいきません。

「手伝う」と「奪う」は、全然違います。

手伝うというのは、助力であり、相手の意思を尊重しています。
奪うというのは、略奪であり、相手の意思を無視しています。

いくらでも相手を支えることができます。

それは、相手の意思を「尊重するからこそ」できるのです。

ところが、熱にうかされると、相手の意思を無視して、自分の熱情だけを押し通そうとすることもあります。

相手にとって、それがためになるかどうかを考えれば、答えは出ます。

「相手のためになること」をすべきです。

特に恋愛は、感情が高まって、相手のためが、いつの間にか「自分の恋愛成就のため」になってしまうことがあります。

押し付けがましくなるのは、相手のためより、自分のためになっているからです。

優しさに比較などいらない。
人を選ぶ必要もありません。

優しさとは、「素朴な心の働き」です。

恋愛だから特別だとか、そんなことではないのです。

「好きでもない人に優しくしたから、好きな人にはもっと優しくしなければ」
「これだけ優しくしたのだから、相手も優しくすべきだ」

これは、強迫観念になっています。

そうではなく、「優しさ」という素朴なものが自分の中にあるのですから、もっと自然に発揮すればいいだけなのです。

肩の力を抜くべきです。

それに、あなたが誰かに優しくしたいように、相手もまたあなたに優しくしたいと思っているかもしれません。

その気持ちを察してあげるのも、優しさだと思います。

優しさとは、狭いものではなく、広がっていくものです。

 

「これを読んで人生が変わりました」という声を多くいただいています。
どこにもないメルマガです。

 

・今回のまとめ

優しさとは、「素朴な心の働き」です。

自然に発揮するだけです。

「素朴な優しさ」は、どんどん発揮する機会に恵まれていきます。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。