読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「こうあるべき」恋愛で心が重くなり、「こうしていこう」恋愛で心が軽くなる話

付き合い方

こんにちは。上村です。

僕が昔、勤務していた職場で、ある「決め事」がありました。

「印刷物の保存」についてです。
必ず、「5部保存」なのです。

それは決められていました。

でも、「なぜ5部なのか」わからない。

「1部や2部や3部なら、少な過ぎるからか」
と勝手に考えていました。

でも、だったら、5部でも少ないのではないか?

6部や7部でもいい。
いやキリのいいところで10部でもいい。

いったい適切な保存数とはいくつなのか?

もちろん、明確な基準などないのでしょう。

適当だと困るので、一応「5部保存」と決めたのでしょう。

誰が決めたのか?

最初の人です。
最初に決めたことが続いているのですね。

別に重要な理由はありません。

もっともらしい理由はあるかもしれませんが、本当に納得できる理由はないのです。


そう考えたら、恋愛などもそうですね。

「恋愛はこうあるべき」
と考える。

そこから外れたら、不満になってしまう。

遠距離恋愛で辛い思いをしている人は、もちろん会えないから辛いのでしょう。

でも、その前に、「会いたい時に会うのが恋愛だ」という思いがある。
それに外れているから、不満が大きくなるのです。

でも、たとえ頻繁に会えなくても、心でつながっていることもたくさんあります。

そして、100のカップルがいれば、100通りの恋愛があるでしょう。
それぞれ、「一つとして同じものはない」のです。

それぞれのドラマがあって、それぞれの価値観があります。
「恋愛はこうだ」と、一つの「物語」に集約できるものではありません。


器に水を張って、「黒い墨汁」を垂らすようなものですね。
墨汁の広がり方は、一つとして同じものはないでしょう。


今のは恋愛を例に出しましたが、人間関係も同じです。

もっと大きく言えば、「人生そのもの」も同じなのです。

一つとして同じ人生はありません。

みんな「個性的」です。それぞれの物語です。

だから、その「個性的なもの」に、もっと自信を持つことです。

相手のささいな行動に右往左往するのは、「こうあるべき」という型にはめているから。

「型などない」と思えば、自分は「今の状況に沿って進むだけ」です。

自分なりの物語でいいのです。
他人の真似など必要ありません。

結局それが、自分に余裕をもたらします。
堂々とした姿勢を引き寄せます。

そう割り切ったら、物事がきっとうまく回っていくでしょう。

相手が幸せになって、自分が幸せになるのが「いい関係」です。

難しく考えなくていい。

こうあるべきではなく、お互いが「こうしていこう」という寄り添いの中に、本当の幸せがあると考えます。


・今回のまとめ

「こうあるべき」ではなく、「こうしていこう」。

お互いの寄り添いの中に、いい関係はあります。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。