読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「自分を変える」とは、変身することではなく、自分を生かすこと

こんにちは。上村です。

昔、テレビ番組で、『女装が趣味の男性』を見たことがあります。

仕事が終わって、コスプレ店に行く。
そこで女装して、楽しむのです。

もちろん、職場では、普通です。

普通の社員として、同僚に接しています。

周りにしてみれば、まさか自分の同僚が退社後に女装しているなんて、想像もつかないでしょう。 

では、どうして彼は、そんなことをするのでしょうか?

もちろん好きだからですが、「ストレス解消」ですね。
一瞬でも、日常を忘れることができます。

ストレス解消法は人によって様々です。

女装は、一風変わっていますが、決しておかしなことと決め付けることはできません。

その格好で出勤したらおかしいですが、そういうことではないので。


突き詰めて考えてみると、「変身願望」は、誰の心情にもあるかもしれませんね。

かつて僕は予備校で働いていました。

そこで、少し「変わった先生」に出会ったことがあります。

何かの時に、「コスプレ衣装」を身にまとって、授業をしたのです。

アニメの「天才バカボン」に出てくる、「バカボンのパパ」のような格好。

そんな格好で説得力のある授業ができるかどうか疑問ですが(笑)、生徒にはウケていました。

あくまで企画で行なっただけですが、これも「変身願望」かもしれない。

天才バカボンになりたいわけではないでしょうが、「別人になってみたい」という願望はあるかもしれません。


小説にも、「ジキル博士とハイド氏」のような、別人に変わる物語もありますね。

僕自身、朝起きて、「ジョニーディップの顔」になっていたらどんなに素晴らしいだろうと思うことがあります。(笑)

しかし現実は、朝起きても、自分は自分のまま。

顔を洗って鏡を見たら、ジョニーディップどころか、アンパンマンがそこにいるのです。

しかし、アンパンマンはアンパンマンの使命があります。

ジョニーディップにそれはできません。

同じように、自分自身は自分自身として、「自分のすべきこと」があります。

それをすべきなのですね。
ここに、「自分を変える」という本質があります。

「自分を変える」とは別人になることではありません。

「今の自分を、もっと生かすこと」です。

自分を最大限生かすことです。
自分の長所を周囲のために役立てることです。

それが本当の意味で、「変わる」ということです。

本当の意味で変わることのできる人は、自分の環境を好転させていくことができるでしょう。


今回のまとめ

「自分を変える」とは別人になることではありません。

「自分を最大限に生かす」ことです。

そんな人は、環境を好転させていくことができるでしょう。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。