恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

遅刻に厳しいが、自分だって遅刻をする可能性があるという話

こんにちは。上村です。

学生時代、学校には、「校則」というものがありましたね。

『遅刻禁止』みたいなことが書かれていたかもしれない。

どうしてそんなことを書いているのでしょうか?

「遅刻は、いけないから」
と思いますよね。

確かにその通りですが、もう少し考えを進めてみましょう。

なぜそんな校則があるかといえば、
「遅刻する生徒がいるから」です。

誰も遅刻をしないなら、そんな校則はいりません。

しかし、生徒だけにそんなことを押し付けるのは不公平。

教員だって、遅刻をすることもあるかもしれません。

僕は昔、予備校で働いていましたが、生徒には「遅刻はダメ」だと言っておきながら、自分は遅刻をしたことがありました。

今、ここで懺悔をしたいと思います。(笑)


それはともかく、大切なことがあります。

つまり、人間は遅刻をする可能性があるということです。

少なくとも、その危険性は、誰にでもあります。

だとしたら、
遅刻をした人を、そんなに責めてはいけない。

誰でも「遅刻因子」を持っているのですから。

待たされても、心穏やかにしていればいい。

こんなことを書くと誤解されそうですが、もちろん遅刻を肯定しているわけではありません。

みんな遅刻ばかりしていたら、社会はおかくなっていくでしょう。

これは「心の持ちよう」を言っているのですね。

「イライラしてもしょうがないよ」
ということが言いたいのです。

「遅刻する人はいる」というのも事実。

これらのことがすべて許せないなら、荷物をまとめて無人島にでも行くしかありません。

無人島なら、遅刻問題も起こりません。

でも、孤独ですから、そのうち、「遅刻なんかどうでもいいから人と話がしたい」と思うようになるかもしれません。


真面目はもちろんいいことですが、「堅物」はよくない。

遅刻を正すなら、自分が腹が立ったからではなく、相手のことを思ってすべきなのです。


例えば、かつてこんな人がいました。

他人に対して、異常なまでに「完璧を求める」のです。
相手のささいな「矛盾したこと」も許せないのですね。

別にどちらでもいいことも、彼にかかれば「重大な問題」になります。
これでは、周囲は息苦しくて仕方がありません。

本人は「正義感」のつもりかもしれませんが、もちろんこれは、正義感でも何でもありません。

当然、彼の周囲からは、人が遠ざかっていったのです。

彼は、「まあ、いいじゃないか」という考え方ができなかったのですね。

最も大切な「寛容精神」を忘れてしまったのです。

確かに、周囲には、矛盾したこともいろいろあるでしょう。

でも、彼自身の行動だって、矛盾していたのです。

不誠実はダメと言いながら、自分は「人をむやみに追い詰める」という不誠実をしていたのですから。

少しの矛盾も許せないという気持ちなったら、もう行き詰まるしかありません。


そういえば、テレビで、こんな場面を見たことがあります。

ある学校の訓示で、教官が、生徒に向かってこんなことを言っていました。

「自分が正しくなくて、人に正しさを伝えることができるだろうか」
確かにその通りですね。

他人に求めるのではなく、自分に求めることです。
そうすれば「寛容精神」が発揮できます。

たとえ相手が本当に不誠実であっても、それに振り回されてはいけないのです。

振り回されなくなったら、周囲との関係もスンナリいくようになっていくでしょう。

結局そんな人が、相手を「いい方向」に導くこともできるのだと思います。

自分の「とらわれる気持ち」がなくなって、心が広がるからです。


・今回のまとめ

寛容で、心が広がっていく。

そんな人が、相手を「いい方向」に導くことができるのです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。