読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「これだけ好きだ」を伝えるのが愛情ではなく、「相手のことを思いやる」のが愛情

こんにちは。上村です。

前回のブログで、こんな話をしましたね。

「自分の世界は、自然に相手に伝わっていく」

宣伝しなくても、それは相手に伝わっていくのです。

これは、「何も言わなくてもわかってもらえる」という意味ではありません。
日常生活では、伝えるべきことは、伝える必要があるでしょう。

ただ、愛情は、連絡事項ではありません。

言葉の前に、「心」があります。
心こそが「本体」です。

いくら言葉を駆使しても、そこに心がなければ、無味乾燥です。

むしろ口先だけになって、心がなくなっていきます。


例えば、好きな人がいるとします。

好意は、自分が意識しなくても、自然に行動になってあらわれるものです。

「相手を好き」と思ったら、自然に「好意ある雰囲気」を出しています。

「どのようにして、自分の好きな思いを伝えるべきか」
と悩まなくてもいいのです。

「好き」と思ってる時点で、その気持ちは、自然に相手に伝わっていくことでしょう。

ところが、それを信じることができず、これでもかというくらいにしつこく好意を伝えようとするから、ギクシャクするのです。

本当の好意とは、自分を意識させることではありません。

「相手のためを思うこと」です。

本当の好意とは、もっと素朴なものですね。

「思いやり」とは、自然に発揮されるものです。

まさにそれは、『自分に忠実な世界』から発せられます。

好意を無理に押し付けたり、しつこくしたりするのは、自分の世界ではないのです。

もっと素朴な世界が、「自分の世界」。

やがて、その「自分に忠実な世界」は、「自分自身の魅力」へと変貌していくことでしょう。


・今回のまとめ

思いやりとは、自然に発揮されるもの。

あなたの中にそれがあれば、自然に発揮されていきます。

「自分に忠実な世界」は、自然に相手に伝わるのです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。