恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「目立たない自分」こそ、「大切な自分」だから、そこに自信を持つ話

こんにちは。上村です。

前回のブログで、「散った後の」桜の話をしました。

hideburo.hatenablog.com



でも、実はそれが「本体」なのですね。

桜の木は、一年の大半は誰にも見向きされない。

花も咲いていないのに、
「さあ、この木の下でお花見だ」と言う人がいたら、何か変ですよね。

その見向きもされない大半の時期を、しっかりそこに立って、
次の開花に備えています。

人間も、きっと桜のようなものだと思うのです。

目立たない時期、地味な時期こそが、
「本体」です。

本当の意味で「輝いている時」というのは、「目立たない時期」にあるのです。

それにはっきり気付くのは、未来になってから。


例えば、「人間関係に恵まれていない」と思っている人がいるとしましょう。

誰でも「孤独を感じる時」はあるものです。

しかし、その時期こそが、
実は自分の「内面」が鍛えられています。


桜が咲くように、開花の時期は、やがてやってきます。

ところが、何か都合の悪いことが長引くと、
えてして、未来に不安を感じるものです。

せっかくの大切な時期を、それとは気付かない。

恵まれていない時期こそが、
本当は「恵まれた時期」であることに、気付かないのです。


普段は普通の桜の木が、
時期が来ればあんなに素晴らしい花を咲かせるのです。

それを桜の木と知らなければ、誰がそれを想像できるでしょうか。

しかし、自分自身は、しっかり「想像」するべきです。

なぜなら、自分の人生だから。

花を咲かすというのは、
「華やかになる」という意味ではありません。

そんな表面的な意味とは、全く違うのですね。

「開花」とは、自分の潜在力に気付き、それを発揮していくことにあります。

人目につく行動とか、そんな意味ではありません。
名前を売ることとも、何の関係もありません。

ただ、自分の使命に、少しずつ気がついていくことが、
「開花の時期」です。


では、開花の時期を待つ心構えは、何でしょうか?

一言で言えば、
「ジタバタしないこと」です。

自分は日々すべきことをしていく。

開花の時期は、人生が決めてくれますので、心配はいりません。

もちろん、開花は一回ではありません。

桜の木が毎年花を咲かせるように、
人間にも、何度も開花が訪れます。

その都度、自分の中に、
「本当の幸せの価値観」が生まれていくことでしょう。

他人をうらやましがって、焦るのは間違っています。

人それぞれに、「人生のペース」がありますね。

自分の人生のペースに信頼を寄せ、
目前のなすべきことをなしていくこと。


自分の長所を発揮して、周囲のためにそれを生かしていくこと。

その心がけが、いつか必ず、「大輪の花」を咲かせることでしょう。


・今回のまとめ

本当の意味で「輝いている時」というのは、目立たない時期。

そこに自信を持って、自分自身を生かしていくことです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。