恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

別人になることが強くなることではなく、「自分のいい部分を発揮すること」が強くなるということ

こんにちは。上村です。

「傷つきやすい性格」の人がいます。

そのせいで、他人との関係がうまくいかないと思っています。

傷つきやすい性格を毛嫌いし、
それを取り除こうと必死になる。

ところが皮肉なものです。

傷つくまいとすると、余計に傷つくことが多くなることがあります。

そんな自分をますます責めて、
どうしていいかわからなくなるのです。

こんな場合は、どうしたらいいのでしょうか?

この人は、「大きな勘違い」をしていると思います。

「傷つくことはダメ」と思っているのです。

傷つきやすさを、勝手に劣等感にしているのです。

しかし、傷つきやすいことは、本当にダメなことでしょうか?

そんなことはありません。

それだけ繊細ということですし、
感受性もあるということです。

繊細が裏目に出れば、傷つきやすくなります。

でも、それを前向きにとらえれば、「よく気がつく」という「長所」になるのです。

「傷つきやすい」というのは、短所ではなく、
実は大きな長所になる可能性を秘めたものなのです。


そう考えれば、きっと心に勇気が芽生えるはずです。

「傷つきやすい」というのは、損ではありません。

なぜなら、傷つきやすい人は、
その都度「傷つく人の気持ち」に共感するからです。

優しい心も芽生えてくるでしょう。

理不尽な言葉、悪い言葉を、跳ね返す意思を養うきっかけにもなります。

傷つきやすいと思っている人も、過去を振り返ってみれば、
肝心なところで「思いがけないたくましさ」を発揮することもあったのではないでしょうか。

知らない間に、傷つきやすさをバネにしていたのでしょう。

人の辛さを理解する気持ち。

それは、過去の自分の辛い経験こそが、学びになっています。

「鋼の心」とは、外にあるのではありません。
「自分の中」にあるのです。

しかも、「傷つきやすい心」という「中」にあるのです。

自分の性格を拒否したところにあるのではなく、
自分の性格を受け入れたところにあるのです。



・今回のまとめ

「しっかりした心」は、外にあるのではありません。

「自分の中」にあります。

自分の性格を、「肯定」したところにあるのです。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」を知ることができます。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。