恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

愛情は自然に伝わるから安心していい話

こんにちは。上村です。

前回のブログで、「不完全を恐れなくていい」という話をしました。

hideburo.hatenablog.com



例えば、恋愛で考えてみましょう。

恋人と、食事の約束をします。

でも急に、「今日は仕事で無理」と言われます。

「仕事と私と、どちらが大事?」
と言いたいところ。

しかし、この質問に答えるのは無理です。

なぜなら、比べられないものだからです。
どちらも大切でしょう。

「恋人ならこうすべき」という思い。
それが、「完璧主義」です。

完璧を目指すのはいいのですが、「完璧でなければならない」というのは違います。

どこにも、完璧などないからです。

完璧主義に陥ると、関係が行き詰ってきます。

それぞれ「独自の愛」を育んでいけばいいだけで、それは完璧を求めなくてもできること。

「今日の自分は完璧ではないから、好きな人と会えない」
と言っていたら、ずっと会えなくなってしまう。

不完全なのは誰でもそうです。

もし本当に「完璧に近いもの」があるとしたら、「不完全なことをどんどんしていった先」に見えてくるものでしょう。


好意を伝えようと、躍起になっている人がいますね。

でも、なぜか相手の反応が鈍っていく。

なぜそうなるのでしょうか?

「完璧に愛情を伝えなければならない」と思っているからではないでしょうか。

でも本当の愛情とは、そんな強迫的なものではありません。

もっと素朴なものですね。

愛情とは、「自然に伝わるもの」です。

愛情とは、伝えようとするものではなく、自然に発揮していくものです。

宣伝ではなく、行為です。
口先ではなく、素朴な思いやりです。

受け入れ態勢のある人に、自然に伝わっていくものです。


もちろん、恋愛に限った話ではありません。

人間関係もそうですし、友情もそうです。

「会話」だってそうですよ。
完璧な会話など、どこにもありません。

完璧な会話を求めようとすると、
かえってぎこちなくなるものです。

完璧主義を捨て、もっと肩の力を抜いて、
素朴な自分を発揮していこう。

「不完全な円」でいいので、どんどん描いていくことです。

何かに行き詰まっている人は、
「完璧な円」を描こうと思い過ぎているのかもしれません。


完璧な円を、フリーハンドで描くことなどできないのです。

それと同じで、今の相手も自分も、決して完璧ではありません。

だからこそ、足らざるものを埋めようと、努力していくのです。

不完全というのは、「向い風」ではありません。

自分を押してくれる、「追い風」です。


・今回のまとめ

愛情とは、伝えようとするものではなく、自然に発揮していくものです。

本来の愛情は、焦りや心配ではなく、「落ち着きと希望」をもたらします。

 

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」

「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

 

今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

 

「究極の解決方法」を知ることができます。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。