恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる方は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

ビクビクしなくなれば、相手のことがわかってくる話

こんにちは。上村です。

「コミュニケーションが苦手」という方が、いらっしゃると思います。

最近は、「コミュ障」なる言葉があるらしい。
嫌な言葉です。

あたかもそれが、
「何かの欠点」であるかのような誤解を与えています。

その結果、
「欠点でないもの」を、欠点と思い込んでしまうのです。

かえって意思疎通がうまくいかないことに、拍車をかけています。

これは、一種の「洗脳」です。

たいしたことではないのに、
あたかも「重大であるかのように」騒ぎ立てる。

そして、「本当に大切なこと」は忘れられていくのです。


例えば、僕は昔から、
「赤面症」と言われることがありました。

「お前、顔が真っ赤だよ」
などと、友達からよく言われたものです。

それが恥ずかしくて、ますます顔が赤くなった。

赤くなればなるほど、ますます指摘されるので、
ますます辛くなっていく。

そうすると、何か赤面がいけないことのように、自分で思うようになったのです。

人見知りに拍車がかかって、
なかなか人とうまく接することができなくなっていきます。

「やっぱり自分は、人間関係が苦手だ」
と思い込んでしまう。

さっき例に挙げた、「コミュニケーションが苦手」「意思疎通が苦手」も同じことですね。

何かのきっかけで、自分でそう思い込み、
周りの状況が、それに拍車をかけていくのです。

周りがどうであろうと、それは仕方のないこと。

でも、自分自身の考え方は、自分で変えることができます。

僕の場合、いつの間にやら、赤面が気にならなくなりました。

「なぜだろう?」と思ったら、
理由は簡単。

学校を卒業して、僕は予備校に就職しました。

予備校で、
「進路指導の仕事」をするようになったのです。

大勢の生徒の前で、話さなければならなくなったのです。

仕事だから仕方がありません。

大勢の前で話す時は、必死です。

自分の顔が赤いとか、青いとか、白いとか言ってられません。

「何を話すか」で精一杯。
顔のことなど気にしていられなくなったのです。

そういう心境になると不思議ですね。
赤ら顔を指摘されることもなくなっていきました。

「指摘されたくない」と思った時は、やたらに指摘されたのです。

「指摘されてもいい」と思ってから、誰も指摘しなくなった。

皮肉なものですが、そういうことってありますよね。

自分が傷ついている時は、
いっそう人から傷つくことを言われることがあります。

「傷つくことを言われたくない」と思うと、ますます言われていく。

なぜでしょうか?

結局、心が縛られているからでしょう。

ビクビクしているのです。

その心配が、心配を引き付けるのです。

別れを過剰に恐れる人ほど、
相手の嫌がることをしてしまうことがあります。


その結果、関係が悪化していく。

考えてみれば、「コミュニケーションが苦手」など、たいした問題ではありません。

そもそも、自分の考えていることを、すべて正確に相手に伝えきるなど、
できるものでありません。

自分が精一杯誠実に伝えればいいだけだと思います。

それで誤解されても、それはもう自分の責任でありません。


知らないことを「知らない」と言えない人もそうですね。

「知らないといったら、馬鹿にされるのではないか、信頼されなくなるのではないか」と恐れています。

しかし、そんなおかしなことはありません。

相手がどう思おうと、それは相手のことです。

自分は正直にそう言ったのですから、何も問題はないのです。

外部状況で束縛されると思いがちですが、そうとも言えません。

束縛は、自分で自分にしている場合があるのです。

さっきの「顔を赤らめる」こともそうですね。
別にたいした問題ではありません。

「自分がどう見られるか」だけのことです。
相変わらず自分は自分であり、何も変わらないのです。

人からどう見られるかなど、重要なことではありません。

コミュニケーションごときで、
そんなに悩むのは、時間がもったいないと思うのです。

もっと大切なことがあり、もっと重要なことがあります。

人間関係では、「思いやり」こそが最も大切です。

コミュニケーション自体は、単なる手段です。

「本質」が最も大切であり、本質がなければ、そもそも手段もありません。

「最も大切なこと」に意識を向けるべきです。

そうすれば、心がもっと自由になっていくと思います。

その時には、もはや「意思疎通がうまくいかない」という悩みは、自然に消えていくことでしょう。


・今回のまとめ

ビクビクする必要など、全くありません。

「自分を活かしていくこと」に神経を使うべきです。

心が自由になれば、きっと伝わるべきことが伝わっていきます。

 

 

あなたが「愛の弱者」だと思うなら、
あなたは誰よりも「愛の強者」になることができます。

 

その秘術を書いたものです。

 

ここで書いてあることを、そのまま実行すればいいだけです。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。

 

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

今のあなたで「たくましく」なる方法

こんにちは。上村です。

以前、こんなテレビ番組のシーンを見たことがあります。

「ある本に対する討論」を、数人がしていました。

討論するくらいなので、
当然、全員その本を読んでいるはず。

と思ったら、読んでる人は、ごく少数のよう。

その中の多くは、読んでないその本を、
批評していたのです。

どうすれば、読まない本の批評ができるのでしょうか。

しかし、それなりに語っていたから、不思議。(笑)

でも、誠実な態度とは、言い難いですね。

もちろん、そんなに目くじらを立てるようなことでもないかもしれない。

ただ、読んでいない内容を、テレビであれこれ批評している人を見て、
ちょっと驚きました。

その「あつかましさ」に驚いたのです。

僕には、できないと思った。

何とかごまかせても、聞いてる人への誠実さには欠けます。

と言いながらも、僕自身も同じような経験があるのです。

僕は昔、予備校で、
「進路指導の仕事」をしていました。

生徒から、知らないことを聞かれる。

焦ったことが、何度もありました。

「知らない」と素直に言えばいいのに、
適当に「知っている素振り」をしてしまったことがあった。

「頼りにならない」と思われるのが、嫌だったからです。

でも、後でそれは、「逆」だとわかりました。

知らないことは「知らない」と言った方が、生徒は信頼します。

たとえ一時的にはごまかせても、長期的には無理なのです。

知らないことを、
あたかも知っているかのようにごまかす人を、
信頼したりはしないもの。


もちろん、状況にもよるでしょう。

会社の営業マンが、営業先で、

「全然何も知りません」
と言うわけにもいかないでしょう。

でもそれだって、
誤った情報を伝えたり、実体のない大げさなことを言ったりすれば、
後々自分が困ったことになります。

長所も欠点も伝えてこそ、誠実と言えます。

どんな時でも、どんな立場でも、「誠実さ」はとても大切。


そこで、さっきの話に戻りましょう。

「読んでもいない本の批評」をしていた人たちですね。

それは、あまりいいこととは言えません。

ところが、そのあつかましい行為を、
「羨ましがる人」がいます。

遠慮ばかりしてしまう人に多いですね。

「自分は、あつかましさに欠けている」
と思う。

「もっと図々しい性格になりたい」
と考える。

しかし、ここに勘違いがあるのです。

「あつかましさ」と「たくましさ」を、同じに考えてはいけない。

「たくましさ」は、必要です。
「あつかましさ」は、必要ありません。

では、この二つは、何が違うのでしょうか?

試みに、手持ちの辞書を引いてみましょう。

・あつかましい=恥を知らない
・たくましい=心がしっかりしていて、ものに動かされない

と書いてあります。

読んだだけでも、一目瞭然ですね。

「あつかましい」は、マイナスのイメージです。
「たくましい」は、プラスのイメージです。

同じエネルギーでも、出す方向性で、
プラスになったりマイナスになったりするのです。

あつかましさには、細やかさがありません。

でも、たくましさは、
「強い意志」と「感受性」の両方を兼ね備えたものです。

だからもしあなたが、
「自分は細かいことが気になって、たくましさに欠けている」と言うなら、
それは違うのです。

その繊細さは、たくましさを、
いっそうレベルの高いものにしていきます。


よく気がつくからこそ、自分の気持ち一つで、
「もっともっとたくましくなっていける」のです。

たくましさとは、内面的なもの。

あなたが弱点と思っていることが、
意外に「強み」であることがあります。


あつかましさを真似する必要はありません。

それがまさに、「たくましさ」です。

「あなたの中のたくましさ」を、
大切にしていっていただきたいと思います。


そうすればきっと、どんな状況でも、それを肥やしにして、
発展していけることでしょう。


・今回のまとめ

たくましくなること。

あなたの性格をそのまま生かしていくことが、
「たくましい」ということです。

 

 

あなたが「愛の弱者」だと思うなら、
あなたは誰よりも「愛の強者」になることができます。

 

その秘術を書いたものです。

 

ここで書いてあることを、そのまま実行すればいいだけです。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。

 

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

「すれ違いもまた、意味あること」という新しい考えが、あなたの愛情問題をよくしていく

こんにちは。上村です。

突然ですが、「好きな人の気持ちがわからない時」は、不安になるものですね。

特に恋愛はそうでしょう。

人間関係でも、
やはり相手の気持ちがよくわからなくて苦しい時もあります。

恋愛や人間関係で、「相手のことが理解できない」という悩み。

でも、冷静に考えてみましょう。

それぞれに個性があります。

いくら大好きな人でも、すべてを理解することなど難しいでしょう。

相手も同じですね。

あなたのことをすべて理解しているかといえば、
そんなことはないでしょう。

でも、その「理解できない部分」を含めて受け入れているから、
あなたのことが好きなわけですね。

理解できないことを理解しようとするから、そこに努力が生まれると思う。

壁があるから、それを乗り越えようとする。

いっそう愛情が確かなものになっていきます。

ところが、「順調なのが当たり前で、すれ違いはあってはならない」と考えると、現実とのギャップに苦しむことがあります。

お互いが別人格ですし、違いもあって当然です。

ささいな違いやトラブルに、いちいち落ち込んでいいてはいけないのですね。

「すれ違い」を、もっとプラスにとらえて、次への足がかりにすべきだと思うのです。

その違いを、「関係の原動力」にしていくべきなのです。

これこそ、本当のプラス思考。

常に、物事を「明るい側面」で見ていくことが大切です。

なぜなら、それが本質だからです。

本質に忠実になれば、いろいろなことがよくなっていくものですよ。

そこには、「正しい力の源泉」があるからですね。


・今回のまとめ

恋愛や人間関係で困ったら、「すれ違い」をプラスに変える勇気を持つことです。

そんな気構えが、状況をよくしていくでしょう。

 

 

あなたが「愛の弱者」だと思うなら、
あなたは誰よりも「愛の強者」になることができます。

 

その秘術を書いたものです。

 

ここで書いてあることを、そのまま実行すればいいだけです。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。

 

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。