恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる方は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

好きな人を追いかけるより、自分の責任を果たす方が大切

こんにちは。上村です。

突然ですが、こんな「青春の1ページ」を考えてみましょう。

A子さんは、高校生。
クラスメートに「好きな男子」がいます。

でも、彼とは話したことがありません。
密かな恋心。

いつも見ているだけ。
片想いです。

好きな彼は、「陸上部」に所属しています。(ありがちなシチュエーションをお許しください)

放課後に、陸上部員がグラウンドを走っている。

A子さんは、校舎の窓からそれを眺めています。

窓から一人一人の顔は見えません。
でも、大好きな彼も、確実に走っているのです。

「あの中に彼がいる」と思うだけで、胸が張り裂けそうになる。
切なさがこみ上げてきます。

しかし、当の彼は、A子さんことなど頭の片隅にもないのです。
走っている最中ですしね。(笑)

走っていなくても、何とも思っていないかもしれない。

そう考えると、ますます切なさは募ります。

何とも言えない思いを抱きつつ、A子さんは家路につきます。

恋とは、切なく苦しいもの。

・・・と、ここまでは情緒的なお話ですね。

こういう情緒的な話を、少し「理性的」に考えてみることにしましょう。

グラウンドを走っている彼は、A子さんとは「別世界」にいます。

しかし離れているといっても、彼は宇宙人ではありません。
「同じ学校という空間」にいるのです。

しかし、二人の間には「距離」があります。
距離があっても、A子さんはそんな彼に恋心を募らせているのです。

なぜでしょうか?

「彼のひたむきさ」に惹かれているのでしょう。

ひたむきに走っている姿に、心を奪われているのです。

そう考えると、テレビの「マラソン番組」の視聴率がいいのもよくわかる。

まあこれは冗談ですが、別に走ることだけではなく、「何かに打ち込む」ということですね。

その姿は素敵です。

人の気持ちをとらえるものがあります。

でも、勘違いしないでください。

「では、好きな人にひたむきにアプローチしよう」
などという意味ではありません。

ここでの「ひたむき」とは、そういう意味ではないのです。

ひたむきに異性を追いかけている人を見て、その姿を魅力的だと思う人がいるでしょうか。

彼がグラウンドで異性を追いかけていたら、彼女の恋心も一瞬で覚めるでしょう。(笑)

相手のためになっているのならいいのですが、そういうことではありませんからね。

もっと「自分自身を本当に活かすこと」にひたむきになってみるべきだと思うのです。

もちろん、恋愛がつまらないなどと言っているのではありません。

ただ、それは個人的な都合の「小さな世界」です。

うまくいかない時というのは、小さな世界に埋没して、広い世界を見失っている時です。

「私とあなたの二人の世界」といっても、私にもあなたにも、自分自身の環境があります。

日常があり、人生があります。

それを尊重し合うことが大切です。

自分の「足下」を見つめてみましょう。

自分自身をもっと活かすことに取り組んでいれば、いろいろな悩みも解消していくもの。


例えば、あなたが誰かに、こんな相談をしたとしましょう。

「好きな人と親しくなるためには、どうすればいいのでしょうか?」
「そうだね、今日の仕事(家事、勉強)をガンバッテ」

「フザけている」と思うかもしれませんが、実は間違っていないのです。

もちろんこれは恋愛アドバイスになっていませんが、しかし大切なことです。

★今の自分を活かしていく
これに勝る自分の責任はありません。

そして、そういった「責任」を果たしていく中で、悩みも必ず解決していくものなのです。

愛情の悩みや人間関係、行き場を見いだせない環境も、必ず変化していくことでしょう。

「本質」をいつでも大切にしていくことです。


・今回のまとめ

ひたむきに「自分の使命」を果たしていく。

その中で、自然に「あなたにとって必要な環境」が整っていきます。

 

 

あなたが「愛の弱者」だと思うなら、
あなたは誰よりも「愛の強者」になることができます。

 

その秘術を書いたものです。

 

ここで書いてあることを、そのまま実行すればいいだけです。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。

 

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

迷いを吹っ切った時、きっと次の進展があるだろう

こんにちは。上村です。

以前、こんな男性がいました。

彼は車を持っています。
恋人を頻繁に家まで送っていく。

それはもちろんいいことです。

ただ、彼女の自宅は遠いのです。
彼の家から車で2時間くらいかかる。

要するに、往復4時間ですね。

4時間も車を運転していたら、体力が消耗しますね。

安全のためにも、必ず途中休憩はいれるべき。

帰りは一人ですし、なおさら時間も長く感じたでしょう。

しかも、彼が所有していた車は、いわゆる「マニュアル車(ミッション車)」です。

もう最近は滅多に見ない車です。
オートマチック車よりも操作が複雑。

「クラッチ操作」というのがあります。

「いつも左足がつりそうになる」と彼は言っていた。
(クラッチ操作は左足でするので)

それはジョークかもしれませんが、いずれにしても相当な体力だと思いました。

でも彼は、特に「頑健な人」というわけでもないのです。

もし僕が、頻繁にそんなことをしろと言われたら、とてもできそうにありません。

「恋の力とは凄いものだ」と思った。

一種、信じられないくらいのエネルギーが出るのですね。

普段は気が弱いのに、「恋人のため」と思うと、途端に勇気百倍になる人もいます。

雑な性格の人が、急にこまめになったりとか。


例えば、状況は違いますが、タレントさんを好きになってそれに入れ込む人もいます。

普通に応援しているくらいならともかく、中には本気恋愛的になる人もいる。

タレントグッズ等を手に入れるため、多額を出費する。

一回分は少なくても、それが重なればかなりの額になります。

出せる金額ならいいのですが、中には無理をしている人もいます。

もちろん本人が満足しているならそれでいいかもしれません。

でも、あまりに行き過ぎると、自分で何をやっているのかわからなくなる場合もあります。

その力が「外に向かっているうち」はいいのです。

でも、例えば失恋などして、エネルギーを使う対象がなくなった場合、ややこしくなります。

あるいは、大好きなタレントが引退や恋人発覚などしたら、ショックかもしれない。

エネルギーを使う対象がなくなって、茫然自失になる場合もあるでしょう。

いずれにしても時間が解決する話ですが、中には自分から解決を遅らしている人もいます。

そのエネルギーが「自分自身に」向かう。

失恋のショック、もう誰も信じられないといった、ネガティブな感情に向かうこともあります。

ここで大切なことがわかると思います。

恋人のために頑張ったことも、失恋後のネガティブな感情も、元々「エネルギーとしては同じ」です。

「出方」が違うだけですね。

片や「ポジティブなエネルギー」で、もう一方は「ネガティブなエネルギー」です。

恋は、莫大なエネルギーがあるでしょう。

そのエネルギーを後ろ向きに使った時、「恋の果てしない悩み」になってしまうのです。


今は恋愛を例に出しましたが、もちろんそれだけではありません。

すべてのことに、「両面」があるのですね。

仕事で大きなプロジェクトを任される。

気合を入れて取り組みます。

その時は気持ちが高まっているでしょう。

ところが急に、そのプロジェクトから外されるようなことがあったらどうなるか?

仕事そのものにやる気を失う場合もあるでしょう。

目標を見失って、そのネガティブな感情が自分を振り回すようになるのです。

もちろん、難しい話ではないのです。

例えば、もう一度恋愛で考えてみましょう。

恋の喜びも、恋の辛さも、「恋の両面」ということです。

せつなさがあるから、喜びもある。

だったら、それを受け入れることが大切。

「恋人はこうあるべき」「相手は常に愛想よくするべき」「デートを断ってはいけない」

などと考えていたらどうなるでしょうか?

押し付けがましい態度をしてしまうでしょう。

相手は、それを感じて逃げ腰になるかもしれない。

エネルギーは正しく使うべきです。

いろいろなジレンマがあって当然です。

むしろジレンマこそが、いっそうの力を自分に与えてくれるでしょう。

大切なのは素朴な気持ち。
相手のことが好きならそれでいい。

余計な心配をしたり、将来を考えて不安になったりするから、わけがわからなくなってしまうのですね。

「素朴な気持ち」を大切にしていこう。

そうすれば、物事は自然にいい方向に向かっていくでしょう。


・今回のまとめ

困った時こそ、「本質」を思い出すチャンス。

「本当の自分」がそこにあります。

迷いを吹っ切った時、次の展開が待っているものです。

 

 

あなたが「愛の弱者」だと思うなら、
あなたは誰よりも「愛の強者」になることができます。

 

その秘術を書いたものです。

 

ここで書いてあることを、そのまま実行すればいいだけです。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。

 

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

信じようとしても気持ちが続かない人が、確信を持つことができる方法

こんにちは。上村です。

突然ですが、あなたには、何か「理想」があるでしょうか?

もちろん理想を持つのはいいことですね。
理想があるからこそ、毎日希望を持って過ごせる。

でも人によっては、その理想が自分をがんじがらめにしている場合もあります。

恋愛でもあるでしょう。

「好きな人と付き合いたい」と思っても、そうなるかどうかはわかりません。

「あの人と付き合える・・・必ず付き合える・・・」
と呪文のように唱えても、しっくりこない。

「信念」とは、表面的な暗示ではなく、もっと奥深いものです。

第一、思い込もうと思っても、思い込めるものでもないでしょう。

信念とは、もっと「心の底」から自然に湧いてくるものですね。

外的な暗示ではなく、「内的な確信」です。

では、どうすればいいのでしょうか?

その人が、「自分に合う人かどうか」を、日々の付き合いを通じて考えてみることです。

自分の意思も大切ですし、相手の意思も大切です。

支え合える相手かどうか。幸せに向かって努力していける相手かどうか。
楽しいだけではなく、責任を負っていく相手としてふさわしいかどうか。

その中から湧いてきた、「内的な確信」が大切です。

納得できるなら、後は信じることです。

「この人しかいない」と思っていても、
では、その人だけ見ていればいいかというと、そうではありませんね。

幅広く人を見ていくべきです。

もちろん、付き合いを派手にするとか、そんな意味ではありません。

「視野を広げる」という意味です。

「理想」が自分を縛り付けてはいけない。

本来、「理想」は、自分に自由を与えてくれるものです。

現実と調和していく中から、本当の理想が生まれていくと考えます。

流されるという意味ではありません。

今を今としてしっかり過ごしていく中から、次第に生まれてくる理想。

それが大切だと思います。


例えば、「文筆家になりたい」と思っている人がいるとします。

でも、思っているだけなら、それな単なる理想ですね。

本当になりたいなら、文章を書いていかねばなりません。

売れる売れないに関係なく、書いていくことです。

もし、自分に合っている職業なら、それに近付いていくでしょう。

また、合わないなら、自然に別の方向になっていきます。

全く違った方向の場合もあるでしょうし、
文筆家でなくても、何か書く仕事をしていくことになるかもしれない。

それは、誰にもわかりません。

歩んでいく中から、きっと道が見つかっていきます。

とにかく、「今できること」をしていくことです。

未来を作っているのは今。
今を否定していては未来はやってこない。

今を生かし、今を肯定し、今の自分を肯定し、そこから発展を目指していく。

必ず、あなたの人生にとって、いい方向に向かっていくでしょう。


・今回のまとめ

歩んでいく中から、自然に「道」が見つかっていく。

心の中から自然に湧いてくる確信こそ、大切な理想です。

 

 

あなたが「愛の弱者」だと思うなら、
あなたは誰よりも「愛の強者」になることができます。

 

その秘術を書いたものです。

 

ここで書いてあることを、そのまま実行すればいいだけです。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。

 

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。