読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛や人間関係の悩みを解決していくブログ

恋愛や人間関係に悩んでいる人は読んでみてください。きっと解決に向かっていくはずです。

「目立たない自分」こそ、「大切な自分」だから、そこに自信を持つ話

こんにちは。上村です。

前回のブログで、「散った後の」桜の話をしました。

hideburo.hatenablog.com



でも、実はそれが「本体」なのですね。

桜の木は、一年の大半は誰にも見向きされない。

花も咲いていないのに、
「さあ、この木の下でお花見だ」と言う人がいたら、何か変ですよね。

その見向きもされない大半の時期を、しっかりそこに立って、
次の開花に備えています。

人間も、きっと桜のようなものだと思うのです。

目立たない時期、地味な時期こそが、
「本体」です。

本当の意味で「輝いている時」というのは、「目立たない時期」にあるのです。

それにはっきり気付くのは、未来になってから。


例えば、「人間関係に恵まれていない」と思っている人がいるとしましょう。

誰でも「孤独を感じる時」はあるものです。

しかし、その時期こそが、
実は自分の「内面」が鍛えられています。


桜が咲くように、開花の時期は、やがてやってきます。

ところが、何か都合の悪いことが長引くと、
えてして、未来に不安を感じるものです。

せっかくの大切な時期を、それとは気付かない。

恵まれていない時期こそが、
本当は「恵まれた時期」であることに、気付かないのです。


普段は普通の桜の木が、
時期が来ればあんなに素晴らしい花を咲かせるのです。

それを桜の木と知らなければ、誰がそれを想像できるでしょうか。

しかし、自分自身は、しっかり「想像」するべきです。

なぜなら、自分の人生だから。

花を咲かすというのは、
「華やかになる」という意味ではありません。

そんな表面的な意味とは、全く違うのですね。

「開花」とは、自分の潜在力に気付き、それを発揮していくことにあります。

人目につく行動とか、そんな意味ではありません。
名前を売ることとも、何の関係もありません。

ただ、自分の使命に、少しずつ気がついていくことが、
「開花の時期」です。


では、開花の時期を待つ心構えは、何でしょうか?

一言で言えば、
「ジタバタしないこと」です。

自分は日々すべきことをしていく。

開花の時期は、人生が決めてくれますので、心配はいりません。

もちろん、開花は一回ではありません。

桜の木が毎年花を咲かせるように、
人間にも、何度も開花が訪れます。

その都度、自分の中に、
「本当の幸せの価値観」が生まれていくことでしょう。

他人をうらやましがって、焦るのは間違っています。

人それぞれに、「人生のペース」がありますね。

自分の人生のペースに信頼を寄せ、
目前のなすべきことをなしていくこと。


自分の長所を発揮して、周囲のためにそれを生かしていくこと。

その心がけが、いつか必ず、「大輪の花」を咲かせることでしょう。


・今回のまとめ

本当の意味で「輝いている時」というのは、目立たない時期。

そこに自信を持って、自分自身を生かしていくことです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

 

「本当に大切な時期」とは、みんなから注目された時ではなく、誰からも注目されなかった時

こんにちは。上村です。

「桜のシーズン」ですね。

毎年、とても楽しませてくれます。

「でも、そろそろ終わりじゃないか」
と思われたかもしれません。

でも、「今だからこそ」桜の話をしたいのです。


「自分は桜が好きだ」
という方は、たくさんおられるでしょう。

僕も好きです。

桜は、春爛漫のイメージにぴったり。

華やかに、咲き誇る花びら。

開花の時期になれば、
多くの人が足を止めて、桜に見入ります。

しかしです。

「花の咲いていない時期」に桜の木をじっと見ている人がいたら、どう思うでしょうか?

「何をそんなに見ているの?」
と不思議に思うでしょう。

花も咲いていないし、見るべきものがないからです。

でも、僕はこう考えるのです。

「桜の実体」とは、何でしょうか?

「4月に咲き誇る華やかな存在」が、その実体でしょうか?

いや、違うと思います。

桜の木は、一年の大半は誰にも見向きされません。

その見向きもされない大半の時期を、しっかりそこに立って、次の開花に備えているのです。

もし一年中咲いていたら、誰もその価値を感じなくなるかもしれない。


人生も、きっとそうではないでしょうか。

活躍している時期、うまくいっている時期を、
本当の自分だと思うかもしれません。

でも、本当の自分とは、むしろ、
「陽の当たらない時期にある」のではないでしょうか。


目立たない時期こそ、「その人の本質」が現れます。

ところが、表面的なことに流されると、
「そんなのは嫌だ。いつでもどこでも咲いていたい」
と思ってしまうのです。

その結果、余計な見栄を張って、自分を見失っていく。

ごく一部分の自分にこだわって、
「本体の自分」を忘れてしまうのです。

嫉妬ばかりを刺激する世の中も、それに拍車をかけています。


誰にも見向きもされない時期こそ、大切にすべきです

空白は空白ではありません。

むしろ、自分が「空白」と思っていることが、本体の場合があります。

誰かと別れた後は、空白を感じるでしょう。

でも、それは終わりではなく、新しい始まりです。
失った後に、得ていくものです。

後ろを走っている時こそ、大切なことが身についています。

その時こそ、自分に大切なことを教えてくれます。

地味な時、目立たない時、行き詰った時こそが、
「最も大切な時」なのです。


一時的なことに動揺するのではなく、「本体」を常に大切にしていきたいですね。


・今回のまとめ

地味な時、目立たない時、行き詰った時こそ、重要な時。

「本体のあなた」が活動している時です。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。

 

 

 

「嫌われる恐怖」をハネのけて愛される話

こんにちは。上村です。

前回のブログで、「反面教師を生かそう」という話をしました。

hideburo.hatenablog.com



自分にとってイヤなことを、
「反面教師」としてとらえるわけです。


こういうのは、恋愛にも言えることです。

好きな人の心をつかもうと、躍起になる。
でも、うまくいかず、行き詰まる。

悩みが深くなります。

そんな場合は、「別角度」から考えてみることが必要です。

「失敗」という反面教師を考えてみる。
「失敗しよう」と思ってみる。(笑)

いや、冗談ではありません。

「失敗」という視点で見てみると、「失敗理由」がよくわかるものです。

狭くなった視野が、広がるからです。

「成功したい成功したい」と高ぶった気持ちを、
その逆の「失敗」を考えることで、冷静にしてみるのです。

「こうすれば嫌われる」とか、「こうすれば無視される」とか、
いろいろわかってきます。

恋愛を成就したいと思うあまり、
普通に考えて嫌われるようなことを、平気でしている場合もあります。

「失敗」に視点を置くと、逆に「どうすればいいか」が見えてきます。

ちょうど暗がりで、「光っているもの」を発見するようなものですね。

暗がりの方が、かえって光がはっきり見えます。

人間は、どうしても失敗します。
失敗を通して、「光」を見つけます。

気持ちのこわばりが、かえってよからぬ結果を引き寄せてしまうことに、気付くのです。

こわばりを解消するには、「視野を広げること」です。

視野を広げると、重要なことがわかってきます。

嫌われることを恐れるから、
かえって嫌われることをしてしまうのです。

心を束縛するのではなく、解放してあげることです。

人間は、愛し愛される存在。

あなたを愛してくれる人は、たくさんいます。

今一度、そこに自信を持つことなのです。


・今回のまとめ

心のこわばりをなくしていけば、状況がよくなっていきます。

あなたを愛してくれる人は、たくさんいます。

今一度、そこに自信を持つことです。

 

あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

 

     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する

 

今すぐ、「真理」を知ってください。